SYSTEM OF A DOWN『HYPNOTIZE』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: SYSTEM OF A DOWN ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
2015年に発売10周年を迎えたヒット作を振り返る記事。ハリウッドから生まれたモンスターバンドSYSTEM OF A DOWN システム・オブ・ア・ダウンは2005年11月22日に5thアルバム『HYPNOTIZE』をリリース。発売から10年経過した本作をピックアップ!
尚、SOADはこのHYPNOTIZEを最後にアルバムがずっとリリースされずじまいだが、2015年に彼らは新たなるアルバムを制作していることを明かした。2016年こそ発売なるか?期待したい。


HYPNOTIZE ヒプノタイズ
SYSTEM OF A DOWN システム・オブ・ア・ダウン
2005年11月22日発売

- TRACK LIST -
1. Attack
2. Dreaming
3. Kill Rock 'N Roll
4. Hypnotize
5. Stealing Society
6. Tentative
7. U-Fig
8. Holy Mountains
9. Vicinity Of Obscenity
10. She's Like Heroin
11. Lonely Day
12. Soldier Side

~PERSONNEL~
System of a Down
Serj Tankian – vocals, keyboards, theremin
Daron Malakian – vocals, guitars
Shavo Odadjian – bass, backing vocals
John Dolmayan – drums, percussion

Production
Produced by Rick Rubin and Daron Malakian
Mixed by Andy Wallace
Engineered by David Schiffman
Editing by Jason Lader and Dana Neilsen
Assistant engineer: Phillip Broussard
All artwork by Vartan Malakian
Design: System of a Down and Brandy Flower
String arrangement: Serj Tankian and Marc Mann
Worldwide representation: Velvet Hammer Music and Management Group
Mix ProTools engineer: John O'Mahony
Mix assistant engineers: Steve Sisco (Soundtrack) & Joe Peluso (Enterprise)
Album production coordinator: Lindsay Chase / Braden Asher
Recording location: The Mansion in Laurel Canyon, Los Angeles, CA and Akademie Mathematique of Philosophical Sound Research, Los Angeles, CA
Mixed at Soundtrack Studios, New York, NY And Enterprise Studios, Los Angeles, CA
Mastered by Vlado Meller at Sony Music Studios, New York, NY

~CHARTS~
Billboard 200 – 1位
UK Albums Chart – 11位
Australian ARIA Albums Chart – 3位
Canadian Albums Chart – 1位
New Zealand Top Albums Chart – 1位
Polish Albums Chart – 16位

~SALES~
Austria (IFPI Austria) Gold 20,000x
Australia (ARIA) Gold 35,000^
Brazil (ABPD) Platinum 40,000*
Finland (Musiikkituottajat) Platinum 31,990
Germany (BVMI) Gold 100,000^
Ireland (IRMA) Platinum 15,000x
New Zealand (RMNZ) Platinum 15,000^
Switzerland (IFPI Switzerland) Gold 20,000x
United States (RIAA) Platinum 1,000,000^



~REVIEW~
この半年前にリリースされた「MEZMARIZE」の続編ということで、なんとなく兄弟的な印象も受けるが、それでもこの作品ならではの輝きがちゃんとあるし、全体のクオリティーの面にしても過去作に負けず劣らずの傑作に仕上がっている。アグレッシブでヘヴィでユーモラスで・・・あらゆるものをゴチャ混ぜにしてうまいこと形に仕上げる、相変わらずのSOAD節全開。特にユーモラスな雰囲気は過去最高のような気がする。バナナ連呼する“Vicinity Of Obscenity”あたりなんか特に。子供にも親しまれそうな要素があるように感じた。そしてダロン・マラキアンの歌がこれまで以上に活躍。サージとダロンの歌、いや、全体の作りからして個性の強さ抜群で、SOADの魅力を改めて感じさせる。彼らの音楽は本当にぶっ飛んでて変態的だ(褒め言葉です)。こんな独特すぎるヘヴィミュージックがまた新たに次々と出てこないだろうか。



~VIDEOS~




『HYPNOTIZE』LIVEで演奏された回数が多い曲ランキング(2015年12月時点)
1位 Kill Rock 'n Roll
2位 Hypnotize
3位 Lonely Day
4位 Holy Mountains
5位 Tentative
6位 Attack
7位 Vicinity of Obscenity
8位 Soldier Side
9位 Dreaming
10位 U-Fig



ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!









Crazy☆Fest Extra - Fuki Commune x Mary’s Blood x 榊原ゆい - クレイジー☆フェストExtraは魅惑の3マンで開催!
Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play