BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- RED NIGHT&BLACK NIGHT @ TOKYO DOME

[Category:Live/Event Report・Artist: BABYMETAL ・Writer:KD]




iTunes Music Store
注意)一般的なライブリポートを期待されている方はご遠慮ください。ここに書かれているのは一個人の想い、感想文です。

9/19-20日BABYMETAL@東京ドーム

ローリング・ストーンズ初来日から26年ぶり、東京ドームはもの凄い進化を遂げていた。

14才でギターを持ち音楽の世界に入った。18年前にベースにスイッチしてからというものイベント等でギターは何度か弾いたし、失礼ながら他のギタリストのプレイを観ても特に何かを感じるということはなかった、、、19日までは。

約二年前BABYMETALにハマったが意識して楽器隊について触れないようにしてきた。一旦触れたら底なし沼に飲み込まれてしまいそうな予感はあったから。

CDはもちろん、ライブ映像も3姫に集中して音だけは全体のバランスを気にしながら観てきたけど、きっかけはひょんなところからやってきた。それはイヤモニだった。そして中音。この辺りから既に楽器隊を気にかけ始めたんだと後になって気づいた。楽器隊の機材について調べ始めてしまったのでそろそろヤバいなとは思っていた。

めんどくさいから結論だけ残しておく。
ドームの「THE ONE」のギターはおれがあの場で弾きたかった!いや、おれが弾くべき曲だった。笑われてけっこう。花道に出てきてメロを弾く大神様を観て聴いて腹の底から熱いものが込み上げてきた。ギタリストを観てこんなに熱い思いをしたのはウン十年ぶりだ。ついでだからもっと書いておく。あの曲を最初に認めたのはおれだ。初披露したあの日あの時最初に歓声を上げたのはこのおれだ。はい、ひどい思い込みです、わかってます。なので、あのギタリストの活動は今後も要チェックです。日本人も凄くなったもんだ。


2日目、ステージがぐるっと回ってドラムが見えてから気づくとドラムを観てた。「あ、いけね」と3姫を追いかけるがまたすぐにドラムに目がいってしまう。こりゃだめだ、と思った。完全にバンドを観てる感覚になっているのがわかった。3姫が素敵なパフォーマンスをしているのに楽器隊に耳と目がいってしまう。

そこでふと思った。次の会場次第では今回でベビメタのライブは最後でいいかもしれない。約二年間十分に堪能した。これからは生ではなくて映像で観れればOKじゃないかな。何と言っても楽器隊全員の名前をフルネームで言えるようになってしまっている今、純粋に3姫のパフォーマンスだけを楽しむという純粋ささえもが欠如してしまっている。まだ高校生、これからレッチリ。これからもぐいぐい伸びるぞ。でも、ライブに行ったらギタリストに嫉妬してるようじゃダメだ。ゆいもあに怒られる、笑

3姫は初日に初披露の曲をバッチリと決め(「Tales of The Destinies」はチームベビメタ圧巻だった)、2日目には初期からいったい何百回やったかと思えるほど(普通なら飽きてる)の曲を本当に楽しそうに披露していた。あの緊張感と楽しさを体験出来るのはステージに上がったものの特権だ。
SU-METALがドームの客席を見渡すように鋭い眼差しがスクリーンに映し出される度に「この子はどんどんロックミュージシャンになっていくな」と思えたし、YUIMETALとMOAMETALはマジでおれが描いた「BBM」になってきている。
まだ高校生の彼女たちがこれから何をしたいのか、ゆっくりと考える時間はあるのかな?余計なことを思ってしまったが、耳ティッシュをしないで大丈夫だったことのインパクトの方が強かった。

だが、残念なことにもはや機材がまったくわからない。
ステージ下手に宅っぽいやつ、下手の真下に宅っぽいやつ、横アリまでは設置されてる位置で何となく想像は出来てたんだけど今回はお手上げ。
カメラも目視出来たもので8台。PAスピーカーに至っては上下にまとめてあるのが吊られてるだけで口あんぐり。何これ状態。

もう今や同期はすごいとこまできてるんだね。演奏、歌、照明、映像、特効、コルセット、360°のモニタースクリーンに映し出される映像は昔で言う荒編集以上につながっている。あれでいいから頂戴、みたいな感じ。ドームという広さもあるけどあのでかいセットを組み上げてロックを演るってのは海外の大御所のプログレバンド並みだ。

で、最後の最後。
毎回次の会場が予告されるのに今回はそれがなかった。
ドームやったら次はどこ?
まったく見当もつかない。きっとあれこれ楽しく揉めながら大人たちがあーだこーだやってるんだろうなぁ、と想像。

はい、一旦心身共に冷やします。そこでまた思いを巡らせてみます。

結果、26年ぶりのドームはサイボーグのような感じで針の目突くどころか逆にやられっぱなしでした。


———————————————————
-セットリスト-

【9/19 RED NIGHT】
(OP映像)
01 Road Of Resistance
02 YAVA!
03 いいね
04 シンコペーション
05 Amore -蒼星-
06 GJ!
07 悪夢の輪舞曲
08 4の歌
09 Catch Me If You Can
10 ギミチョコ!!
11 KARATE
12 Tales of The Destinies
13 THE ONE -English ver.-
客だし:From Dusk Till Dawn

【9/20 BLACK NIGHT】
(OP映像)
01 BABYMETAL DEATH
02 あわだまフィーバー
03 ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
04 META! メタ太郎
(映像)
05 Sis.Anger
06 神バンドソロ
07 紅月-アカツキ-
08 おねだり大作戦
(映像)
09 No Rain, No Rainbow
10 ド・キ・ド・キ☆モーニング
11 メギツネ
12 ヘドバンギャー!!
(映像)
13 イジメ、ダメ、ゼッタイ
客だし:From Dusk Till Dawn




Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play