STRYPER『TO HELL WITH THE DEVIL』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: STRYPER ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
2016年もまた数多くの人気HR/HMバンドが来日公演を行うのだが、中でも4月の密集ぶりは凄い。その4月に来日するアーティストの一つ、STRYPERは自身のヒットアルバムを全曲演奏するライブを行う。そのアルバムとは1986年発売の3rdアルバム『TO HELL WITH THE DEVIL』。2016年に発売30周年を迎えるからその記念にというわけだ(ただし同作全曲演奏ライブを行うのは3公演中1公演のみである点に注意)。
LOUD PARK 11出演以来5年ぶりに来日、単独での来日公演は1989年以来、実に27年ぶりとなるSTRYPER。その彼らがこの度、全曲演奏する名盤『TO HELL WITH THE DEVIL』をここで振り返る。


TO HELL WITH THE DEVIL トゥ・ヘル・ウィズ・ザ・デヴィル
STRYPER ストライパー
1986年10月24日発売

- TRACK LIST -
1. Abyss (To Hell with the Devil)
2. To Hell with the Devil
3. Calling on You
4. Free
5. Honestly
6. The Way
7. Sing-Along Song
8. Holding On
9. Rockin' the World
10. All of Me
11. More Than a Man

~PERSONNEL~
*Stryper
Michael Sweet - Lead vocals, guitar
Robert Sweet - Drums
Oz Fox - Lead guitar, background vocals
Tim Gaines - Bass, background vocals

*Additional musicians
John Van Tongeren - Keyboards
Brad Cobb - Session Bassist



~REVIEW~
1986年という年は数多くのHR/HMの名作アルバムが生まれ、HR/HMが最も栄えた時代と言っても過言ではない。この作品もまたそのHR/HM黄金期をよく表す極上の一品だ。クリスチャン・メタルと呼ばれる彼ら。確かにクリスチャンであることも立派な特徴だが、それ以前にまず魅力なのは力強く美しい歌声と演奏、重厚さと美麗さを両立した正統派サウンドで、素晴らしくキャッチーなメロディがあることだろう。それもこの作品は全曲が絶品。色とりどりな楽曲を揃えた王道なHR/HM、正統派メタルの良いお手本にもなっている。HR/HM初心者にも勧めたくなるアルバムの一つだ。



~VIDEOS~




『TO HELL WITH THE DEVIL』LIVEで演奏された回数が多い曲ランキング(2016年2月時点)
1位 To Hell With the Devil
2位 Calling on You (128)
3位 Free
4位 The Way
5位 More Than a Man
6位 Sing-Along Song
7位 Honestly
8位 Abyss
9位 Rockin' the World
10位 Holding On
11位 All of Me

STRYPER Japan Tour 2016 
4月15日(金) 大阪 梅田CLUB QUATTRO 「オールタイム・ベスト」(初期アルバムを中心としたベスト・ヒットチューン+最新アルバム・セレクション)
4月16日(土) 川崎 CLUB CITTA' 「オールタイム・ベスト」(初期アルバムを中心としたベスト・ヒットチューン+最新アルバム・セレクション)
4月17日(日) 川崎 CLUB CITTA' 「To Hell With The Devil 30周年記念プレミアム」(アルバム完全再現+ベスト・ヒッツ)


ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play