DOWNLOAD FESTIVALの歴史

[Category:Feature / PickUp・Artist: Overseas Festival ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]








iTunes Music Store
この記事を書いてる頃、2014年もいよいよ終わり。2015年度の世界中のフェスティバルのラインナップが次々と発表されていってます。

それでここらでちょっと日本以外のフェスティバルに注目してみたいと思い、海外のフェスの記事を執筆。

今回この記事ではイギリスの伝統ある巨大ロック・フェスティバル、DOWNLOAD FESTIVAL ダウンロード・フェスティバルをピックアップいたします。

DOWNLOAD FESTIVALは2003年に創設。開催地はイギリス・イングランドのレスターシャーにあるサーキット場ドニントン・パーク。初開催の2003年を除いて毎年6月上旬に開催されています(2003年は5月末と6月1日実施)。

2015年で13回目の開催となるDOWNLOAD。ここで過去12回、2003年~2014年のDOWNLOAD FESTIVALの歴史をまとめてみました。




#1 2003年

03


初開催。この年と翌年2004年は2日間の開催。



#2 2004年

04


この年から開催日が6月の上旬に。ステージ数も増加。



#3 2005年

05


この年から3日間の開催に。日本からはTHE MAD CUPSULE MURKETSが出演。



#4 2006年

06


METALLICAが二度目のヘッドライナーに。



#5 2007年

07


LINKIN PARKとIRON MAIDENが二度目のヘッドライナーに。
2005年に2ndステージに出演していたMY CHEMICAL ROMANCEがヘッドライナーに昇格。が、彼らの出演はブーイングの嵐で多数のボトルが投げ込まれる中でのライブとなった。



#6 2008年

08





#7 2009年

09


2004年と2005年に出演していたSLIPKNOTがヘッドライナーに昇格。
日本からはDIR EN GREYが出演。



#8 2010年

10


ステージ数が5つにまで増加。



#9 2011年

11


DEF LEPPARDとSYSTEM OF A DOWNが二度目のヘッドライナーに。LINKIN PARKは三度目のヘッドライナー。



#10 2012年

12


2006年2009年THE PRODIGYがヘッドライナーに昇格。
METALLICAは三度目のヘッドライナー。彼らはこの年に5thアルバム『Metallica(ブラックアルバム)』全曲演奏のツアーを実施していて、この公演でも披露。



#11 2013年

13


SLIPKNOTが二度目のヘッドライナーに。IRON MAIDENは三度目のヘッドライナー。
日本からDIR EN GREYが二度目の出演。



#12 2014年

14


2006年と2011年に出演していたAVENGED SEVENFOLDがヘッドライナーに昇格。AEROSMITHは二度目のヘッドライナー。
LINKIN PARKは四度目のヘッドライナー。そしてこの公演で1stアルバム『Hybrid Theory』全曲演奏を実施。
日本からはCrossfaith、VAMPS、coldrainが出演。



以上がこれまでのDOWNLOAD FESTIVALの歴史でございます。
因みにここまでのDOWNLOAD FESTIVAL最多出演アーティストBULLET FOR MY VALENTINEKILLSWITCH ENGAGE(通算6回)となっております。



そして翌年は



#13 2015年

2015


この記事掲載後に開催。無論ここからまだまだラインナップは追加されます。
SLIPKNOTが三度目のヘッドライナーに。KISSは二度目のヘッドライナー。



来年もそのまた次の年もDOWNLOAD FESTIVALは大いに盛り上がること必至!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play