ラウパ14特集:DRAGONFORCE来日記録

[Category:Feature / PickUp・Artist: LOUD PARK / DRAGONFORCE ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
2014年も日本最大規模のHR/HMフェスティバルLOUD PARK ラウド・パークが開催される。10月18日(土)と19日(日)の2日間行われるうち、英国のスピード・メタルのスター的存在、DRAGONFORCE ドラゴンフォース初日18日(土)に出演することになっている。

今回のライブは今年2014年8月に発売した彼らのアルバム『MAXIMUM OVERLOAD / マキシマム・オーヴァーロード』リリースに伴うもの。6月には東京でハーマン・リとサム・トットマン本人同席で試聴会も行われたりもして、本作の賑わいぶりは上々だ。

LOUD PARK 14で来日するメンバーは以下の通り。
Vo. Marc Hudson / マーク・ハドソン
Gt. Herman Li / ハーマン・リ
Gt. Sam Totman / サム・トットマン
Ba. Fredric Leclercq / フレデリク・ルクレルク
Key. Vadim Pruzhanov / ヴァジーム・プルジャーノフ
Dr. Gee Anzalorne / ジー・アンザローネ
(※前任ドラマーのデイヴ・マッキントッシュは2014年6月に脱退)


そんなDRAGONFORCEのこれまでの来日した経歴をMETAL JAPANで振り返ってみよう。




2004年
HELLOWEEN Japan Tour Opening act 1/31sat:福岡・ZEPP FUKUOKA 2/2mon:愛知・名古屋Club Diamond Hall 3tue:大阪・なんばhatch 5thu:東京・SHIBUYA-AX

2003年に1stアルバム『VALLEY OF THE DAMNED』をリリースして、2004年のHELLOWEENの日本ツアーのオープニング・アクトでDRAGONFORCEは初来日公演を果たす。全部で6日程あるうちDRAGONFORCEが出演したのは4日程。オープニング・アクトは他にもフィンランドのバンド、TWILIGHTNINGがいた。

この時代のDRAGONFORCEのメンバーは
Vo. ZP Theart / ジッピー・サート
Gt. Herman Li / ハーマン・リ
Gt. Sam Totman / サム・トットマン
Ba. Adrian Lambert / エイドリアン・ランバート
Key. Vadim Pruzhanov / ヴァジーム・プルジャーノフ
Dr. Dave Mackintosh / デイヴ・マッキントッシュ
となっている。

この公演の後にDRAGONFORCEは2ndアルバム『SONIC FIRESTORM』を発売。その作品からは1曲、先行公開といった形で“My Spirit Will Go On”が披露された。

~Set List~
1. Revelations
2. Black Winter Night
3. Starfire
4. My Spirit Will Go On
5. Valley of the Damned




2005年
12/6tue:東京・CLUB ONE TWO

一夜限りのプレミア・ライブ。これがDRAGONFORCE初めての単独来日公演である。

ベーシストがエイドリアン・ランバートから2014年現在も在籍中のフレデリク・ルクレルクに交替。

このライブの直後に3rdアルバム『INHUMAN RAMPAGE』を発売する。そのアルバムからは1曲だけ披露(後にバンド屈指の代表曲として親しまれる“Through the Fire and Flames”)。

~Set List~
1. Black Fire
2. Fury of the Storm
3. Fields of Despair
4. Through the Fire and Flames
5. Black Winter Night
6. Dawn Over a New World
7. Keyboard Solo
8. Soldiers of the Wasteland
9. Revelations
10. My Spirit Will Go On
Encore
11. Heart of a Dragon
12. Valley of the Damned




2006年 #1
6/17sat: 東京・O-East 19mon:愛知・名古屋CLUB QUATTRO 20tue:大阪・梅田CLUB QUATTRO 21wed:広島・広島CLUB QUATTRO

2005年の末頃に発売した『INHUMAN RAMPAGE』によるツアー。日程が複数ある単独の日本“ツアー”はこれが初となる。

~Set List~
1. Storming the Burning Fields
2. Fury of the Storm
3. Operation Ground and Pound
4. Black Winter Night
5. Fields of Despair
6. Starfire
7. Keyboard Solo
8. Soldiers of the Wasteland
9. Heart of a Dragon
10. My Spirit Will Go On
11. Through the Fire and Flames
12. Valley of the Damned

そしてハーマン・リとサム・トットマンは『ROCK FUJIYAMA』(2007年放送終了)にテレビ出演。
サムは“編み物奏法”と評されし速弾きを、ハーマンは得意のギター・エフェクト芸、象の鳴き声と爆弾投下を披露した。

dra




2006年 #2
10/14sat:千葉・幕張メッセ(LOUD PARK 06)

この年、二度目の来日。今や伝統行事となっているLOUD PARKの初代にして初日に出演した。

尚、出演順はFLYLEAF→ANVIL→OPETH→HARDCORE SUPERSTAR→DRAGONFORCE→BACKYARD BABIES→CATHEDRAL→DIR EN GREY→ARCH ENEMY→ANGRA→ANTHRAX→MEGADETH

~Set List~
1. My Spirit Will Go On
2. Operation Ground and Pound
3. Revolution Deathsquad
4. Trail of Broken Hearts
5. Through the Fire and Flames
6. Valley of the Damned




2008年
10/18sat:埼玉・さいたまスーパーアリーナ(LOUD PARK 08)

1年、間をおいてLOUD PARKに帰ってきたDRAGONFORCE。この年に発売した4thアルバム『ULTRA BEATDOWN』による日本公演である。
この開催日に既に翌年2009年に日本ツアーを行うことを発表しており、アリーナのモニターで流されたりなど会場内でも大々的に宣伝された。

尚、出演順は HEAD PHONES PRESIDENT→SECRET WHISPER→AIRBOURNE→APOCALYPTICA→OBITUARY→MESSHUGAH →DRAGONFORCE→SONATA ARCTICA→CARCASS→AVENGED SEVENFOLD→DOWN→SLIPKNOT

~Set List~
1. Heroes of Our Time
2. Fury of the Storm
3. Reasons to Live
4. The Last Journey Home
5. Valley of the Damned
6. Through the Fire and Flames




2009年
3/26thu:福岡・ZEPP FUKUOKA 27fri:大阪・ZEPP OSAKA 29sun:神奈川・川崎クラブチッタ’ 30mon:東京・ZEPP TOKYO 31tue:愛知・ZEPP NAGOYA 4/2thu:宮城・ZEPP SENDAI 4sat:北海道・ZEPP SAPPORO
Guest:ALL THAT REMAINS

『ULTRA BEATDOWN』による本格的な日本ツアー。九州から北海道まで回ってくれている。
前座にALL THAT REMAINSが出演した。後に日程に追加された川崎クラブチッタ以外は全てZEPP会場であることも特徴。

キーボードとドラムの周りを移動できる台が用いられ、そこをハーマンやサムが走り回りながら演奏するというパフォーマンスが行われた。

ZPサートはこれがDRAGONFORCEとしての最後の日本公演となる。

~Set List~
1. Heroes of Our Time
2. Operation Ground and Pound
3. Reasons to Live
4. Fury of the Storm
5. The Warrior Inside
6. Keyboard Solo
7. Revolution Deathsquad
8. Soldiers of the Wasteland
9. The Last Journey Home
encore
10. Heart of a Dragon
11. Valley of the Damned
12. Through the Fire and Flames



2010年の3月にも東京の渋谷クラブクアトロにて2日間の来日公演が予定されていたが中止となった。そして同年、音楽性の相違を理由にZPサートが脱退する。

そして2011年にYOUTUBEでのオーディションを経てマーク・ハドソンがZPの後任ボーカルとして加入した。




2012年 #1
2/20mon: 東京・渋谷Music Bar ROCKAHOLIC(ファン・ミーティング&グリード)
21tue:ニコニコ生放送 出演

この年に発売する5thアルバム『THE POWER WITHIN』のプロモーション来日で、やって来たのはハーマン・リとDRAGONFORCEに加入したてのマーク・ハドソンの2人。

尚、ニコニコ動画の生放送に出演した海外のメタル系のアーティストは彼らが史上初であった。

更にこのときに兵庫県の酒造メーカー「本田商店」が醸造する日本酒とDRAGONFORCEがコラボし、『龍力』という名の日本酒が発売された。

sake




2012年 #2
10/27sat:埼玉・さいたまスーパーアリーナ(LOUD PARK 12)

3度目のLOUD PARK出演。5thアルバム『THE POWER WITHIN』リリースによる公演でマーク・ハドソンがここで日本でのライブデビューを果たした。

ドラマーのデイヴ・マッキントッシュはこれがDRAGONFORCEとしての最後の日本公演となる。

尚、出演順は CHRISTOPHER AMOTT→CIRCUS MAXIMUS→HALESTORM→HIBRIA→DRAGONFORCE→SEBASTIAN BACH→BUCKCHERRY→SONATA ARCTICA→IN FLAMES→HELLOWEEN→SLAYER

~Set List~
1. Holding On
2. Heroes of Our Time
3. Seasons
4. Fury of the Storm
5. Through the Fire and Flames
6. Cry Thunder
7. Valley of the Damned



2014年 #1
6/16mon:都内某所(アルバム先行試聴会)
ハーマン・リとサム・トットマンの2人が来日。冒頭でも触れたメンバー本人同席で行われた6thアルバム『MAXIMUM OVERLOAD / マキシマム・オーヴァーロード』先行試聴会である。
ハーマンとサムが解説を交えたり、質問コーナーを設けたりとファン交流イベントにもなった模様。
この他にも多数の日本の媒体の取材に応じた。


この時期にドラマーがデイヴからジー・アンザローネに交替したことを発表した。



そして2014年10月、LOUD PARK 14出演によって今年二度目の来日を果たすことになるDRAGONFORCE。
LOUD PARK出演はこれで4度目となり、出演回数は歴代2位になることに(1位は同じくLOUD PARK 14に出演するARCH ENEMY)。

今回のDRAGONFORCEの公演もアツいものになること間違いなし!見逃せない!!



~DRAGONFORCE Japan Live 2014~

LOUD PARK 14
2014/Oct 18(Sat) 19(Sun) SAITAMA:Saitama Super Arena

~Line Up~
Day-1 10/18(Sat)
ARCH ENEMY(Headliner)
DRAGONFORCE
RAGE
DOWN Extra Show
AMARANTHE
SOILWORK
LOUDNESS
VANDENBERG'S MOONKINGS
MARTY FRIEDMAN
BATTLE BEAST
仮面女子(Opening act)

Day-2 10/19(Sun)
DREAM THEATER(Headliner) Extra Show
WITHIN TEMPTATION
KREATOR
RIOT
THUNDER
DEATH ANGEL
THE HAUNTED
BELPHEGOR
the GazettE
GLAMOUR OF THE KILL
PERIPHERY
ARION

Canceled:MANOWAR/SYMPHONY X






Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play