ANGRA『TEMPLE OF SHADOWS』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: ANGRA ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
Happy Birthday “TEMPLE OF SHADOWS”!!
10th Anniversary!!




ブラジル・サンパウロで結成されたメロディック・スピード・メタルのスターバンド、ANGRA アングラ。その彼らが2004年9月6日に発売した傑作、5thアルバムの『TEMPLE OF SHADOWS/テンプル・オブ・シャドウズ』発売10周年を迎えた。

このアルバムの製作時のメンバーは

Vo. Edu Falaschi エドゥ・ファラスキ(2012年に脱退)
Gt. Rafael Bittencourt ラファエル・ビッテンコート
Gt. Kiko Loureiro キコ・ルーレイロ
Ba. Felipe Andreoli フィリッペ・アンドレオーリ
Dr. Aquiles Priester アキレス・プリースター(2009年に脱退)



本作は著名なミュージシャンが何人もゲスト参加してることでも知られる。
ゲスト参加メンバーは

Fábio Laguna
Sabine Edelsbacher(EDENBRIDGE)
Kai Hansen(GAMMA RAY/UNISONIC)
Hansi Kürsch(BLIND GUARDIAN)
Milton Nascimento




~TRACK LIST~
1. Deus Le Volt! デウス・レ・ヴォート!
2. Spread Your Fire スプレッド・ユア・ファイア
3. Angels and Demons エンジェルズ・アンド・デーモンズ
4. Waiting Silence ウェイティング・サイレンス
5. Wishing Well ウィッシング・ウェル
6. The Temple of Hate ザ・テンプル・オブ・ヘイト
7. The Shadow Hunter ザ・シャドウ・ハンター
8. No Pain for the Dead ノー・ペイン・フォー・ザ・デッド
9. Winds of Destination ウィンズ・オブ・デスティネイション
10. Sprouts of Time スプラウツ・オブ・タイム
11. Morning Star モーニング・スター
12. Late Redemption レイト・リデンプション
13. Gate XIII ゲート・サーティーン





~REVIEW~
本作はラファエルが11世紀の十字軍をテーマに創作した小説のストーリーをベースにしたコンセプト・アルバムで、1曲目から最後の曲まで一つの物語となっている。
一曲一曲のクオリティーが高いのはこの前作の『REBIRTH』も同じだが、こちらはコンセプト・アルバムとしての見事な流れがより評価を高くしているように思う。イントロの曲とアウトロの曲なんかはストーリーを描くのには特に効果的だ。
それでいて楽曲は単なるメロスピ、メロパワ系には留まらないバンド独特の風味がある。決して典型的、ベタな作りにはなってない。
バンド全体の演奏力も目を見張るものがある。ただ、作品の評価とは関係ないことだがエドゥがこの時期はあらゆる音域を駆使していたのが、その後に高音域を出すのを控えていき、更には高音域を出したくても出せないぐらいになってしまって、バンド脱退へとつながると思うと少し切ない。


尚、2005年には彼らの本国ブラジルにてこのアルバムの全曲演奏のライブが行われている。




『TEMPLE OF SHADOWS』LIVEで演奏された回数の多い曲ランキング 2014年9月時点
1位 Waiting Silence
2位 Spread Your Fire
3位 Angels and Demons
4位 Wishing Well
5位 The Temple of Hate




~MUSIC VIDEO~

Wishing Well








Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play