2006年に初来日したHR/HMバンド

[Category:Feature / PickUp・Artist: AVENGED SEVENFOLD / LAMB OF GOD / WITHIN TEMPTATION / STONE SOUR / OPETH / AMORAL ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
2016年、THE BEATLESが初来日(1966年)から50周年を迎えたことで話題に。50周年を記念したイベントも多数行われ、にぎわった。10月にはRINGO STARRバンドの来日公演も行われる予定。

ハードロック・ヘヴィメタル系統の日本国外バンドで初来日から○○周年と節目を迎えるのは誰だろうか。そこで2016年で初来日から10周年を迎えるHR/HMバンド、つまり2006年に初来日したHR/HMバンドを振り返ってみる。


NORTHER
5月24日:東京・恵比寿LIQUIDROOM(FINNISH MUSIC DAYS 06 ~METAL SHOWCASE~)


フィンランドが世界に向けて発信する音楽イベント、FINNISH MUSIC DAYS(現イベント名:LOUD & METAL ATTACK)出演で初来日。このイベントは24日にMETAL SHOWCASE、25日duo MUSIC EXCHANGE でPOP/ROCK SHOWCASEと音楽ジャンル別に分かれており、NORTHERはMETAL SHOWCASEの方のトリを飾った。しかし、NORTHERは2012年に解散。2016年にはギタリストのDaniel FreybergがCHILDREN OF BODOMに加入したことが話題となった。


AMORAL
5月24日:東京・恵比寿LIQUIDROOM(FINNISH MUSIC DAYS 06 ~METAL SHOWCASE~)


上述のNORTHERと同じくFINNISH MUSIC DAYS 06のMETAL SHOWCASE出演で初来日。AMORALはこの6年後、2012年にFINNISH MUSIC DAYSから名前を変えたFINLAND FESTにも出演。こちらではトリを務めた。


STONE SOUR
8月12日:千葉マリンスタジアム(SUMMER SONIC 06) , 8月13日:大阪WTC OPEN AIR STADIUM(SUMMER SONIC 06)


SLIPKNOTのCorey TaylorとJim Rootが在籍(Jimは2014年に脱退)することでお馴染みのSTONE SOUR。SLIPKNOTはそれ以前から幾度も来日公演を行っていたが、STONE SOURの最初の日本公演は2006年のSUMMER SONICであった。SLIPKNOTは前年の2005年にもサマソニに出演。CoreyとJimは2年連続のサマソニ出演となった。STONE SOURはヘッドライナーのMETALLICAらと共にメインステージでの出演。出番は2番手と序盤。同月1日に発売された2ndアルバム「Come What(ever) May」を引っ提げてのライブであった。


AVENGED SEVENFOLD
8月12日:千葉マリンスタジアム(SUMMER SONIC 06) , 8月13日:大阪WTC OPEN AIR STADIUM(SUMMER SONIC 06)


上述のSTONE SOURと同じくSUMMER SONIC 06のメインステージに出演。出番はSTONE SOURの2つ後、4番手。2005年作の3rdアルバム「City Of Evil」の日本盤が2006年6月に発売。そして8月にサマソニのメインステージで初来日公演。2006年度のBURRN!誌読者人気投票のBRIGHTEST HOPE(新人部門チャンピョン)に輝き、華々しく日本デビューを飾った。このときのサマソニのメインステージではDEFTONESが準トリであったが、今やA7XはそのDEFTONESを前座にしてツアーを行うほどビッグになった。尚A7Xは翌年、2007年にもサマソニに出演、2年連続でサマソニでの来日公演を行う。


FLYLEAF
10月12日:東京・原宿ASTRO HALL(NEWBLOOD Vol.36) , 10月14日:千葉・幕張メッセ(LOUD PARK 06 Day-1)


NEWBLOODという名を冠した東京での単独公演と、初開催のLOUD PARKに出演。NEWBLOODでの公演では1組2名ライブに招待のキャンペーンも行われた。一方、LOUD PARK 06は14日の土曜、Day-1、メインステージのトップバッターで出演。FLYLEAFはLOUD PARK史上最初の出演アーティストとなった。


OPETH
10月14日:千葉・幕張メッセ(LOUD PARK 06 Day-1)


LOUD PARK 06 Day-1のメインステージの3番手として出演。結成から16年目(1990年結成)、デビューから11年目(1995年に1stアルバム発売)にしての初来日となった。初来日公演実現まではかなりの時間を要したが、これ以降はかなりの頻度で来日公演を行うようになる(2008年、09年、12年、13年、15年と来日している)。


BLOODSIMPLE
10月15日:千葉・幕張メッセ(LOUD PARK 06 Day-2)


LOUD PARK 06のDay-2のメインステージの2番手として出演。Tim Williams(vocal)がお面を被って出てきたりして盛り上がったが、この2年後、2008年に解散してしまう。


WITHIN TEMPTATION
10月15日:千葉・幕張メッセ(LOUD PARK 06 Day-2)


LOUD PARK 06 Day-2のメインステージ3番手として出演。この日のLOUD PARKの出演バンドはエクストリーム系が大半を占めていたので、美しい音楽性のWITHIN TEMPTATIONはかなり異質な印象を受けた。WITHIN TEMPTATIONはこの8年後、2014年に二度目のLOUD PARK出演を果たすが、このときはサードビルのポジションにまで昇格した。


LAMB OF GOD
10月15日:千葉・幕張メッセ(LOUD PARK 06 Day-2)


LOUD PARK 06 Day-2のメインステージ4番手として出演。この2ヶ月前にリリースした4thアルバム「Sacrament」を引っ提げての初来日。上述のOPETHと同じく、このLOUD PARK出演以降、日本でもお馴染みのバンドとなり、頻繁に来日するようになる(2007年、09年、10年、12年、14年に来日。更にこの記事掲載後、KNOTFEST JAPAN 2016出演での来日を控えている)。


ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play