BULLET FOR MY VALENTINE来日記録

[Category:Feature / PickUp・Artist: BULLET FOR MY VALENTINE ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
2015年11月、あのOzzfestが日本に再上陸。千葉・幕張メッセ9-11ホールにてOzzfest Japan 2015が開催される。このDay-1にUKメタルの若きエース、BULLET FOR MY VALENTINE ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインが出演!今年8月に発売された5thアルバム『VENOM』を引っ提げての来日となる。本作はオリコンチャート9位、全英3位、全米8位、オーストラリアとスイスで1位を獲得している。

日本でももうすっかりお馴染みの存在であるBFMVのこれまでの来日経歴を振り返る。



~2005年~
8月13日:大阪・WTCオープンエアスタジアム/インテックス大阪(SUMMER SONIC 2005 OSAKA)

6曲入りEP『BULLET FOR MY VALENTINE』を発売し、SUMMER SONIC出演で初来日。2日共出演予定であったのだが大阪公演を終えた翌日の14日、ムースが突如、高熱を出し演奏が不可能に。よって東京公演を泣く泣くキャンセル。当日、東京会場のMOUNTAIN STAGEではFIGHTSTAR終演後にBFMVが出演をキャンセルされることが場内アナウンスされ、マット・タック、パッジ、ジェイソン・ジェイムズの3人がステージに出て観客の前で事情を説明し、謝罪した。

同年、10月には1stフルレンス・アルバム『THE POISON』が英国で発売。今日までに全世界で120万枚以上のセールスを記録。BURRN!誌の2005年度読者人気投票でBFMVがBRIGHTEST HOPE(新人部門人気投票1位)に輝いた。



~2006年~
1月7日~10日

サマソニ東京出演キャンセル分を取り返さんと言わんばかりにすぐさま再来日。『THE POISON』日本盤発売の約2週間前に初の単独日本公演を行いにやって来た。チケットはすぐさまSOLD OUT。同年、AVENGED SEVENFOLDも日本デビューを果たし、新世代メタル御三家は日本でも浸透していった。


~Set List~
1. Intro
2. Her Voice Resides
3. 4 Words (To Choke Upon)
4. Suffocating Under Words Of Sorrow (What Can I Do)
5. All These Things I Hate (Revolve Around Me)
6. The Poison
7. Spit You Out
8. Cries In Vain
9. Just Another Star
10. Tears Don’t Fall
11. No Control
Encore:
12. Hand Of Blood
13. The End



~2007年~
8月28日:東京 SHIBUYA-AX 30日:名古屋 Diamond Hall 31日:大阪 BIG CAT

2007年6月4日に東京SHIBUYA-AXにて一夜限りの公演を行う予定であったがこれが中止に。しかし8月に東名阪ツアーを実施。
この頃からマットが喉に異常をきたし手術を受ける。ヴォーカリスト生命が絶たれるかもしれないほどの深刻な病状だったが無事に完治。この影響により、同年初秋頃に発売する予定だった2ndアルバム『SCREAM AIM FIRE』は、2008年1月に発売が延期された。



~2008年 Part Ⅰ~
5月18日:東京 ZEPP TOKYO 19日:川崎 CLUB CITTA’ 21日:大阪 なんばHatch 22日:名古屋Diamond Hall
with PROTEST THE HERO

全世界での総売り上げ200万枚以上のヒット作『SCREAM AIM FIRE』を引っ提げ来日。前年PUNK SPRING 07出演で来日したPROTEST THE HEROが前座として帯同。当初のスケジュールとは少しズラされて行われた。“Hand Of Blood”の演奏では観客をステージに上げて歌わせた。


~Set List~
1. Scream Aim Fire
2. Disappear
3. 4 Words (To Choke Upon)
4. Tears Don't Fall
5. Suffocating Under Words Of Sorrow (What Can I Do)
6. Say Goodnight
7. Take It Out On Me
8. Eye Of The Storm
9. Deliver Us From Evil
10. Hand Of Blood
11. Room 409
12. Hearts Burst Into Fire
13. Spit You Out
14. Waking The Demon
15. Creaping Death(Metallica cover)



~2008年 Part Ⅱ~
10月19日:さいたまスーパーアリーナ(LOUD PARK 08 Day-2) 20日:新木場スタジオコースト(AVENGED SEVENFOLD vs BULLET FOR MY VALENTINE SPECIAL GIG)

関東域のみではあるものの半年と経たない内に再来日公演を実施。開催三度目、MOTLEY CRUEがヘッドライナーだったLOUD PARKに出演。

その翌日にはBFMVと同じく新世代メタル御三家の一角であり、SLIPKNOTがヘッドライナーのLOUD PARKに出演したAVENGED SEVENFOLDとの対バンが新木場スタジオコーストで実現。諸外国ではよく共にツアーをするA7Xだが、日本で共演したのは2015年時点ではこれが唯一。

~Set List~(LOUD PARK 08)
1. Scream Aim Fire
2. Take It Out on Me
3. Eye of the Storm
4. Hand of Blood
5. Hearts Burst into Fire
6. 4 Words (To Choke Upon)
7. Tears Don't Fall
8. Suffocating Under Words of Sorrow (What Can I Do)
9. Spit You Out
10. Deliver Us from Evil
11. The End
12. Waking the Demon



~2010年~
9月1日:東京・新木場STUDIO COAST 2日:大阪・なんばHATCH
with BRING ME THE HORIZON / CANCER BATS

全米3位、オリコンチャート8位を記録した3rdアルバム『FEVER』発売に伴うツアー。この頃からマットがガチムチ体系となる。

この年にSUMMER SONICに出演するという話も出ていたが取りやめとなり、ヘッドライン日本ツアーに。前年SUMMER SONIC 09出演で来日した者同士のBRING ME THE HORIZONとCANCER BATSの2組が帯同。なんばHATCH公演では最初に出演のCANCER BATSのライブから前方フロアの仕切り柵が壊され、壮絶な盛り上がりとなった。

~Set List~
1. Your Betrayal
2. Fever
3. Waking the Demon
4. All These Things I Hate (Revolve Around Me)
5. Tears Don't Fall
6. Pleasure and Pain
7. 4 Words (To Choke Upon)
8. Suffocating Under Words of Sorrow (What Can I Do)
9. Bittersweet Memories
10. The Last Fight
11. Say Goodnight
12. Scream Aim Fire
Encore:
13. Alone
14. Begging for Mercy



それから2011年、3月12日・13日にIRON MAIDENのさいたまスーパーアリーナ公演でRISE TO REMAIN(ブルース・ディッキンソンの息子オースティン・ディッキンソンによるバンド。2015年に解散した。)と共に出演する予定であったが、東日本大震災に見舞われキャンセルとなった。

2012年にはマットがCANCER BATSのLiam Cormier、GLAMOUR OF THE KILL(2015年に解散)のMike Kingswood、RISE TO REMAINのJoe Copcutt、PITCHSHIFTERのJason Bowldと共にサイド・プロジェクトAXEWOUNDを結成して活動を実施。AVENGED SEVENFOLDのシニスター・ゲイツもゲスト参加したアルバム『VULTURES』を発売した。




~2013年 Part Ⅰ~
3月8日:東京・恵比寿LIQUIDROOM

4thアルバム『TEMPER TEMPER』リリースに伴うツアー。本作リリース時からマットが短髪となる。

『TEMPER TEMPER』を発売するにあたってニコニコ生放送でBFMVの特集番組が放送、その番組にてこの来日公演を行うことが発表された。一夜限りの公演であるためチケットは即完売した。

~Set List~
1. Breaking Point
2. Your Betrayal
3. Saints & Sinners
4. 4 Words (To Choke Upon)
5. Temper Temper
6. The Last Fight
7. The Poison
8. Dead to the World
9. Scream Aim Fire
10. Alone
11. Truth Hurts
Encore:
12. Waking the Demon
13. Tears Don't Fall



~2013年 Part Ⅱ~
8月10日:千葉・QVCマリーンフィールド(SUMMER SONIC 2013 TOKYO) 11日:大阪・舞洲特設会場(SUMMER SONIC 2013 OSAKA)

8年ぶりにSUMMER SONICに出演。メインステージに登場。ヘッドライナーはMETALLICA。この他、LINKIN PARK、FALL OUT BOY、マキシマム ザ ホルモン、VOLBEATなどが出演した。サイン会も実施。
この年のサマソニは猛暑の中の猛暑で、中でもBFMVが出演する時間帯が気温の高さのピークだった。そのため熱中症でダウンする人が続出する事態に。

そしてこれがジェイソン・ジェイムズ最後のBFMVとしての日本公演。2015年に脱退し、ジェイミー・マサイアスに入れ替わる。

~Set List~(Tokyo)
1. Breaking Point
2. The Last Fight
3. Scream Aim Fire
4. P.O.W.
5. Waking the Demon
6. Your Betrayal
7. Riot
8. Tears Don't Fall

~Set List~(Osaka)
1. Breaking Point
2. The Last Fight
3. Scream Aim Fire
4. Riot
5. Tears Don't Fall
6. Temper Temper
7. Pleasure and Pain
8. Waking the Demon



以上がBFMVの来日経歴。
2015年はメンバーチェンジ、アルバム発売、来日の他にもマットが布袋寅泰の新曲「Kill To Love You」に参加したことも話題に。

これを書いてる間もなくOzzfest Japan 2015出演で来日するBFMVだが、出番は40分しか無く、どうしても曲数の面で物足りなさを感じるライブとなってしまうであろう。しかし彼らは2016年にも日本でライブを行うつもりでいるとのこと。オズフェスJP出演とそれ以降のツアー活動、実に楽しみである。

Ozzfest Japan 2015
千葉・幕張メッセ国際展示場9-11ホール
Day-1:11月21日(土) BULLET FOR MY VALENTINE出演!!
Day-2:11月22日(日)








Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play