LOUD PARK 16 Report (Day-1前編)

[Category:Live/Event Report・Artist: LOUD PARK / RAGE / EXODUS / MYRATH / Aldious / ZARDONIC / SONS OF TEXAS / LORDS OF BLACK ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
日本最高峰のハードロック/ヘヴィメタル系統のフェスティバル、LOUD PARK ラウドパーク。2016年度の模様をお届け。今回でとうとう初開催から10年、通算11回目の開催となった。
10月8日(土)と9日(日)、さいたまスーパーアリーナにて2日間に渡って実施。まずはDay-1の8日(土)の前半から。

lp16a


Official Photo Gallery

今回のLOUD PARK、2日共雨模様。今年、筆者が行くライブはどれも雨ばかりで参ってしまう・・・(IRON MAIDENとBABYMETALのライブも雨)。

lp16b

それと昨年開催10回目の節目となり、今回でLOUD PARK新たな章の開始といった感じになっている。これまでずっとMCを務めてきたSaschaが今回初めて不在。MCは両日Booが務めた。尚、2012年以来4年ぶりにMichael Amott(ARCH ENEMY,SPIRITUAL BEGGARS)がいない珍しいLOUD PARKでもあった。
それからこの度、なんと“グラビア枠”が登場。次にステージに出演するアーティストを看板で告げるラウンドガール的な役割、通称“ラウドガール”なるものあった。担当はグラビアアイドルの柳いろは。Day-1全アーティストのライブ終了後とDay-2トップバッターのライブ前に紹介され、Day-2全ライブ終了後のMCも務めた。


Day-1はメイン・ステージのBIG ROCK STAGEとサブ・ステージのKINGDOM STAGEにOpening Actが同じ時刻に登場。BIG ROCKのOAは日本とドイツ混合のメタルコアバンドI Promised Once。2016年に初めて行われた「出れんの!?ラウパ!?OA」の勝者である。まだバンド結成して2年にしてのラウパ出演となった。
KINGDOM STAGEのOAは台湾出身のデスコアバンドFLESH JUICER。サブ・ステージにOA枠が設けられたのもまた2016年が初である。どちらも客入れ時間のラウパを勢いづけた。

そして10:30よりラウパ16本編がスタートした。以下、赤文字:ULTIMATE STAGE出演アーティスト青文字:BIG ROCK STAGE出演アーティスト緑文字:KINGDOM STAGE出演アーティスト、横にはラウパ出演回数を記載。

SONS OF TEXAS 初出演
今年日本デビューを果たしたSONS OF TEXASだが初来日公演ながら実に大歓迎ムード。PANTERAを引き継ぐかのようなヘヴィさとグルーヴィーな感じとNICKELBACK的なノリの良さでフロアを熱くさせる。ヴォーカルは動きもPhil Anselmoっぽい。来日に備えて「オハヨー!」など簡単な日本語も覚えてきている。LOUD PARKのイベントとしても彼らの最初の日本公演としても快調な滑り出しを見せた。
Set List
1. Never Bury the Hatchet
2. Nothing King
3. Pull It and Fire
4. The Vestryman
5. Blameshift
6. Baptized In the Rio Grande
7. Texas Trim



ZARDONIC 初出演
“ヘヴィメタルのEDM”という他にはないスタイルで注目を集めているZARDONIC。一体どんな感じなのか、一度は是非この目で確かめてみたくなる。マスクを被り、一人でショウを展開する姿は初見のインパクト抜群である。アーティスト本人はノリノリだが、一ヶ所にずっと居座りっぱなしというのはメタルのライブとしては退屈だ。ここに来ている客もEDM素人だらけでイマイチついていけてないように見える。興奮したのは出だしとRAMMSTEINのFeuer Frei!のリミックスの2ヶ所だろうか。何かもう一工夫欲しかったところ。まあとにかく今回の出演者では最もキャラクターが立っていた。
Set List
1. Against All Odds
2. For Justice
3. Crush It
4. Vigilante
5. Override
6. Pure Power
7. Raise Hell
8. The Time Is Now
9. Antihero
10. Highway 666



LORDS OF BLACK 初出演
ZARDONICの裏では、あのリッチー・ブラックモアにシンガーとして抜擢され、知名度を向上させたシンガー、Ronnie Romeroが在籍するバンドLORDS OF BLACKがKINGDOM STAGE本編のトップバッターを飾った。
Set List
1.Merciless
2.Nothing Left to Fear
3.Everything You’re Not
4.New World’s Comin’
5.Ghost of You
6.Lords of Black
7.Shadows of War



Aldious 初出演
ZARDONICに続いて見た目に特徴あるアーティストが登場。2010年デビュー、キャバ嬢ファッションで話題をかっさらったAldiousがここに来て遂にラウパデビュー。この年の彼女たちは実に大型フェス出演が相次いでいる(他にSUMMER SONICとVISUAL JAPAN SAMMITに出演)。現代国産ガールズメタルバンドの代表格として華やかなライブを披露。こういう時間帯にライブをやるのは不慣れなのかついつい「こんばんわ」と挨拶してしまう場面も。Yoshi(Gt)は「高校時代の着メロはEXODUSやARCH ENEMYやSONATA ARCTICAだったりした」とメタル愛を語ったりも。日本最大のメタルフェス出演、念願叶ったりでご満悦なライブであった。
Set List
1.Ultimate Melodious
2.White Crow
3.Raise Your Fist
4.Die for You
5.Luft
6.Dominator



MYRATH 初出演
チュニジア出身、今年発売した4thアルバム「LEGACY」が好評を博し、注目度を高めてきているMYRATHがラウパに降臨。実に理想的な流れの来日だ。アラビアンな音楽とハードロックの融合というこれまた新しいスタイルだが皆歓迎してくれている。Believerの演奏が始まったときはその独特な世界観に鳥肌が立った。その前の踊り子を擁しての演出もウケが良し。2016年度のLOUD PARK序盤のハイライトとなった。
Set List
1.Jasmin
2.Believer
3.Get Your Freedom Back
4.Storm of Lies
5.Nobody’s Lives
6.Merciless Times
7.Beyond the Stars



CAIN'S OFFERING 初出演
元SONATA ARCTICAのJani Liimatainen、STRATOVARIUSのTimo KotipeltoにJens Johanssonといった北欧の人気者からなるCAIN’S OFFERINGがKINGDOM STAGE三番手を飾った。
Set List
1.I am Legion / Stormcrow
2.The Best of Times
3.More Than Friends
4.A Night to Forget
5.My Heart Beats for No One
6.Stolen Waters
7.Oceans of Regret
8.Antemortem
9.I Will Build You a Rome



CANDLEMASS 初出演
Day-1が序盤から中盤に差し掛かるところで、スウェーデン出身のドゥームメタル・バンドCANDLEMASSが登場した。
Set List
1.Mirror Mirror
2.The Dying Illusion
3.A Cry from the Crypt
4.Emperor of the Void
5.At the Gallows End
6.Crystal Ball
7.Solitude



RAGE 2回目(14年)
重鎮スリーピース・バンドRAGEが登場。2014年に出演したときと同様にパワフルな演奏、Higher Than The Skyで盛大な合唱を引き起こさせた。更に今回DIOのHoly Diverの演奏も加えられた。
Set List
1.The Devil Strikes Again
2.Days of December
3.Black in Mind
4.My Way
5.End of All Days
6.Until I Die
7.Solitary Man
8.Don’t Fear the Winter
9.Higher Than the Sky / Holy Diver(Dio cover)



MASTERPLAN 初出演
かつてHELLOWEENで活躍したRoland Grapow 率いるMASTERPLANが登場。KINGDOM STAGE前半戦を締めくくった。
Set List
1.Enlighten Me
2.Spirit Never Die
3.Keep Your Dream Alive
4.Kind Hearted Light
5.Soulburn
6.The Chance(Helloween cover)
7.Heroes
8.Crawling From Hell



ARMORED SAINT 初出演
Day-1半ばに元ANTHRAXのJohn Bush率いるARMORED SAINTが登場。John Bushは2009年にANTHRAXで出演して以来だが、あのときと変わらぬ衰えなき力強い歌声を響かせてくれた。ライブ終盤にはギタリストのキッズもステージに上がってきて盛り上げた。
Set List
1.Win Hands Down
2.March of the Saint
3.Nervous Man
4.Last Train Home
5.Chemical Euphoria
6.Mess
7.Left Hook From Right Field
8.Reign of Fire
9.Can U Deliver
10.Mad House



EXODUS 初出演
開催11回目にして遂にというかやっとこさというか、偉大なるスラッシュメタル・バンドEXODUSがラウパに降臨。この日のライブで特に大きな盛り上がりを見せるだろう、と誰もが簡単に予測できたはず。そしてやはりというべきか大盛り上がり。強烈なヘヴィネスとスピードでアリーナは騒然。期待通りの光景だ。ロックンロールやZARDONICのような異質なスタイルのアーティストも良いが、やはりこういうエクストリーム系のライブこそLOUD PARKの醍醐味といった感じがする。尚、肝心のGary HoltはSLAYERのツアーで他の国を廻っているため今回は不在。これが今回、唯一の心残りな点か。ただ、その一方でZetroが「SLAYERは好きか?」とオーディエンスに問い、SLAYERの代表的なナンバーRaining Bloodのイントロを弾いて場を盛り上げる場面が観られたりもした。
Set List
1.The Ballad of Leonard and Charles
2.Blood In, Blood Out
3.And Then There Were None
4.Body Harvest
5.A Lesson in Violence
6.Blacklist
7.Bonded by Blood
8.The Toxic Waltz
9.Strike of the Beast



Day-1後編に続く。




Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play