2005年のHR/HMニュースまとめ

[Category:Feature / PickUp・Artist: ARCH ENEMY / BON JOVI / SUMMER SONIC / AVENGED SEVENFOLD / MEGADETH / ANTHRAX / IRON MAIDEN / TRIVIUM / BULLET FOR MY VALENTINE / RAMMSTEIN / BUCKCHERRY / Ozzfest / 聖飢魔Ⅱ / 陰陽座 ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
これを書いてる今から10年前、2005年にHR/HM界で話題となった出来事をまとめてみました。



◆ANTHRAX「AMONG THE LIVING」時代のラインナップ復活

この時代、ヴェテラン・バンドの黄金期ラインナップ復活が相次いでいた。そのうちの一組、ANTHRAXは2005年にジョーイ・べラドナとダン・スピッツが復帰。1987年の彼らのヒットアルバム、「AMONG THE LIVING」のラインナップに戻った。翌年2006年にはその編成で初開催のLOUD PARK出演のため来日してくれたが、ANTHRAXはいつの時代もメンバーが流動的で、2007年にはまたジョーイとダンが脱退してしまう(ジョーイは2010年にまたまた復帰、2015年時点でも在籍中)。



◆BUCKCHERRY再結成

2002年に解散したBUCKCHERRYが2005年に再結成、アルバムも発売。復活作「15」はじわじわと売れてアメリカとカナダでプラチナムに輝く。この2005年、BUCKCHERRYは二度来日。8月にSUMMER SONICに出演し、11月にMOTLEY CRUEの日本ツアーに前座として同行した。




◆クリストファー・アモットARCH ENEMY脱退

アモット兄弟の弟、クリストファーが学業に専念することを理由に2005年6月ARCH ENEMYを脱退。クリスが抜けてからはFIREWIND、後にオジー・オズボーン・バンドに加入するガス・Gがサポートに、その後に現OPETHのフレドリック・オーケソンが代役を務める。クリスは2007年にARCH ENEMYに復帰するが、2012年に再び脱退。



◆MEGADETH主催「GIGANTOUR」初開催

MEGADETHをヘッドライナーにしたツアー、GIGANTOURが2005年に初めて開催。2005年度はMEGADETHの他、DREAM THEATER、ANTHRAX、FEAR FACTORY、THE DILLINGER ESCAPE PLAN、NEVERMORE、LIFE OF AGONY、SYMPHONY X、DRY KILL LOGIC、BOBAFLEXが出演し、アメリカとカナダをまわった。




◆新世代メタル御三家登場

AVENGED SEVENFOLD、BULLET FOR MY VALENTINE、TRIVIUMの3組が新世代メタル御三家と称されるようになったのはこの2005年から。TRIVUMが2ndアルバム「ASCENDANCY」を、A7Xが3rdアルバム「CITY OF EVIL」、BFMVが1stアルバム「THE POISON」をこの年に一斉にリリース。METALLICAやIRON MAIDENといったバンドの後を継ぐかのような音楽性とそのクオリティーの高さから、この3組揃って“期待の新人”、“メタルの未来”、などと評され、注目されるようになった。



それぞれのバンドの初来日公演だが、TRIVIUMはこの年にARCH ENEMYの日本ツアーでゲストとして帯同、A7Xはこの翌年2006年のSUMMER SONICに出演、BFMVは2005年のSUMMER SONICで初来日するのだが・・・



◆RAMMSTEIN、BULLET FOR MY VALENTINEがサマーソニック出演キャンセル

メタル系のバンドが2組揃って夏フェスSUMMER SONIC出演をキャンセル。この年の6月に単独来日公演も行ったRAMMSTEINは8月1日のスウェーデンでの公演中にヴォーカルのティル・リンデマンの足に誤ってセグウェイが突っ込み右ヒザを負傷、2~3週間の安静が必要なほどの手痛い怪我でサマソニを、というかアジアツアーそのものがキャンセルとなった。
もう一組、これが初来日公演のBULLET FOR MY VALENTINEはドラムのムースが突如体調を崩し、サマソニ東京公演をキャンセル。大阪公演は無事敢行。




◆Ozzfest出演のIRON MAIDEN卵投げつけられる

かの有名なオズフェストでIRON MAIDENが卵を投げつけられた事件が起きたのはこの2005年度のこと。8月20日のOzzfest、アメリカ・ヒュンダイ・パビリオン公演にてIRON MAIDEN出演時、一部の観客から卵やボトル・キャップ、氷などを投げつけられたり、PAの電源が切られたり混沌とした事態に陥った。それでもIRON MAIDENは途中でショウを投げ出すことなく最後までやり遂げた。この公演の前からブルース・ディッキンソンがオジー・オズボーン及びオズフェストを批判していたことが騒動の発端となったようで、IRON MAIDENの出番終了後にはシャロン・オズボーンがステージに現れ、ディッキンソンのことを非難した。




◆映画「メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー」公開

“メタルは何故非難されるのか”といったことをテーマに作られたサム・ダン監督によるカナダのドキュメンタリー映画、「Metal: A Headbanger's Journey」が公開された。
日本では2006年に上映、劇場受付で10秒間ヘッドバンギングをすると映画料金が200円割引してもらえるサービスもあった。




◆BON JOVIの9thアルバム「HAVE A NICE DAY」オリコンチャート1位

9月14日、BON JOVIが9thアルバム「HAVE A NICE DAY」を発売。本作はオリコンアルバムチャートで1位を獲得。1995年に発売された6thアルバム「THESE DAYS」以来10年ぶり通算3枚目の首位獲得になった。また、タイトルトラックがシングルとして日本でも発売。これがオリコンシングルチャートで10位にランクイン。洋楽バンドのシングルがオリコンTOP10入りするのは実に23年ぶりのことであった。




◆陰陽座 ヨーロッパツアー実施

日本が誇る妖怪メタルバンド陰陽座が9月から10月にかけてバンド初のヨーロッパでツアーを実施。ベルギー、フランス、ドイツで公演を行った。



◆聖飢魔Ⅱ 再集結

1999年に解散した聖飢魔Ⅱが地球デビュー20周年を記念し、解散後初めて再集結、大黒ミサツアーを実施。聖飢魔Ⅱの再集結はこの後も2010年、2011年、2015年に行われる。




GREATEST HITS : BACK TO THE START - MEGADETH (Amazon Exclusive・US)
METAL JAPAN 価格 : ¥5,940 (税込)
メガデスの2枚目のベスト・アルバム『Greatest Hits: Back to the Start』のCDに、デイヴ・ムスティンのサインが入ったブックレットが付いたUSアマゾン限定商品。
→METAL JAPAN ストアで見る






ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play