SUMMER SONIC 2016 OSAKA REPORT Ⅰ

[Category:Live/Event Report・Artist: SUMMER SONIC / BLACK VEIL BRIDES / MARTY FRIEDMAN ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]


 

2000年より始まった日本が誇る夏の巨大フェスティバル、SUMMER SONIC サマーソニック。今回2016年で17回目の開催となった。例年通りの会場、関東では千葉県のQVCマリンフィールドと幕張メッセ、関西では大阪の舞洲スポーツアイランドにて、8月20日(土)&21日(日)の2日間、サマーソニック2016が開かれた。こちらではサマソニ2016のDay-2、大阪会場での模様をお届けする。

この2016年度のサマーソニック大阪はステージ配置が大幅に変更、SONIC STAGE以外のステージが全て例年とは違う場所となった。MOUNTAIN STAGEは舞洲ベースボールスタジアムに。

mt1

mt2


FLOWER STAGEに代わって登場したFOREST STAGEは前年までのOCEAN STAGEに近い位置となった。

fo1

fo2


そしてメインとなるOCEAN STAGE、これが凄かった。シャトルバス、ツアーバス乗降所から物凄く遠くなっている。森を抜け、海岸を通り、やっとの思いで到着。暑さも相まって着く頃にはすっかり体力を消耗。OCEAN STAGEに行った人全員が口を揃えて「遠い!」と嘆いていた。

oc1

oc2

oc3


又、この前日、Day-1では帰りのシャトルバスの台数が足りず帰宅難民となった客が勃発、といったアクシデントもあったり、大阪会場は何かと混沌していた。

まず筆者が最初に観たのはSONIC STAGEのOpening actのNOISEMAKER。この日、筆者は大方、このSONIC STAGEで一日を過ごした。ここにこのMETAL JAPANにライブレポートを書くべきアーティストが集中しているからだ。その大阪Day-2のSONIC STAGEのトップバッターを飾ったNOISEMAKER、ノリのいいラウドなロックでOpening actながら良い具合に会場を賑わせた。

sn1


その後、12時50分頃に始まったFOREST STAGE出演のMARTY FRIEDMANを観賞。洋楽なのか邦楽なのか、どっちのカテゴリに入れたら良いのかわからないことでお馴染みの人だが、この度、マーティ・フリードマンのグッズは国内アーティスト扱いで販売されていた。面白いじゃん!
しかし当の本人は相変わらずライブでは日本語を喋ろうとしない。外タレでありたいのか日本人になりたいのか、全くもって謎である。
それはともかく、演奏そのものはエネルギッシュだ。演奏開始前からバンドメンバー全員ステージ上でエンジンを組んで掛け声を入れ気合を入れていたが、実際気合の入った演奏だったと思う。持ち時間が30分しかないので早い段階から「天城越え」といったファンには馴染み深いナンバーを繰り出したりして盛り上げる。

marty

マーティ以外のメンバーも強力。大村孝佳(Gt)、清(Ba)、藤沢充(Ds)、全員が演奏も動きも非常にアグレッシブで誰一人マーティの引き立て役にとどまることなく目立っていた。音合わせにステージに姿を見せたときから歓声が上がっていたことからも彼らの人気ぶりが伺える。ただでさえ暑いFOREST STAGEに更なる熱気が押し寄せたのであった。
マーティ・フリードマンOffical Live Photo

その後、SONIC STAGEへ。そこから筆者は最後までずっとこの場に居座った。カナダのパンクロックバンドBILLY TALENT、Janne Da Arcのヴォーカリストyasuのソロプロジェクトでバンギャの盛り上がりが凄まじかったAcid Black Cherryを観賞。
そしてその次にBLACK VEIL BRIDES(略称:BVB)のヴォーカリスト、Andy Biersackによるソロプロジェクト、ANDY BLACKが登場。先ほどのABCのライブから一気に客層が変貌した。

andy

尚、アンディはこのライブの三ヶ月前、5月にソロデビューアルバム「THE SHADOW SIDE」を発売。今回は本作を引っ提げてのツアー。BVBは過去に来日公演を行っているが、このANDY BLACKでは今回のサマソニ出演が初来日公演となる。サイン会も行っていた。
BVBと違い、HR/HMとは離れた軽やかで爽やかなロックを奏でるANDY BLACK。ライブでもSONIC STAGEを清々しくしてくれたように思う。この先、中々観られる機会の無さそうなライブ、貴重だったかと。だが、やはりBVBのライブが観たい。このライブはこのライブで勿論良かったが、次は是非BVBを来日公演が実現することを熱望する。
ANDY BLACK Official Live Photo


REPORT Ⅱ(BULLET FOR MY VALENTINE Live Report)




   


 




 
 

Artist Information

SUMMER SONIC

『サマーソニック』 
音楽イベント。2000年から毎年8月にクリエイティブマン主催で行われる日本のフェスティバル。通称『サマソニ』。出演アーティストのジャンルは不問。夏フェスの代表格で音楽フェスとしては国内最大級の規模を誇る。

BLACK VEIL BRIDES

『ブラック・ヴェイル・ブライズ』 
アメリカ・オハイオ州シンシナシティ出身。2006年結成。略称は『BVB』。

MARTY FRIEDMAN

『マーティ・フリードマン』 
1962年12月8日生まれ。アメリカ・メリーランド州ローレル出身。
1990年~2000年までMEGADETHに在籍し、脱退後は日本に移住して、自身のソロ活動や多数の他ミュージシャンとセッションを行う。

 

Artist Archive

Feature / PickUp

METAL JAPAN STAFFが楽しみにしてるSUMMER SONIC 2019出演アーティストTOP3
フェスティバル用語集
SUMMER SONIC 2018 HR/HMファン必見アーティスト
HR/HMアーティストの傑作カバー集
BABYMETAL愛が凄い著名アーティスト20選
洋楽なのか邦楽なのかややこしいアーティスト
21世紀のアリーナ・ロックの名曲21選
2017年HR/HM新作リリース情報
2016年11月HR/HMニュースまとめ
10/5 『楽曲派!-GAKKYOKUHA- selected by マーティ・フリードマン』Release!

Artist/DIsc Review

ANDY BLACK『THE SHADOW SIDE』Review

Live/Event Report

SUMMER SONIC 2019 TOKYO Day-2 REPORT
SUMMER SONIC 2019 TOKYO Day-1 REPORT
SUMMER SONIC大阪特別展Report #サマソニ
SUMMER SONIC 2018 in TOKYO Live Report 後編
SUMMER SONIC 2018 in TOKYO Live Report 前編
SUMMER SONIC 2018 Report(MASTODON,BFMV,NIN)
SUMMER SONIC 2018 Report(MIKE SHINODA,ONE OK ROCK,NICKELBACK)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅲ (MWAM,BABYMETAL,FOO FIGHTERS)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅱ (BAND-MAID,ROYAL BLOOD,ホルモン)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅰ(STRUTS,INABA/SALAS,GRANRODEO)

Live/Event Info.

SUMMER SONIC 2019 #サマソニ
SUMMER SONIC 2018
SONICMANIA 2018 (NINE INCH NAILS etc)
QUEENS OF THE STONE AGE Live in Tokyo 2018(SUMMER SONIC EXTRA)
SUMMER SONIC 2017
SUMMER SONIC 2016(8/20・21)
SUMMER SONIC 2015(8/15sat・16sun)