ふなっしーきっかけでオジーを知った人に捧げる 押さえておきたいオジーの名曲10選

[Category:Feature / PickUp・Artist: BLACK SABBATH / OZZY OSBOURNE / Ozzfest / ふなっしー ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
2015年11月21日(土)・22日(日)、千葉・幕張メッセ9-11ホールにて開かれるロックフェスティバル、Ozzfest Japan(オズフェス・ジャパン)2015。本イベント22日(日)の方に日本の国民的人気ゆるキャラ、ふなっしーが参戦。大トリを務めるOZZY OSBOURNE & FRIENDS(オジー・オズボーン・アンド・フレンズ)で出演(“FRIENDS”の一員として加わる)。この出演が決まるまでの経緯が「行列のできる法律相談所」で放送されたことでもよく知られている。

それでここのところふなっしーがオジー・オズボーンというアーティストの話をよくすることで、初めてオジー・オズボーンの存在を知ったという人も多いことであろう。というわけでふなっしーがよく話題に上げるオジー・オズボーンとはどんなアーティストか、どんな曲があるのか、オジー・オズボーン入門編的内容の記事を書き綴る。オジーという人は「行列」で放送されたのを観た分だけの知識しか無いが、ふなっしー目当てでオズフェス・ジャパンに行く、なんて人もいるであろう。そういう人は是非ともここで紹介するオジーの曲を聴いて臨んでいただきたい!


まずオジー・オズボーンとはなんたる人物かを簡単にご紹介

オジー・オズボーン Ozzy Osbourne
本名 ジョン・マイケル・オズボーン John Michael Osbourne
1948年12月3日生まれ
イングランド・バーミンガム出身

1968年に結成されたへヴィメタルのバンド、BLACK SABBATH ブラック・サバスのヴォーカリストを務める。BLACK SABBATHは幾度もメンバーチェンジを行っており、オジーも脱退歴があるが2015年時点、オジーはBLACK SABBATHのメンバーでいる。1979年にソロ活動を開始。BLACK SABBATHとソロでの活動、双方で多大な成功を収めている。ライブでやるヘッドバンギング、ジャンプ、観客にバケツで水をぶっかけるパフォーマンスはふなっしーのパフォーマンスの原点ともなった。又、若き頃はライブで生きた鳩やコウモリの死骸を食いちぎるというぶっ飛んだこともしていて、今もファンの間で伝説的エピソードとして語られている。1996年には妻のシャロン・オズボーンと大型ロックフェスティバルOzzfest オズフェストを初開催。ヨーロッパ、アメリカ、イスラエルで行われてきたが、2013年には遂に初めて日本でも行われた。そして2015年、日本で二度目のOzzfestが行われる。


オジー・オズボーンのライブではオジーのソロ曲と、オジーがいる編成で作られたBLACK SABBATHの曲が演奏される。それぞれ5曲ずつ、全10曲、これだけは是非とも押さえておきたいものを厳選してご紹介。



~OZZY OSBOURNEソロバンド編~

Crazy Train クレイジー・トレイン

収録アルバム:BLIZZARD OF OZZ (1980年作)
オジーのソロを象徴する代表的なナンバー。「行列」の放送でふなっしーと一緒にセッションした曲がこれ。オジー屈指の人気曲であることは勿論、ハードロック/へヴィメタル史にも残る名曲で数多くのアーティストにカヴァーされている。


Mr. Crowley ミスター・クロウリー<死の番人>

収録アルバム:BLIZZARD OF OZZ (1980年作)
バラード・ナンバー。この曲でギターを弾いているのはランディ・ローズという人なのだが、そのランディ・ローズの名ギター・プレイ曲の一つとしてもよく語られる。しかし残念ながらランディ・ローズは1982年に飛行機事故で26歳という若さでこの世を去った。


Bark At The Moon 月に吠える

収録アルバム:BARK AT THE MOON (1983年作)
ランディ・ローズの後任ギタリスト、ジェイク・E・リーのギター・プレイが冴えるナンバー。そのジェイク・E・リーは後に自身が結成したRED DRAGON CARTEL レッド・ドラゴン・カーテルというバンドでこの曲に似たナンバー“Deceived”を作った。“Bark At The Moon”が「バカだもん」と空耳で聞こえることでも親しまれていて、「タモリ倶楽部」の「空耳アワー」のコーナーでも紹介された。


Shot In The Dark 暗闇にドッキリ!

収録アルバム:THE ULTIMATE SIN (1986年作)
オジーのソロ曲で初めてビルボードのシングルチャートTop100に入った曲(68位にチャートイン)。邦題が印象的なことでも知られる。


I Don't Want to Change the World アイ・ドント・ウォント・トゥ・チェンジ・ザ・ワールド

収録アルバム:NO MORE TEARS (1991年作)
グラミー賞最優秀メタル・パフォーマンス部門を受賞したナンバー。オジーがグラミー賞をとったのはこれが初。英国の人気バンドMOTORHEAD モーターヘッドのレミー・キルミスターが作曲に携わっている。この曲でギターを弾いているザック・ワイルドはオズフェス2015でオジー・オズボーン&フレンズの一員で出演、またその前に自身のバンド、BLACK LABEL SOCIETY ブラック・レーベル・ソサイアティでも出演する。



~BLACK SABBATH編~

Black Sabbath 黒い安息日

収録アルバム:BLACK SABBATH(1970年作)
たった2日で制作された1stアルバム、セルフタイトル作収録のセルフタイトル曲。この不気味なメロディが発表当時は斬新でへヴィメタルの原点の一つともなった。


Paranoid パラノイド

収録アルバム:PARANOID(1970年作)
ブラック・サバスのライブでもオジーのソロライブでも締めに演奏される定番曲。ハードロック/へヴィメタルのスタンダード的ナンバーで、これまた数多くのアーティストにカヴァーされている。アメリカのへヴィメタルバンドMEGADETH メガデスのカヴァーバージョンが2003年~2004年まで放送のX-TRAILのCM曲として使われていた。


War Pigs ウォー・ピッグス

収録アルバム:PARANOID(1970年作)
メロディは勿論、反戦をテーマにした痛烈な歌詞も印象的なナンバー。当初はこのWar Pigsがアルバム・タイトルにもなる予定であったが、ベトナム戦争への配慮からPARANOIDに変更された。


Iron Man アイアン・マン

収録アルバム:PARANOID(1970年作)
音楽チャンネル「VH1」による「40 Greatest Metal Songs」で1位に輝いた経歴を持つナンバー。同名のアメコミ原作の映画「アイアンマン」に使われている。プロレスのタッグチーム、ザ・ロード・ウォリアーズの入場曲としても知られる。


Children Of The Grave チルドレン・オブ・ザ・グレイヴ

収録アルバム:MASTER OF REALITY(1971年作)
これまた反戦をテーマにしたブラック・サバスの代表的ナンバーの一つ。MASTER OF REALITYのアメリカ盤では数曲サブタイトルが付けられており、このChildren Of The Graveはコーダ部分に「The Haunting」というサブタイトルが付けられた。



オジーの名曲10曲ピックアップしました。でもこれは必要最低限といったレベルのご紹介。ロック界の頂点に君臨するオジー・オズボーン及びブラック・サバスは他にもまだまだたくさん名曲を持っている。ふなっしーがリスペクトするオジーとは本当にただならぬアーティストなのだ。オズフェス前にはMTVでふなっしーセレクトによるオジー特集番組もやることだし、なるべく多くチェックしてみてほしい!

BLACK SABBATHアルバム一覧(オジーが参加したもの)
Black Sabbath (1970年)
Paranoid (1970年)
Master of Reality (1971年)
Vol. 4 (1972年)
Sabbath Bloody Sabbath (1973年)
Sabotage (1975年)
Technical Ecstasy (1976年)
Never Say Die! (1978年)
13 (2013年)

OZZY OSBOURNEソロ・アルバム一覧
Blizzard of Ozz (1980年)
Diary of a Madman (1981年)
Bark at the Moon (1983年)
The Ultimate Sin (1986年)
No Rest for the Wicked (1988年)
No More Tears (1991年)
Ozzmosis (1995年)
Down to Earth (2001年)
Under Cover (2005年)
Black Rain (2007年)
Scream (2010年)

MTV HeadbangersBall Special selected byふなっしー 
#2 オジー・オズボーン特集放送!
初回放送:10月24日(土) 22:00 - 23:00
リピート放送:10月30日(金) 22:00 - 23:00

Ozzfest Japan 2015
千葉・幕張メッセ国際展示場9-11ホール
Day-1:11月21日(土) / Day-2:11月22日(日)

Day-2 Headliner:OZZY OSBOURNE & FRIENDS
featuring
Geezer Butler(Black Sabbath)
Tom Morello(Rage Against the Machine)
Zakk Wylde(Black Label Society)
Dave Navarro(Jane's Addiction)
ふなっしー


ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!









Crazy☆Fest Extra - Fuki Commune x Mary’s Blood x 榊原ゆい - クレイジー☆フェストExtraは魅惑の3マンで開催!
Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play