AVENGED SEVENFOLD『CITY OF EVIL』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: AVENGED SEVENFOLD ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



Artist Archive

Feature / PickUp
PANTERA傑作カバー集
21世紀のハードロック/ヘヴィメタル名バラード集
日本人にはあまり知られていない実はヘッドライナー級のHR/HMバンド
つい最近の曲に思えて実はもうだいぶ前のハードロック/ヘヴィメタル曲集
メタルコアの名曲20選
遅いヘヴィメタルの名曲20選
21世紀のアリーナ・ロックの名曲21選
似てるとよく言われるハードロック/ヘヴィメタル曲PART2
似てるとよく言われるハードロック/ヘヴィメタル曲PART1
途中から日本語表記名が変わったメタルバンドまとめ

Artist/DIsc Review
AVENGED SEVENFOLD『The Stage』Review
AVENGED SEVENFOLD『Avenged Sevenfold(Self Titled)』Review
AVENGED SEVENFOLD『CITY OF EVIL』Review
AVENGED SEVENFOLD『NIGHTMARE』Review
AVENGED SEVENFOLD『WAKING THE FALLEN』Review
AVENGED SEVENFOLD『HAIL TO THE KING』Review

Live/Event Report
サマソニ2014レポートⅢ PLANT~MEGADETH~A7X

Staff Blog
2018年はオジーとA7Xに注目!!メタル生徒会長クラウドファンディングの準備は・・・
Happy Birthday Brooks Wackerman(AVENGED SEVENFOLD)
Happy Birthday The Rev
R.I.P. The Rev
Happy Birthday Zacky Vengeance(AVENGED SEVENFOLD)
Happy Birthday Johnny Christ(AVENGED SEVENFOLD)
Happy Birthday M. Shadows(AVENGED SEVENFOLD)
Thank You Arin Ilejay(ex-AVENGED SEVENFOLD)
Happy Birthday Synyster Gates(AVENGED SEVENFOLD)
AVENGED SEVENFOLD日本時間5/26 23:00にお報せ



iTunes Music Store
Happy Birthday CITY OF EVIL!!
10th Anniversary!!



メタル新世代王者AVENGED SEVENFOLD アヴェンジド・セヴンフォールド2005年6月6日に3rdアルバム『CITY OF EVIL シティ・オブ・イーヴル』 をアメリカでリリース。生誕10周年を迎えたところでこのA7Xの出世作をピックアップ!

『CITY OF EVIL』は全米チャート30位をマーク。アメリカでの売り上げは150万枚以上。このヒットを受けて2006年6月7日には日本盤が発売。オリコンチャート最高16位と本国より高い順位を記録。同年SUMMER SONIC出演で初来日を果たし、華々しく日本デビューを遂げた。
又、“Bat Country”のミュージック・ビデオが2006年のMTV Video Music Awardsで最優秀新人賞を受賞。“Beast and the Harlot”がTotal Guitar誌の21世紀ベストリフTOP10(The Greatest Riffs Of The Decade)で10位に(因みに次作収録のAfterlifeが2位に)、LOUDWIRE誌の2000年代ベストメタルリフで7位にランクインした。
全世界での総売り上げ枚数は250万枚以上。このアルバムからA7Xの存在を知った人も多い。



~PERSONNEL~
マット・シャドウズ M. Shadows – vocals
シニスター・ゲイツ Synyster Gates – lead guitars, backing vocals
ザッキー・ヴェンジェンス Zacky Vengeance – rhythm guitar, backing vocals, co-lead guitars
ジョニー・クライスト Johnny Christ – bass, backing vocals
ザ・レヴ The Rev – drums, backing vocals (2009/12/28 R.I.P)




~TRACK LIST~
1. Beast and the Harlot ビースト・アンド・ザ・ハーロット
2. Burn It Down バーン・イット。ダウン
3. Blinded in Chains ブラインデッド・イン・チェインズ
4. Bat Country バット・カントリー
5. Trashed and Scattered トラッシュト・アンド・スキャッタード
6. Seize the Day シーズ・ザ・デイ
7. Sidewinder サイドワインダー
8. The Wicked End ザ・ウィキッド・エンド
9. Strength of the World ストレングス・オブ・ザ・ワールド
10. Betrayed ビトレイド
11. M.I.A.




~REVIEW~
発売当時、「第二のガンズ」などと呼ばれていた様に、GUNS N' ROSESなどを彷彿させる華やかで色とりどりなロック色が突如この作品から備わるようになった。これが発売される前から彼らを見ていた古参ファンは1曲目を聴いた途端に驚いたのではなかろうか。他にもオーケストレーションの音なんかが先代のパワーメタルバンド達を思い起こさせる。聴いていて多くの先輩アーティスト達(主に1980年代発のバンド)の影響下にあることが伺えるが、それでも誰のフォロワーにもなりきらず、この時代のバンドらしい音を奏で、オリジナリティーが十分感じられる真新しい作品に仕上がってるのが凄い。ボーカルはグロウルを排除したが、メタルコアだった前作に収録されていても違和感がないようなスピード感溢れるナンバーも健在。順当な進化かと。トータル72分と長く、大量のメロディを詰め込んでるが隙は皆無。10周年を機に久々に全曲通して聴いてみたが、本当に良い作品だと改めて思った。2000年代のラウド・ミュージック・アルバム屈指の名盤です。



『CITY OF EVIL』LIVEで演奏された回数が多い曲ランキング(2015年6月時点)
1位 Bat Country
2位 Beast and the Harlot
3位 Seize the Day
4位 Burn It Down
5位 M.I.A.
6位 Strength of the World
7位 The Wicked End
8位 Trashed and Scattered
9位 Blinded in Chains




~MUSIC VIDEO~

Burn It Down



Bat Country



Seize The Day



Beast And The Harlot




~LIVE VIDEO~

Bat Country




ライブ映像作品『THIS IS BAT COUNTRY』発売予定!













M.J. ROCK JAM 出演者募集中!

M.J. ROCK JAM Vol.7 in OSAKA ☆ Otsukimi Recital ☆

めざせメタルマスター単行本 第2巻 好評発売中!
Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play