DENMETA Column.38:ネタツイ最盛期を振り返る

[Category:Special Column・Artist: DENMETA(伝説のメタラー) ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
HR/HMに関したことを中心に数多くのネタを作ってきたDENMETA(前HN:伝説のメタラー)。その中でも特にHR/HMネタ作りが盛んだった時代である2012年~2014年、Twitter上で反響が大きかったネタを振り返ってみる。この中のネタを見かけたことある人、この中のネタでDENMETA(当時は伝説のメタラー名義)を知った人、結構いるんじゃないかと。



カオスなOZZFEST JAPAN 2013ラインナップ

ozzfestjapan2013

2012年末頃、日本初開催のオズフェスの第3弾ラインナップが発表されたときに作った偽ラインナップポスター。ロキノン系バンドが一挙に追加され、大騒ぎになっていたあの頃。今でこそオズフェス及びノットフェスにロキノン系バンドが出るのはごく普通であるが、この当時は前代未聞のことで、とんでもなく衝撃的なことであった。
そして私は「いっそのこと開き直ってなんでもありなフェスにしちゃえばいいじゃん!」とこんなふざけたラインナップのポスターを制作したり。これがTwitter上で初めて反響があった私のHR/HMネタ。ここからどんどん勢いに乗っていく。



林修先生がGUNS N' ROSESに物申す

林修 GUNS N' ROSES

2013年、林修先生の「今でしょ!」が流行った時代に作ったイラスト。一生仲直りすることはないと思われたAxl RoseとSlashをネタに制作。このときは後に2人が仲直りし、Slashが再びGUNS N' ROSESでツアーをすることになろうとは全く予想だにしなかった。



ハーマン・リAKB総選挙1位

ハーマンAKB

2013年のAKB総選挙で作ったもの。メタル界屈指の愛されキャラ、DRAGONFORCEのハーマンのネタはとても多い。



原監督百面相でサマソニ2013

原監督サマソニ2013

汎用性抜群、原辰則(当時)巨人軍監督の表情でMETALLICAやBULLET FOR MY VALENTINEなどが出演したSUMMER SONIC 2013百面相。



節子!それセカオワやない!SLIPKNOTや!

セカオワSLIPKNOT

SLIPKNOTのShawn CrahanとSEKAI NO OWARIのDJ LOVEは互いにピエロ型のマスクをしていて、よく似ていると兼ねてから評判だった。それで地上波で「火垂るの墓」が放送されているときに何気なくこんなツイートをしたのだが想像を遥かに超える反響で驚いたり。SLIPKNOTネタも本当に多い。



METALLICA南極ライブ×ペンギンコラ

メタリカペンギン

2013年、南極でライブを行ったことが話題となったMETALLICA。丁度この時期にペンギンコラが流行っていて、南極でのMETALLICAのライブの画像とつなげた。



METALLICAに学ぶポケモンの技

metallicapokemon

METALLICAのやってることが丁度ポケモンの技につなげられるのでつなげてみた。



紅白歌合戦をLOUD PARKっぽくしてみた

loudpark紅白



紅白歌合戦の曲目をHR/HMにしてみた

紅白曲目



イングヴェイ格付けチェック

イングヴェイ

上述のハーマンと並んでメタル界屈指のネタキャラのイングヴェイ。彼のネタもたくさん作った。



野々村メタル

野々村メタル

2014年、号泣会見で一大ムーブメントを巻き起こした野々村竜太郎元兵庫県議員ネタ。2016年作記事、「野々村竜太郎メタルMAD集」の画像にも使用。



SLIPKNOT×μ'sイラスト

slipknotlovelive

2014年にテレビアニメ第2期が放送され、にぎわった「ラブライブ!」。作中に登場するアイドルグループのμ'sはSLIPKNOTと同じ9人編成ということでコラボレーション。その最終回放送日に公開。同年、作成した記事、「伝メタColumn.6:ラブライブはメタル」のサムネイルにも使用。この時代はラブライブ!とメタルを絡めたネタがメタラー達の間で流行していた。



KNOTFEST JAPAN 2014のラインナップでもめるμ's

knotfest14lovelive

2014年のKNOTFEST JAPANでロキノン系が一挙に追加され、騒ぎになっていたときに作ったラブライブ!ネタ。自分の中ではこのネタが最高傑作だと思ってる。作ってて凄い手ごたえがあった。
一応断っておくが、こうやってフェスティバルのラインナップのことであれこれネタを作ってきた私だが、自分としてはロキノンとかよく叩かれがちな出演バンドを観るのは全然嫌でもなんでもないんで。このようにネタにはするけど、いざラウパやオズフェス/ノットフェスで場違いだとか叩かれてるアーティスト出てきても普通に観るし。これまでもライブレポ普通に書いてるしw



LOUD PARKドタキャン三銃士

loudparkcancel

MANOWARがLOUD PARK 14出演をドタキャンした当時に作ったネタ。この当時、ラーメン三銃士のネタがTwitter上で流行。そしてLOUD PARK出演をドタキャンした歴代アーティストがこの時点で丁度3組揃ったため作成。Michael Amott(ARCH ENEMY)がこれをお気に入り登録したことにビビったり。



ネタツイの勢いがあったのはここまで。2015年以降はこのMETAL JAPANサイトの記事作成により力を注ぐようになったためネタ投稿はめっきり減った(ネタが中々思い浮かばなくなったというのもあるんだが)。

ざっとHR/HMネタを紹介したけど、これらは本当にほんのごく一部ですから。実際は紹介しきれないほど、もっと大量にあるんで。


STING FINGER特別編~奪われたSTING~
METAL JAPAN 価格 : ¥514 (税込)
STING FINGER特別編~奪われたSTING~
→METAL JAPAN ストアで見る



めざせメタルマスター 単行本 第1巻 - Hard Rock / Heavy Metal Comic
METAL JAPAN 価格 : ¥540 (税込)
METAL JAPANで連載中のコミック「めざせメタルマスター」の単行本が遂に発売!
→METAL JAPAN ストアで見る



めざせメタルマスター 単行本 第2巻 - Hard Rock / Heavy Metal Comic
METAL JAPAN 価格 : ¥540 (税込)
METAL JAPANで連載中のコミック「めざせメタルマスター」ついに完結!
→METAL JAPAN ストアで見る



7月10日(日) 大阪・心斎橋BASSOにて開催のMETAL JAPAN GOTTA FIGHT Vol.6でDENMETA作漫画(伝説のメタラー名義時代の)「STING FINGER特別編~奪われたSTING~」「めざせメタルマスター 第1巻&第2巻」を販売!


STING FINGER
PLASMA POLICE
BABYMETAL-CHAN


DENMETA
Blog pixiv Twitter facebook








Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play