KNOTFEST JAPAN 2014 Day-2 Report

[Category:Live/Event Report・Artist: KNOTFEST / SLIPKNOT / KORN / TRIVIUM / AMON AMARTH / FIVE FINGER DEATH PUNCH / IN FLAMES / AA= / KNOCK OUT MONKEY / MAKE MY DAY / MAN WITH A MISSION / SILHOUETTE FROM THE SKYLIT / WAGDUG FUTURISTIC UNITY ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
幕張メッセにて行われたKNOTFEST JAPAN 2014。METAL JAPAN Staff 伝説のメタラーによるライブレポート。
こちらには11月16日()Day-2の模様をお届け。15日()Day-1のレポートはコチラ

kn


この日に出演予定だったマキシマム ザ ホルモン病欠によりOpening act登場は11時40分と遅めに。SILHOUETTE FROM THE SKYLITが出演し、その次にMAKE MY DAYと続いた。こちらも前日と同様、良い具合に会場を温めることに成功。

12時40分からノットフェスDay-2本編開始。



AA= エー・エー・イコール

デジタル・ハードコア・バンド、AA=がSTAGE-Bに登場。登場前のサウンド・チェックからガンガン電子音をアリーナ中に響かせていたのも印象的。

aa


創始者の上田剛士氏は今年BABYMETALの“ギミチョコ!!”作曲という大きな業績を積んだことが印象的だが、それでこのバンドが何かしら変化をもたらされたりすることはない。前回Ozzfest Japan 2013でも彼らのショウを観たが、そのときと特別変わったことはなかった。
ラストにはやむなく出演キャンセルとなったマキシマム ザ ホルモンの分までこの日を楽しもうと告げて出番を終えた。




KNOCK OUT MONKEY ノック・アウト・モンキー

前年、同じプロモーターと会場で開催されたOzzfest Japan 2013でOpening actだったノクモンがこのKNOTFEST JAPANで本編に登場。

kom


自身がKNOTFESTに出るにふさわしいようなメタルではなくJ-POPであることを承知しながらも一生懸命ライブをこなす。前日に一般客に紛れて物販の列に並んでいたことも話す。彼らもまたメタル愛があることが感じられた。
それにしても今年はメタルフェスにメタルじゃないアーティストが出ることが多くて、その都度わざわざその出演者があれやこれやとなんとか対応していて大変だなあとつくづく思えた(苦笑)

~KNOCK OUT MONKEY Set List~
1. challenge & Conflict
2. Scream & Shout
3. How long?
4. Bring it back
5. BREAK
6. HOPE




AMON AMARTH アモン・アマース

この日ようやく外タレが登場。今回が3度目の来日となるスウェーデンのバンドAMON AMARTHが登場。ファンタジックな絵画の大きなバックドロップが実に印象的。外タレトップバッターでありながらインパクト大。こんな時間帯に登場するバンドでこんなライブができるバンドも珍しい。

amon


このライブでまた日本での人気を一段階上げることができたであろう。そんな彼ら、まだ関東地方でしか日本公演をやったことがない。次こそ関西方面も行って日本各地で公演を行ってほしい。

~AMON AMARTH Set List~
1. Father of the Wolf
2. Deceiver of the Gods
3. As Loke Falls
4. The Pursuit of Vikings
5. Twilight of the Thunder God
6. Guardians of Asgaard




FIVE FINGER DEATH PUNCH ファイヴ・フィンガー・デス・パンチ

アメリカのKNOTFESTでコ・ヘッドライナーを務めた5FDPがSUMMER SONIC 2009以来、5年ぶりに日本のファンの前に現れた。
始まる前に前方フロアに陣取っていた海外から来た観客が「FIVE FINGER!!」「DEATH PUNCH!!」と熱いコールをかけていたがこれがありがたかった。5FDPの日本での浸透度はアメリカなどに比べるとまだまだなので、ああいう既に何度も5FDPのライブを観ているであろう人々が扇動することによって、日本人も5FDPのライブの楽しみ方がわかるというものだ。

そして5FDPがステージに登場。しょっぱなからアイヴァン・ムーディは日本国旗を持って楽しそうにはしゃぐが、まだまだこれは序の口。その後、アイヴァンは一旦姿を消したと思いきや、次にIN FLAMESが控えているSTAGE-Bに登場してそちら側から観客席に降りて観客たちと戯れるし、戻ってきたら今度は観客に愛用のバットを渡して更に渡した客をステージに上げるという・・・あまりのサービス精神旺盛さに笑ってしまった。

ffdp


ラストの“The Bleeding”では観客にライターを持って(無い人は携帯電話のライト)もらってドラマチックに締めた。このライブの前に筆者は5FDPの売り上げ成績を調べてみて「こりゃ次期メタル王者候補だな」と思い、このライブも期待していたが、その期待をウンと上回る素晴らしいライブだった。

~FIVE FINGER DEATH PUNCH Set List~
1. Under and Over It
2. Burn It Down
3. Hard to See
4. Lift Me Up
5. Bad Company (Bad Company cover)
6. Burn MF
7. Never Enough
8. The Bleeding




IN FLAMES イン・フレイムス

今年発売のアルバム『Silent Charms』を引っ提げてIN FLAMESが登場。5FDPに続いてバックドロップが何もないことにちょっとばかり疑問に思えたが、そこは当たり前のことだが曲とメンバーのパフォーマンスでカヴァーだ。

infl


かれこれ10年お馴染みの曲となった“The Quiet Place”でショウを始め、そこからところどころ新作からのナンバーを挟む。リードトラックの“Rusted Nail”なんかは良い感じにウケていた。気が付けばアルバムをもう11作も出してる彼らだが、新曲もまだまだ関心が持たれていて何より。2010年にイェスパー・ストロムブラードがこのバンドを脱退して、大きな不安がよぎったのを覚えているが、2014年現在、特に問題なし。現ラインナップの努力の結果である。

と言っても10作以上もアルバムを出していてフェスティバル出演にとどまるのはよろしくない。前回の来日公演もフェス(LOUD PARK 12)だった。そろそろ彼らはまたヘッドラインの日本ツアーをやらなくてはならない。次こそフルセットのショウをして、今回このノットフェスで削られた多数の人気曲をやってもらわねば。

~IN FLAMES Set List~
1. The Quiet Place
2. Everything's Gone
3. Trigger
4. Cloud Connected
5. Through Oblivion
6. With Eyes Wide Open
7. Where the Dead Ships Dwell
8. Rusted Nail
9. Deliver Us
10. Take This Life




WAGDUG FUTURISTIC UNITY ワグダグ・フューチャリスティック・ユニティ

3組の外タレを挟んで久しぶり(?)に日本のバンドが登場。気がつけば邦バンドは彼らを含めて残り2組。現れたのはWAGDUG FUTURISTIC UNITY。AA=と同日出演でまさかのTHE MAD CAPSULE MARKETS元メンバーがこの場にそろい踏みという展開。それでこの2バンドで何かしらやってくれないかと期待した人も少なくなかったが、特に何も起こりはしませんでした。

wag


とはいえ普通にこれまたラウドな日本のバンドだと思いながら何気なく眺めていたら、「シド(SLIPKNOT)と一緒に作った曲をやります!」と告げられたのには驚いた。筆者はこのバンド詳しくはない、というか無知だったんですけど、想像してたのより凄いことやってたのかと、勉強なりました。




TRIVIUM トリヴィアム

このライブの一週間ほど前から日本に滞在して観光を存分に楽しんでいたTRIVIUMが登場。2013年に『Vengeance Falls』を発売してから二度目の来日公演。バックドロップもそのときと同じ。しかしドラマーは何気に交替している。

triv


当然といえば当然だが、前回の来日公演、LOUD PARK 13出演時とは大幅にセットリストを変えてきた。新作からはまだ日本でやっていなかった曲を披露、旧作からは長いこと演奏していなかった曲を復活させている。“Dying in Your Arms”や“Anthem (We Are the Fire)”の久しぶりの演奏には歓喜した人も多いであろう。が、代わりに“Kirisutegomen”などの人気曲が犠牲になったのでやはり彼らもIN FLAMESと同様、そろそろヘッドライン日本ツアーを再び実施すべきである。

そしてキイチは相変わらず日本語多めのMCを展開。日系人によってこんな凄いバンドが出てきたことを改めて誇りに思う。この日本滞在時にはキイチはマキシマム ザ ホルモンにも会ってきて入院中だったマキシマムザ亮君(11月17日に退院)のことを気にかけていたことも話題に。キイチは日本を地球最高の場所と称していて一ヶ月ぐらい日本に滞在していたいとよく言うが、本当にそうさせてあげた方が良いと今回の来日でつくづく思った。

~TRIVIUM Set List~
SE. Divinity I (Final Fantasy VII Soundtrack)
1. Strife
2. Black
3. Through Blood and Dirt and Bone
4. Down from the Sky
5. Dying in Your Arms
6. Built to Fall
7. Villainy Thrives
8. Anthem (We Are the Fire)
SE. Capsizing the Sea
9. In Waves
SE. One Winged Angel (Final Fantasy VII Soundtrack)




MAN WITH A MISSION マン・ウィズ・ア・ミッション

邦バンドのトリが登場。前日のONE OK ROCKと同じくアメリカのノットフェスにも出演した国産バンド、MWAMだ。邦楽トリになったのはマキシマム ザ ホルモンのキャンセルによってだが、今や現代の日本のロックの代表格にのしあがったMWAMだけに、彼らがこの位置であっても悪くなかった。

Ozzfest Japan 2013出演以降、SLIPKNOTとは切っても切れない縁となった彼ら。というわけで今回もまた“distance”でシド・ウィルソンが登場し、ツインDJで演奏。これからもまた日本のフェスでMWAMとSLIPKNOTが一緒になったらこれがお約束の行事となりそうだ。

mwam


又、MWAMは舞台裏でIN FLAMESと記念撮影を実施。日本と海外のバンドとの文化交流がどんどん広まっていって何より。

~MAN WITH A MISSION Set List~
1. evils fall
2. TAKE WHAT U WANT
3. Get Off of My Way
4. When My Devil Rises
5. FLY AGAIN
6. distance(with Sid Wilson from SLIPKNOT)
7. Emotions




KORN コーン Co-Headliner

KNOTFEST JAPAN残り2組。ニューメタルのレジェンド、KORNが満を持して登場。STAGE-Bのトリを飾った。彼らの来日はSUMMER SONIC 2011出演以来3年ぶり。

korn


流石、過去に二度日本のフェスティバルでヘッドライナーを務めた(SONICMANIA 2004とLOUD PARK 10)経験のある彼らだけに前日のLIMP BIZKIT同様、貫禄が物凄い。メンバーのオーラという点においてはこの後に控えている主催者のSLIPKNOTと同じレベルだと思う。観客もヘッド復帰後初の日本公演ということもあるのか、より一層熱意を感じられる。

これまでの人気曲に最新作『The Paradigm Shift』から3曲織り交ぜるというバランスのとれたセットリスト。この場においてはベストな選曲かと。故ギーガーデザインのマイクスタンドやバグパイプのパフォーマンスも勿論健在。ラストの“Blind”では盛大にモッシュが沸き起こり、大賑わいだった。
SLIPKNOTとDay-1の準トリLIMP BIZKIT、そしてKORN、これら3組のニューメタルのビッグネームがいかに凄いバンドか、この機会に改めて思い知った。考えてみればこの3組、そう簡単に揃って観られるものではない。なんやかんや言いつつKNOTFEST JAPAN 2014のメンツはMWAMの言う通り、半端ではなかった。

~KORN Set List~
1. Twist
2. Here to Stay
3. Right Now
4. Love & Meth
5. Falling Away from Me
6. Good God
7. Hater
8. Shoots and Ladders
9. Got the Life
10. Spike in My Veins
11. Freak on a Leash
12. Blind




SLIPKNOT スリップノット Headliner

Day-2ラスボス登場のお時間。KNOTFEST JAPAN 2014クライマックスである。前日も観た者としてはDay-1で演奏しなかった曲が多数聴けることを期待した。

sli


が、始まってしばらく経っても前日と同じ曲しかやらない。しかもコリィのMCまで「コンニチワー!コンバンワ!スリップノットデス!」と前日と全く一緒。なんだか不安になってきたのだが、中盤で前日に演奏しなかった“Disasterpiece”を披露。ここにきてやっと安心できたのであった。

その後、“Opium of the People”、“Dead Memories”、“The Blister Exists”を披露。セットリストは前日とは全部で4曲変更が加えられたことに。贅沢な不満を言えばアメリカのKNOTFESTみたいに2日間でほとんど違うセットリストでやってほしかったが、まあ何も観客みんなが本フェスを両日観に行ってるわけではないので自分だけ不満を垂れても仕方ない。でも両日共演奏されなかった人気曲も結構あるしなあ・・・(“Wait and Bleed”や“Vermillion”など)。そこは彼らが近いうちまた日本公演を行ってくれることに期待するっきゃない。

と、前日同様、壮大なライブを披露してくれたSLIPKNOT。このイベントが2014年屈指の思い出となった人も多いであろう。このライブそのものは素晴らしかったがSLIPKNOTは次なる課題ができている。何がってもっと日本の色んなところでライブをやらねばということ!気が付けばここのところ彼らはこの幕張メッセでしか日本公演を行っていない。これほどまで人気があるバンドが一ヶ所にとどまるなんてのはおかしな話である。他の海外バンドにも同じことが言えるが、次こそはあらゆる街に回ってくれることを希望する。というかバンド側が何よりそうしたいと望んでいるはずである。

~SLIPKNOT Day-2 Set List~
SE. XIX
1. Sarcastrophe
2. The Heretic Anthem
3. My Plague
4. The Devil in I
5. Psychosocial
6. The Negative One
7. Disasterpiece
8. Opium of the People
9. Dead Memories
10. Before I Forget
11. Duality
12. The Blister Exists
13. Spit It Out
14. Custer
Encore:
SE. 742617000027
15. (sic)
16. People = Shit
17. Surfacing
SE. 'Til We Die




2014年度最後の大イベント終了。2015年ももう既に次々と人気アーティストの公演が決まっている。そのうちの一つ、このKNOTFEST JAPANのプロモーターであるH.I.P社は本イベントのスクリーンでも告げたようにOzzfest Japan 2015を開催する。

2013年度のOzzfest Japanと今回のKNOTFEST JAPANが成功したことにより、今後H.I.P社による重音楽フェスは恒例となっていきそうだ。筆者もこの2015年度のオズフェスト、是非参戦したいと思っている。



以上、KNOTFEST JAPAN 2014ライブレポートでした!
2014年度の伝説のメタラーによるライブレポートはこれにて終了。次回は2015年2月のMOTLEY CRUEのFinal Tour日本公演の模様をお届け予定です!


CHAPTER & VERSE - SLIPKNOT (2DVD・UK)
METAL JAPAN 価格 : ¥1,775 (税込)
結成から20年を経たスリップノットの辿ってきたキャリアとサクセス・ストーリー を、アーカイヴ映像やレアなインタビューを交えながら展開する2枚組DVDドキュ メンタリー作品。
→METAL JAPAN ストアで見る











Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play