BULLET FOR MY VALENTINE『THE POISON』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: BULLET FOR MY VALENTINE ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
Happy Birthday THE POISON!!
10th Anniversary!!



この記事掲載後にはOzzfest Japan 2015出演で来日公演を控えているBULLET FOR MY VALENTINE ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン。その彼らの1stアルバム『THE POISON ザ・ポイズン』 が発売から10周年を迎えた!これが彼らの原点。今年はこの作品に立ち返ったようにも感じられる5thアルバム『VENOM』が発売されたりもした。というわけでBFMVのTHE POISONを今一度ピックアップ!



THE POISON
UK 2005年10月3日発売
日本 2006年1月30日発売
US 2006年2月14日発売

- TRACK LIST -
1. Intro (featuring Apocalyptica)
2. Her Voice Resides
3. 4 Words (To Choke Upon)
4. Tears Don’t Fall
5. Suffocating Under Words of Sorrow(What Can I Do)
6. Hit The Floor
7. All These Things I Hate(Revolve Around Me)
8. Room 409
9. The Poison
10. 10 Years Today
11. Cries In Vain
12. Spit You Out
13. The End

Japanese Bonus Track
14. Room 409 (Live)
15. Spit You Out (Live)


~PERSONNEL~
Bullet for My Valentine
Matthew Tuck – lead vocals, guitars, bass guitar
Michael "Padge" Paget – guitars, backing vocals
Jason "Jay" James – bass guitar, backing vocals
Michael "Moose" Thomas – drums

Additional musicians
Eicca Toppinen – arrangement (on "Intro")
Apocalyptica - cellos (on "Intro")


~CHARTS~
Billboard 200 - 128
Top Heatseekers – 2位
Top Independent Albums – 2位
UK – 21位
Austria – 43位
Germany – 25位
Japan – 37位

本作は全世界で120万枚以上の売り上げを記録。同じ年にアメリカのAVENGED SEVENFOLDとTRIVIUMがヒット作を生んで頭角を現したことでBFMVとこの2組とで“新世代メタル御三家”と称されるようになった。



~REVIEW~
この時代のバンドらしいエモな音楽でありながら、それでいてMETALLICAやIRON MAIDENといった伝統的なへヴィメタルが合わさってもいる2000年代型スタイルのメタル。このときのマットの歌声は当時のルックスもあいまって特に甘さに溢れているように感じる。それにしても楽曲の充実ぶりが素晴らしい。先輩バンドの遺伝子がありつつも強い個性がある。例えばTears Don’t Fallなんかは言ってみれば00年代型のOne(METALLICA)だが、それでもこのバンドならではの輝きに満ち溢れた凄い名曲に仕上がっている。10年経った今、改めて振り返ってみてもクオリティーの高さに感心させられる。どこから褒めていいかわからないぐらいだ。しかしこれで発売当時、こんなのメタルじゃない、だのとたくさん批判されていたとは。まあそういった反応はブレイクしたメタルバンド皆起こること、言わば登竜門、通過儀礼みたいなものだが、それでも少々理解し難い(が、そんな反応を気にして作られた後作のSCREAM AIM FIREがまた素晴らしかったりする)。21世紀のメタルシーンを盛り上げた偉大なる名盤です。


『THE POISON』LIVEで演奏された回数が多い曲ランキング(2015年10月時点)
1位 Tears Don't Fall
2位 4 Words (To Choke Upon)
3位 Hand of Blood
4位 All These Things I Hate (Revolve Around Me)
5位 Suffocating Under Words of Sorrow (What Can I Do)
6位 The Poison
7位 Spit You Out
8位 Her Voice Resides
9位 Cries in Vain
10位 The End
11位 Room 409
12位 Hit the Floor

Tears Don't FallはBFMV全ナンバーの中でも最も演奏された回数が多い。



~VIDEOS~







Ozzfest Japan 2015
千葉・幕張メッセ国際展示場9-11ホール
Day-1:11月21日(土) BULLET FOR MY VALENTINE出演!!
Day-2:11月22日(日)



ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play