CHILDREN OF BODOM『ARE YOU DEAD YET?』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: CHILDREN OF BODOM ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
Happy Birthday 「ARE YOU DEAD YET?」!!
10th Anniversary!!


これを書いてる頃、LOUD PARK 15でのライブが記憶に新しいフィンランドの人気バンド、CHILDREN OF BODOM チルドレン・オブ・ボドム。そして彼らの5thアルバム、『ARE YOU DEAD YET? アー・ユー・デッド・イエット?』 が発売から10周年を迎えた!というわけでこの機会に本作をピックアップ!


ARE YOU DEAD YET?
CHILDREN OF BODOM
2005年10月25日発売

- TRACK LIST -
1. Living Dead Beat
2. Are You Dead Yet?
3. If You Want Peace... Prepare For War
4. Punch Me I Bleed
5. In Your Face
6. Next In Line
7. Bastards Of Bodom
8. Trashed, Lost, Strung Out
9. We're Not Gonna Fall

Japan bonus tracks
10. Oops!... I Did It Again (feat. Jonna Kosonen) (Britney Spears cover)
11. Talk Dirty to Me (Poison cover)


~PERSONNEL~
Children Of Bodom
Alexi Laiho – lead vocals, lead guitar
Roope Latvala – rhythm guitar, backing vocals
Janne Wirman – keyboard
Henkka Seppälä – bass guitar, backing vocals
Jaska Raatikainen – drums

Additional musicians
Alexander Kuoppala – rhythm guitar on "Somebody Put Something in My Drink"
Jonna Kosonen – female vocals on "Oops!...... I Did It Again"

Production
Produced, recorded, and mixed by Mikko Karmila, except "Trashed, Lost & Strungout", produced and recorded by Anssi Kippo and mixed by Karmila
Mastered by Mika "Count" Jussila
Cover artwork by Sami Saramäki
Band photographs by Toni Härkönen

ローペ・ラトヴァラがこの作品から正式メンバーとして加入(2015年に脱退)。又、本作制作時にはアレキシ・ライホが酔っぱらって車のボンネットに乗り、そこから転落して右腕を骨折してしまい、その影響で本作の完成が当初の予定よりも遅れたという逸話がある。

~CHARTS~
Austrian Albums Chart – 42位
Canadian Albums Chart – 82位
Finnish Albums Chart – 1位
French Albums Chart – 67位
German Albums Chart – 16位
Italian Albums Chart – 80位
Japanese Albums Chart – 17位
Swedish Albums Chart – 16位
Swiss Albums Chart – 79位
US Billboard 200 – 195位

本作からアメリカ、カナダ、スイス、オーストリアのチャートでも顔を出すようになった。



~REVIEW~
作品を出すごとに、基盤こそそのままでありながら微妙に変化していくCOB。この5枚目のアルバムではもう1枚目や2枚目でやっていたクラシカルなサウンドの入ったメロディック・デスメタルではすっかりなくなっていて、モダンなサウンドのメロディックなエクストリーム・メタルとなった。特にキーボードの使い方が初期の頃とは随分異なっていて、ダンス・ミュージックなどで使われるような音がよく奏でられていたり。1曲目が疾走感溢れるナンバーではないのも印象的。そのせいもあってか、決してCOBらしくない作品ではないのに、結構異質なアルバムのように感じられたりする。音楽性が変化したことによる批判もあったりはするものの、ライブでよく演奏するキラーチューンを生み出すことにも成功しているし(In Your Face、Living Dead Beat、タイトルトラックなんかがそう)、COBのアルバム群の中でも特に重要な一枚であることはハッキリと言える。



『ARE YOU DEAD YET?』LIVEで演奏された回数が多い曲ランキング(2015年10月時点)
1位 In Your Face
2位 Living Dead Beat
3位 Are You Dead Yet?
4位 We're Not Gonna Fall
5位 Trashed, Lost & Strungout
6位 Punch Me I Bleed
7位 Bastards of Bodom
8位 If You Want Peace... Prepare for War


~VIDEOS~




ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play