AVENGED SEVENFOLD『WAKING THE FALLEN』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: AVENGED SEVENFOLD ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
RESURRECTED(DELUXE VERSION) was released August 25, 2014!!



8月のSUMMER SONIC 2014での公演が記憶に新しいAVENGED SEVENFOLD アヴェンジド・セヴンフォールドがこの度、2003年8月26日にアメリカでリリースした2ndアルバム『WAKING THE FALLEN ウェイキング・ザ・フォーレン』を特典付きのデラックス・バージョンにして2014年8月25日にアメリカで再販!(日本では9月3日に発売)

A7Xが日本デビューする以前の作品(この後に出る3rdアルバム『CITY OF EVIL』からA7Xのアルバムの日本盤が初めて発売される)だが、熱心なA7Xファンからはよく愛されている。
この作品の製作当時のメンバーは
Vo:M.Shadows / マット・シャドウズ
Gt:Zacky Vengeance / ザッキー・ヴェンジェンス
Gt:Synyster Gates / シニスター・ゲイツ
Ba:Jonny Christ / ジョニー・クライスト
Dr:The Rev / ザ・レヴ (2009年没)




~TRACK LIST~
1. Waking the Fallen ウェイキング・ザ・フォーレン
2. Unholy Confessions アンホーリー・コンフェションズ
3. Chapter Four チャプター・フォー
4. Remenissions リメニションズ
5. Desecrate Through Reverence デスペレイト・スルー・レバレンス
6. Eternal Rest エターナル・レスト
7. Second Heartbeat セカンド・ハートビート
8. Radiant Eclipse レイジアント・エクリプス
9. I Won't See You Tonight (Part 1)  アイ・ウォント・シー・ユー・トゥナイト・パート1
10. I Won't See You Tonight (Part 2) アイ・ウォント・シー・ユー・トゥナイト・パート2
11. Clairvoyant Disease クレルボヤント・デジーズ
12. And All Things Will End アンド・オール・シングス・ウィル・エンド



今回発売されるレザレクティドVerはCDがオリジナル版に加えてもう1枚と更にDVDが追加。中身は以下の通り。


[CD 2]
1. Waking The Fallen: Resurrected
2. Second Heartbeat" (Alternate Version)
3. Chapter Four (Demo)
4. Remenissions (Demo)
5. I Won't See You Tonight Part 1 (Demo)
6. I Won't See You Tonight Part 2 (Demo)
7. Intro/Chapter Four (Live In Ventura)
8. Desecrate Through Reverence (Live In Pomona)
9. Eternal Rest (Live In Pomona)
10. Unholy Confessions (Live In Ventura)
11. Second Heartbeat (Live In Ventura)
12. I Won't See You Tonight Pt. 1 (Live In Ventura) (Hopeless Records pre-order only)
13. I Won't See You Tonight Pt. 2 (Live In Ventura) (Hopeless Records pre-order only)

[DVD]
1. Waking The Fallen: Resurrected Documentary
2. Chapter Four (Live Footage Video)
3. Unholy Confessions (Official Music Video)
4. Unholy Confessions (Original First Cut Music Video)



この様にヴォリューム満点の内容となっているのでオリジナル盤を既に持っているファンも買いである。



~REVIEW~
ハッキリとメタルコアと言える音楽性でファストでテンションの高いナンバーが豊富。これの10年後に出るテンポをおさえた作風の6thアルバム『HAIL TO THE KING』とは真逆の作風である。
シャドウズは素の歌声が何より魅力なので、この後の作品からグロウルを少なくしたのは正解だと思うが、たくさんグロウルしてる彼の歌声が聴けるのは今となっては貴重であろう。それでいてリフも歌メロもすこぶるキャッチー。2000年代のメタルコアの名盤だ。
基本的にアグレッシブな演奏を展開していくが、⑨のような綺麗なバラードもあり、これが後に“Seize The Day”や“Dear God”といった超一流バラードへと進化していくのかといった思いもはせたりする。
当時メンバーが20代前半(ジョニーに至っては10代)だったわけだが、もうこの時点で21世紀メタル王者となるフラグが立っていたんだなあと改めて実感する。



LIVEで演奏された回数が多いランキング ※2014年時点
1位 Unholy Confessions
2位 Chapter Four
3位 Eternal Rest
4位 Second Heartbeat
5位 Remessions


尚、1位のUnholy Confessionsはほぼ全てのA7Xの公演で演奏されており、これまでの全ての楽曲を含めた中でもライブで演奏された数は1番の曲となっている。



~MUSIC VIDEO~

Unholy Confessions










M.J. ROCK JAM 出演者募集中!

Crazy☆Fest Extra - Fuki Commune x Mary’s Blood x 榊原ゆい - クレイジー☆フェストExtraは魅惑の3マンで開催!
Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play