LOUD PARK 14 Report Day-2後編

[Category:Live/Event Report・Artist: LOUD PARK / DREAM THEATER / WITHIN TEMPTATION / RIOT Ⅴ / DEATH ANGEL / KREATOR ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
2014年10月18日(土)と19日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催されたLOUD PARK 14 ラウド・パーク14。METAL JAPAN Staff伝説のメタラーによるレポートの続き、最終章

lp


こちらの記事にはDay-2(19th sun)の後半、8組目~大トリの12組目までのアーティストの模様をお届け!

Day-1(18th sat)レポート前編
Day-1(18th sat)レポート後編
Day-2(19th sun)レポート前編




RIOT ライオット

LOUD PARK 14も残すところあと5組。来年2015年で結成40周年を迎えるアメリカの大御所RIOT Ⅴ(日本ではRIOT名義のまま)が登場。

OPに2012年に亡くなったRIOTの中心メンバー、マーク・リアリを追悼する映像を流してからRIOTが登場、インストゥルメンタル曲の“Narita”でショウをスタートさせた。バックコーラスに金髪の姉ちゃんもついている。

中心人物が不在でもRIOTのライブはハイクオリティー、途中アンプの調子がおかしくなって盛大にノイズが流れる場面があったりもしたが、それでもクラシック・メタルの重要バンドらしいしっかりした演奏をしてくれた。

riot


そして最後の“Thundersteel”ではRIOTが出演しているBIG ROCK STAGEではなく、この次にDEATH ANGELが控えているULTIMATE STAGE側でサークル・ピットが発生するという珍事が起きたり。違うステージのフロアでこんなことが起こるを見たのは初めてだ。ULTIMATE STAGEがいかに暴れん坊たちの集まりであるかを思い知ったのでした・・・

~RIOT Set List~
1. Narita
2. Fire Down Under
3. Flight of the Warrior
4. Metal Warrior
5. Angel Eyes
6. Take Me Back
7. Wings Are for Angels
8. Bloodstreets
9. Land of the Rising Sun
10. Swords and Tequila
11. Warrior
12. Thundersteel




DEATH ANGEL デス・エンジェル

アメリカのベイエリア・スラッシュの代表格、DEATH ANGELが登場。昨年2013年のTHRASH DOMINATION出演した彼らが遂にLOUD PARKに出演。ULTIMATE STAGE安定の激しい系である。

そんなわけでまたしてもULTIMATE STAGEは盛大な運動会となった。容赦なくサークル・ピットにウォール・オブ・デスが繰り広げられる。・・・というかこれだけ激しい系ばかり続くとこっちも何を書いていいのかわからなくなってくる苦笑 どれもとにかく“激しい”、“暴れまくり”、といったことしか浮かばないもので・・・汗

そしてこの次にこのステージに出るのもまた激しい系だからまた困る笑 しかしそんな彼らのライブも強烈だったことは確かなので是非また日本のメタラーを何度でも暴れさせに来日してほしいものである。

~DEATH ANGEL Set List~
1. Left for Dead
2. Son of the Morning
3. Claws in So Deep
4. Seemingly Endless Time
5. Fallen
6. The Dream Calls for Blood
7. Mistress of Pain
8. Kojo no Tsuki
9. The Ultra-Violence / Thrown to the Wolves




WITHIN TEMPTATION ウィズイン・テンプテーション

LOUD PARK 14 Day-2も終盤。この日のサードビルはオランダのシンフォニック・メタル、WITHIN TEMPTATION。初代LOUD PARK(2006年時)以来、二度目の出演である。

今年彼らの本国のオランダ、更にチェコのチャートで1位を獲得したアルバム『Hydra』に伴う公演で、この新作からの曲も良い反応を得ていた。

どこまでも綺麗にパフォーマンスしていく彼ら。アコースティックでの演奏もあった。シャロン・アデルは歌もMCも煌びやか極まりなかった。
彼らは今回2007年以来、7年ぶりの来日公演だったわけだが、この次は是非とも近いうちに来日公演を行ってほしいものだ。WITHIN TEMPTATIONは日本でも十分人気がある。このLOUD PARKで単独で日本公演するだけの力はちゃんとあると確信した。

~WITHIN TEMPTATION Set List~
1. Paradise (What About Us?)
2. Faster
3. In the Middle of the Night
4. Fire and Ice
5. And We Run
6. Dangerous
7. Angels
8. Our Solemn Hour
9. Stand My Ground
10. Covered By Roses
11. Sinéad (Acoustic)
12. Ice Queen




KREATOR クリエイター Co-Headliner

この日の準トリ、ULTIMATE STAGEのトリが登場。ジャーマン・スラッシュ三羽ガラスのクリーターだ。彼らの本国ドイツでの発音はクリエイター。かつてのARCH ENEMY(アーク・エネミー/アーチ・エネミー)並みにややこしい・・・

kr


上述の通りここまでこのULTIMATE STAGEはアーティストが出る度、盛大にメタル大運動会が繰り広げられたわけでKREATORのライブでもそれは同じだったが・・・さすがはこのステージのトリ、ジャーマン・スラッシュの代表格、今年度で最大はおろか、LOUD PARK史上最も凄い嵐を巻き起こしてくれました。

サークル・ピットの規模のでかさを更新、最後はピットがでかくなりすぎて2つのピットが合体、縦長の○と○の形のピットが一つになっての形になると言う。ピットというよりももはやベルトコンベアーというか回転寿司みたいになっていた。
LOUD PARKで最も強烈な旋風を起こしてくれるのはARCH ENEMYだと思い込んでいたが、まさかそれ以上にアリーナをカオスにするバンドが現れるとは・・・筆者はこのバンドにあまり馴染みがなかったのですが、このライブで自分の想像を遥かに超える恐ろしいバンドだと確認。音楽的にもとても貫禄のあるバンドだということを認識。おみそれしました。

~KREATOR Set List~
SE. The Patriarch
1. Violent Revolution
2. Civilization Collapse
3. Extreme Aggression
4. Impossible Brutality
5. Enemy of God
6. Voices of the Dead
7. Awakening of the Gods (Intro)
8. Endless Pain
9. Victory Will Come
10. Mars Mantra
11. Phantom Antichrist
12. Phobia
13. Hordes of Chaos (A Necrologue for the Elite)
14. Pleasure to Kill




DREAM THEATER ドリーム・シアター Headliner

LOUD PARK 14クライマックス。昨年2013年発売のセルフタイトル・アルバムを引っ提げてDREAM THEATERがBIG ROCK STAGEに出演、開催9度目のLOUD PARKを締めくくります。

dt


SE.の“False Awakening Suite”に乗せながら BIG ROCK STAGEに下したカーテンにこれまでの全アルバムのジャケットを順に描くムービーを流し、“The Enemy Inside”で演奏スタート。もうこれだけで十分劇的。スタンド席にいる人々も多くの人が立って観ていて“凄いバンドが現れた”といった感じがよく伝わってくる。

セットリストはさほど長くない曲を中心に展開。そのおかげで90分と時間が限られていながら割と多めに曲を演奏することができた。長い曲ばかり組んだせいでトリなのに7曲しか演奏できなかったSUMMER SONIC 2010のときと偉い違いである。
新作からの曲が良い具合に反応を得ていたことも微笑ましい。アルバムを10枚以上出しているアーティストで新作がここまで好意的に受け入れられているのは彼らぐらいではなかろうか。

ショウの最中にもステージ後ろのスクリーンでムービーを流したり、今回が二度目の日本ツアーのマイク・マンジーニはドラムでメロディまで奏でたりと仕掛けも色々。バンドの驚異的な演奏以外の要素も楽しめた。

そして終盤、彼らのアルバムの中で特に人気が高いアルバムの「Metropolis ptⅡ」からの“Overture 1928”が演奏されると場内は更に熱気に包まれ、スタンド席も立って観る人がまた増えた。
更に更に締めの“Pull Me Under”でヴォルテージは限界値を突破。2014年時の彼らのツアーでこの曲を演奏したのはここLOUD PARKが唯一であるだけに感動も一塩。こういう場ではやはりこの曲をやらなくては。ファン歴10年以上の観客がもう聴き飽きているにしてもだ。

音源を聴くだけよりもウンと芸術的な彼らのライブ、見事だった。2014年に観たライブの中でも屈指の素晴らしさだった。

~DREAM THEATER Set List~
SE. False Awakening Suite
1. The Enemy Inside
2. The Mirror
3. Lie
4. On the Backs of Angels
5. The Looking Glass
6. Lifting Shadows Off a Dream
7. Enigma Machine
8. Along for the Ride
9. Breaking All Illusions
10. Overture 1928
11. Strange Déjà Vu
12. Pull Me Under


ちなみにこの後に彼らが行った単独公演、3時間コースの内容は以下の通り

~DREAM THEATER Oct/20mon & 22wed Set List~
Set 1:
SE. False Awakening Suite
1. The Enemy Inside
2. The Shattered Fortress
3. On the Backs of Angels
4. The Looking Glass
5. Trial of Tears
6. Enigma Machine
7. Along for the Ride
8. Breaking All Illusions
Set 2:
9. The Mirror
10. Lie
11. Lifting Shadows Off a Dream
12. Scarred
13. Space-Dye Vest
14. Illumination Theory
Encore:
15. Overture 1928
16. Strange Déjà Vu
17. The Dance of Eternity
18. Finally Free
SE. Illumination Theory Outro




LOUD PARK 14終了。今回も笑顔溢れる幸せいっぱいのイベントとなった。
だがこれを忘れてはならない。この後にMANOWARのキャンセル分の単独公演が控えているということを。行かれるMANOWARRIORの皆さんはこれも存分に楽しんでいってください!

MANOWAR マノウォー LOUD PARK 14出演キャンセル振替公演
10/29wed TOKYO・Zepp DiverCity Tokyo
10/30thu TOKYO・Zepp DiverCity Tokyo



年に何度も東京に出向く余裕などない伝メタは大人しくオフィシャル・グッズ注文します・・・

mano




次回、伝説のメタラーによるMETAL JAPAN LIVE REPORTは11月15日(土)と16日(日)に幕張メッセにて行われるKNOTFEST JAPAN 2014の模様をお届け予定!お楽しみに!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play