ARCH ENEMY『BURNING BRIDGES』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: ARCH ENEMY ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
2015年10月10日(土)、2年連続でLOUD PARKに出演するARCH ENEMY。今回でもう6度目の出演(過去に06年、07年、09年、11年、14年度に出演)だが、15年度はスペシャルゲスト付きのライブとなる。ARCH ENEMYを二度脱退、Day-2にARMAGEDDONでも出演するクリストファー・アモット、更に1990年代にヴォーカリストを務めていたヨハン・リーヴァといった元メンバーがやって来るとのこと!そのスペシャルゲストの元メンバー2人とも在籍していた頃の代表作、通算3枚目のアルバム、『BURNING BRIDGES バーニング・ブリッジズ』 を今一度ピックアップ!


BURNING BRIDGES
1999年5月21日発売

- TRACK LIST -
1. The Immortal
2. Dead Inside
3. Pilgrim
4. Silverwing
5. Demonic Science
6. Seed of Hate
7. Angelclaw
8. Burning Bridges

Japanese Edition
9. Scream of Anger (EUROPE cover)
10. Fields of Desolation '99


~PERSONNEL~
Johan Liiva − vocals
Michael Amott − lead guitar, producer
Christopher Amott − lead guitar
Sharlee D'Angelo − bass
Daniel Erlandsson − drums




~REVIEW~
エクストリームな演奏・サウンドに、とってもメロディックなギターを交える音楽。この点の作風はARCH ENEMYの全てアルバムがそうだが、後に出る作品群と聴き比べてみると、なんとなくヴォーカリストの音楽性に合わせた曲作りをしているように感じる。ヨハンの歌声がベストマッチング。と言ってもこれらの曲を歌うのはヨハンしか許されないレベルというわけでもなく、アンジェラ・ゴソウといった女性が歌っても別に問題ない。それはセルフカバー作のTHE ROOT OF ALL EVILに実証済み。そして何より楽曲の充実度がたまらない。The Immortalといった普通に素晴らしいデスメタル曲から、こういう音楽でまさか清々しいメロディーが聴けるとは驚かされたSilverwingなど、何度聴いても感心させられる。しかしこれが日本国外だとマイナー扱いのままというのが驚きだ。ARCH ENEMYを世界的人気バンドにのし上げたアンジェラがどれだけ頑張って本作及び、その前の2作の楽曲を歌ってもイマイチ効果は得られなかったようで(諸外国でのツアーのセットリストを見れば一目瞭然)。まあ日本人だけでも楽しめればそれで良いか。バンドの才能がよく感じられる傑作です。


『BURNING BRIDGES』LIVEで演奏された回数が多い曲ランキング(2015年9月時点)
1位 The Immortal
2位 Pilgrim
3位 Silverwing
4位 Demonic Science
5位 Angelclaw
6位 Dead Inside
7位 Burning Bridges



~VIDEO~





LOUD PARK 15
さいたまスーパーアリーナ
Day-1:10月10日(土) ARCH ENEMY 出演!!
Day-2:10月11日(日) ARMAGEDDON 出演!!



ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!









Crazy☆Fest Extra - Fuki Commune x Mary’s Blood x 榊原ゆい - クレイジー☆フェストExtraは魅惑の3マンで開催!
Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play