CHILDREN OF BODOM『CHAOS RIDDEN YEARS』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: CHILDREN OF BODOM ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]

   

これを書いてるついこの前、LOUD PARK 16に出演し、日本のHATE CREWを沸かせたフィンランドの人気バンドCHILDREN OF BODOM。その彼らのライブ映像作品「CHAOS RIDDEN YEARS : STOCKHOLM KNOCKOUT LIVE 2006」がこの記事掲載日に発売10周年を迎えた。と、ここで本作を取り上げることに。


CHAOS RIDDEN YEARS : STOCKHOLM KNOCKOUT LIVE 2006  カオス・リドゥン・イヤーズ~ストックホルム・ノックアウト・ライヴ 
CHILDREN OF BODOM チルドレン・オブ・ボドム 
2006年10月11日発売

- TRACK LIST -
1. Living Dead Beat
2. Sixpounder
3. Silent Night, Bodom Night
4. Hate Me!
5. We're Not Gonna Fall
6. Angels Don't Kill
7. Deadbeats I (drum solo)
8. Bodom After Midnight / Bodom Beach Terror (medley)
9. Follow the Reaper
10. Needled 24/7
11. Clash of the Booze Brothers (guitar/keyboard duel)
12. In Your Face
13. Hate Crew Deathroll
14. Are You Dead Yet?
15. Latvala - Guitar Solo
16. Lake Bodom
17. Everytime I Die
18. Downfall

~PERSONNEL~
Alexi Laiho – lead vocals, lead guitar
Roope Latvala – rhythm guitar, backing vocals
Janne Wirman – keyboard
Henkka Seppälä – bass guitar, backing vocals
Jaska Raatikainen – drums
Director: Patric Ullaeus



~REVIEW~
当時最新アルバムは5枚目の「ARE YOU DEAD YET?」でそれに伴うツアー。タイトルの通り2006年のストックホルムでの公演。このライブ、選曲は前作の「HATE CREW DEATHROLL」からが一番多いが、それにしても限りなくベストに近いセットリストだ。COBのホームグラウンドであり、尚且つDVDに収録するということでセットもいつも以上に気合の入ったものに。車のセットの見ると発売当時からのファンとしてはAlexiの転落事故を思い出してにやけてしまう。パイロで肉を焼くという微笑ましい場面も観られるし、そのせいでJanneが火傷してNeedled 24/7のソロを弾かずじまいになってしまうというなんとも間抜けな部分があるのもまた微笑ましい。メンバーはRoope以外当時20代と若いので、若いが故のものも観られて興味深い。かつてはライブの名物であったAlexiとJanneのソロバトルタイムも、というかソロタイムそのものがもうこれ以降すっかり見られなくなる。今となっては色々と貴重な映像だ。あとカメラワークがグッド。愉快で楽しくそれでいてカッコイイものとなっている。




 

 
 

Artist Information

CHILDREN OF BODOM

『チルドレン・オブ・ボドム』 
フィンランド・ウーシマー州エスポー出身。1993年結成。略称は『COB』。日本では『チルボド』。ジャケットの死神のキャラクターの名前は『Roy the Reaper(ロイ・ザ・リーパー)』。

 
 
 
 








M.J. ROCK JAM 出演者募集中!

「メタル生徒会長」単行本 第2巻 発売決定!

METAL JAPAN HEAVY CHAINS 好評発売中!