KISS日本ツアー2015レポート

[Category:Live/Event Report・Artist: KISS ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]













iTunes Music Store
2015年2月、KISS キッス来日!!日本ツアー敢行!!

今回のKISSのツアーは彼らのデビュー40周年を記念したもの。ももいろクローバーZとのコラボレーション曲を引っ提げ、名古屋、大阪、広島、仙台、東京での5日程の来日公演を行った。
METAL JAPAN Staff伝説のメタラーが行ってきたのは日本ツアー2日目、2月25日(水)大阪城ホールでの公演。その模様をお届けする。


会場に着くやいなや、噴水広場でKISSのコピーバンドがストリートライブをやってたり、会場入り口前は大きな看板、入場ゲートもKISSデザイン、入場口のスタッフもKISSメイク、会場の中に入れば通路には催しものたくさん。ライブが始まる前から既に一大エンターテインメントとなっていた。流石はKISS。

客の入り具合もバッチリ。客席はよく埋まってるし、開演直前にトイレを済ませておこうと思ったら「こんなの並んでたらショウが始まってしまう!」ってぐらいの物凄い行列ができていたことからも、いかに人が多いかがよくわかる(勿論トイレは諦めました)。


そして開演予定時刻の19時が過ぎたところで大音量でQUEENの“Another One Bites the Dust”が流れ観客も手拍子を送って盛り上がり始める。その後LED ZEPPELINの“Rock And Roll”が流れ終わったところで場内が暗転してKISS大阪公演の始まり始まり。

まずステージを覆う巨大スクリーンにKISSが楽屋から出てきてステージに向かう様子が映し出される。そこから“Detroit Rock City”の演奏につながるわけだが、巨大スクリーンがKISSの4人のメイクのロゴマークを流しつつ2つ左右に分かれてスライドしていきポール・スタンレージーン・シモンズトミー・セイヤーエリック・シンガーが姿を現した。

今回のステージセットはにっちもさっちもスクリーンづくし。前述の通り、始めに巨大スクリーンがあってそれが左右に分かれて更にステージのバックと天井にもスクリーンが。2013年時のスパイダーセットも話題になったが、こっちもこっちで派手だ。スクリーンにはステージのみならず観客も頻繁に映ります。

パイロもふんだんに駆使し、ポールはMCで観客を左右にわけて煽ったりなど最初からみんなでワイワイ楽しめるエンターテインメントを披露。ポールの「アナタハサイコーデス!」「ミナサン!ハクシュ!ハクシュ!」のセリフに坂本九の“上を向いて歩こう”のアカペラといったことも忘れず。

トミーの火花を飛ばすギター、ジーンの火噴きやベースソロでの吐血、メンバー全員高いとこまで上がって行ったりなど兼ねてから有名なパフォーマンスも勿論大賑わい。定番のパフォーマンスで最も盛り上がるのはやっぱり“Love Gun”演奏でのポールのお立ち台への移動。この日本ツアー、観客の携帯電話・スマートフォンでの静止画撮影が公式に許可されてるわけだが、“Love Gun”演奏時が最も撮影する人の数が多かったように思う。

“Black Diamond”で本編を締めてアンコールで3曲演奏。ロッククラシックの一つ“I Was Made for Lovin' You”から始め、お次はこのツアーで最も大きな特徴であるももいろクローバーZとのコラボ曲、オリコンシングルチャート2位を記録した“Samurai Son”を披露。スクリーンにはこの曲のMVのアニメパートを流す。とても印象に残る場面ではあったが、やはりこの曲はももクロ本人がいないと物足りなさを感じてしまう。KISSとももクロ、両方がいて成り立つ曲なのだと痛感。東京ドーム公演を観に行った人を羨ましく思うことは避けられなかった・・・

そしてそして最後は“Rock and Roll All Nite”。紙吹雪にギター破壊、ただでさえ盛大なライブに更に拍車をかける。アリーナ後方が特に紙吹雪がよく届き、終わった後は床がもう見事な雪景色に。これの後片付けしたスタッフさん、ご苦労様です。
エンディングでまたKISSの4人のメイクのロゴマークが左右の巨大スクリーンに流れ、幕を閉じていく。開演前の状態に戻るのだ。閉じ終わったら「KISS LOVES YOU OSAKA」とメッセージを添える。


いやあ~・・・全くもってKISSの公演、一回のショウに大量の要素を詰め込んでいるので、どこから触れようか迷ってしまう。彼らは本当に容赦ない。最早KISSはミュージシャンの域を超えて一種のエンターテインメントのジャンル、一種の文化のようにもなってると、この公演を観てつくづく思いました。“楽しませる”ということを極めたKISSのライブ、人生で最低一回は観ておいた方がいいね!


~Set List~
1. Detroit Rock City
2. Creatures of the Night
3. Psycho Circus
4. Parasite
5. Shout It Out Loud
6. War Machine
7. Do You Love Me
8. Deuce
9. Hell or Hallelujah
10. I Love It Loud
11. Lick It Up
12. Bass Solo
13. God of Thunder
14. Love Gun
15. Black Diamond
Encore:
16. I Was Made for Lovin' You
17. Samurai Son
18. Rock and Roll All Nite


因みに3月3日(火)のももクロが特別参戦した東京ドーム公演ではアンコールで“夢の浮世に咲いてみな”と“Rock and Roll All Nite”をももクロと共に演奏したとのこと。


今回の日本ツアーも大盛況だったKISS。メンバーは50代、60代という年齢だが、そんなことを忘れさせるほど彼らはエネルギッシュだった。今後も観れる機会を楽しみにしております。










Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play