CRAZY★FEST Vol.2 Live Report

[Category:Live/Event Report・Artist: METAL JAPAN / EASTERN SANDS / 戦慄のアテナ / ZYOLAM13 ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]




iTunes Music Store
2016年6月4日(土) 大阪・心斎橋BASSOにて行われた戦慄の女神presents「クレイジー☆フェスト」Vol.2の模様をお届け。主催者であり、この日が新体制初披露である戦慄の女神(アテナ) - Athena's Slaughterを始めとする全7組のバンドが出演した。


トップバッターは「METAL JAPAN HEAVY CHAINS Vol.2 Melodic ConneXion」にも参加したEASTERN SANDS。渋くもある正統派ロックを奏でた。ギタリストがKORNのメンバーっぽくて、ベーシストがCHTHONICのドリスっぽいのが印象的・・・というかこの日のライブはこういう見た目が個性的で印象に残る人が何人もいた。日頃の人々への感謝の気持ちも込めてペガサス幻想のカヴァーも披露。イベントは快調な滑り出しを見せた。
【オムニバス】METAL JAPAN HEAVY CHAINS Vol.2 Melodic ConneXion
METAL JAPAN 価格 : ¥2,160 (税込)
METAL JAPANレーベルのコンピレーションCDのVol.2「Melodic ConneXion」絶賛販売中!
→METAL JAPAN ストアで見る




2組目はCross Devils。メンバーはGYZEなんかを彷彿させる美青年、音楽も激しく疾走している。エクストリーム・メタルでありながらJ-POP的。前列で観賞しているファンがこれまた熱狂的で激しくヘッドバンギングしていたのがまた印象的。そしてこの日にギタリストが卒業ということで記念にリストバンド贈呈といった光景も見られた。

3組目はMETAL JAPAN提携アーティストでもあるZYOLAM13。これを書いてる最近発売した「METAL JAPAN HEAVY CHAINS Vol.4 TieUp ConneXion #1」にも収録されてあるBreak the Skyをアレンジしたものを登場SEに使用。しかし音響トラブルにより途中で中断になった。そんなアクシデントに見舞われつつも持ち直し、ラウドでポップなショウを展開。豆(Vo)が上着を脱ぐと更にヴォルテージが上がったり。これまた前列にいる熱狂的なファンを中心に盛り上がった。
【オムニバス】METAL JAPAN HEAVY CHAINS Vol.4 TieUp ConneXion #1
METAL JAPAN 価格 : ¥2,160 (税込)
METAL JAPAN発のコンピレーションCD。Vol.4は提携アーティストの楽曲を集めて全世界へリリース!
→METAL JAPAN ストアで見る



ZYOLAM13 - 13"
METAL JAPAN 価格 : ¥2,000 (税込)
大阪発ラウド系ミクスチャーバンドZYOLAM13の1stアルバムが解禁!
→METAL JAPAN ストアで見る




4組目はTRUSH。ヘヴィでありつつ、親しみやすい正統派よりのロックを演奏。前述のCross Devilsもそうだったが、メンバーが華やか青年達であり、そしてMCが楽しい関西人ノリで微笑ましい。ロックでありながら実にアットホームな空間。客席フロアの前列は完全にパーティー状態だった。

5組目は和楽器+ロックのバンドの凛ひとえ。先ほどまでのノリノリのバンド達とはうってかわって美麗さで魅せる。着物を着て、とことん美しい和の世界観を披露。MCもそれに伴っておしとやかで美麗。この日出演したバンドの中でも特に異彩を放っていたように感じられた。

イベント終盤。6組目、トリ前はめてぃびる。。この日唯一メンバー全員女性のバンド。ポップでキュートなガールズロック、それでいてところどころ重厚さもあったり。でもって弦楽器隊全員でステップを踏みながら演奏しているのも印象的だった。そしてこの日はG∀LMETのE-changがサポートドラムを務めており、G∀LMETがバンドコンテスト「エマージェンザ」にエントリーしていることをしっかり告知していった。(因みにこれに優勝するとLIMP BIZKITやSUM41などが出るドイツのフェスTaubertal Festival 2016に出演できるとのこと)

そして大トリ、7組目、主催者、ヘッドライナーの戦慄の女神が満を持して登場。

戦慄の女神01

今回またラインナップが一層。
Risa - Vocal(Clean)
YUU – Vocal(Scream)
KIKKA – Guitar
KAWAYAN – Bass
Crazy – Drums
SHO – Guitar(Support)
LAYLA – Keyboard(Support)

という編成。

戦慄の女神02

戦慄の女神03


トリということでこの場にいる人々の気分もより高まっていて、そのせいもあってか筆者が過去に観たときよりもなんだか威厳があるように感じられたり。あと人数が多いという点(他の出演バンドは4人編成で、戦慄だけ7人編成)、そしてバンドメンバーがカラフルで色合いが大変美しい点も。赤、黒、青、金とあらゆる色が入っていて見栄えが良いのなんのって。

戦慄の女神04

戦慄の女神05

そしてこの日のもう一つの注目点はなんといっても新曲初披露。物販で先行販売した“Prayer”を2曲目に披露。更に現時点ではCD未収録の曲“Reise”も演奏。これまでの戦慄の女神の音楽性を踏襲してるが、よりブルータルな面ができたような、第一印象としてはそんな感じだった。
締めは1stシングルの“Song,Destroy,the Desire”、アンコールで“Lost my life”を演奏。よく盛り上がり、この日のトリにふさわしいライブだった。

戦慄の女神06

-Set List-
1.Singing for your sky
2.Prayer
3.Not exist
4.Reise
5.Song,Destroy,the Desire
-encore-
6.Lost my life

戦慄の女神(アテナ) - Prayer / Athena's Slaughter
METAL JAPAN 価格 : ¥1,080 (税込)
新体制の戦慄の女神(アテナ)のシングルが早くも登場!
→METAL JAPAN ストアで見る



【逆輸入】戦慄の女神(アテナ) - Athena’s Slaughter - Locus of 2015
METAL JAPAN 価格 : ¥1,620 (税込)
改名前(殺戮の女神)に発売されたシングル2枚組が"世界流通限定"で発売。
→METAL JAPAN ストアで見る




尚、7月10日(日)に同じく大阪・心斎橋BASSOにてMETAL JAPAN系統のライブイベントが開かれる。
「METAL JAPAN GOTTA FIGHT Vol.6 - “Slash ZERO” vs “Dark in the Shadow” W-Debut」こちらも要注目!


ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!









Crazy☆Fest Extra - Fuki Commune x Mary’s Blood x 榊原ゆい - クレイジー☆フェストExtraは魅惑の3マンで開催!
Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play