モノノフ 2014/08/14 武蔵・熊谷公演

[Category:Live/Event Report・Artist: METAL JAPAN ・Writer:yagi(フォトグラファー・スタッフ)]












iTunes Music Store
摂津国(大阪)の落武者ブラッキンデスラッシュ・メタル・バンド、モノノフが武蔵国(埼玉県・熊谷市)のライブイベントのトリで出陣。

布陣(メンバー)は以下。

<軍団序列>

尼子 民部少輔 良久
怒号下知(ヴォーカル)

島津 内大臣 満弘
激速暗黒陣太鼓(ドラム)

明石 式部少輔 景史
六弦斬馬刀(ギター)

少弐 刑部少輔 将頼
六弦天羽々矢(ギター)

吉良 中務少輔 親明
四弦国崩(ベース)

(……読めない漢字と意味は、各自調べてください)


重たい甲冑をまとい、鋭利で重厚な音と歌詞で、戦国の落武者たちの哀しみを現代に伝えるバンド、モノノフ。怒号(ヴォーカル)の尼子殿は、戦国の武士・雲州尼子一族の末裔だ。

ステージ上には家紋(隅立て四つ目結)の入った、のぼり旗。畳床机(イス)、刀や水の入ったひょうたんなどの小物も。日本史の教科書で何度も見た、まさに戦国絵巻そのものではないか!

1曲目から果敢に攻めるその音楽性は、デスラッシュ。歌詞は全て日本語。ライブでは…いや、アルバムでも全体の2割ほどしか歌詞を聞き取ることができないが(!!)、休日は城跡めぐりが趣味という戦国オタクの尼子殿ならではの知識と、落武者たちを敬う心がぎっしり詰まっている。

オフィシャル・サイトに歌詞や台詞が掲載されているので、ぜひ一度確認してみてほしい。落武者メイクを見て色物バンドと思う人もいるかもしれないが、彼らはいたって真面目だ。
http://sakushuuya.gozaru.jp/mononofu/lyrics.htm

六弦(ギター)は明石殿、少弐殿の2人。ザックザクなリフとフックのある展開、低音弦から高音弦まで素早く一気に駆け上がり、要所要所でスウィープをきめるテクニカルかつメロディックなソロは、非常に印象的で安定感がある。何よりそのヘヴィメタルの大好さ加減が五臓六腑に染み渡ってくる…。TESTAMENT、ARCH ENEMYあたりが好きな人にオススメだ。昨年加入した、吉良殿の指弾きの四弦(ベース)も、グルーブがあって非常に心地よい。

モノノフが描く世界観は、ちょうど現在放送中のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の時代。歌詞に登場する戦国武将・尼子勝久や山中幸盛は、ドラマの中では篭城の末、自刃してしまい、もう登場することはないが、NHKオンデマンドならば今からでも見ることが可能。モノノフの世界観をより深く味わうことができるはず。

NHKオンデマンド(有料)
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2013053588SA000/?spg=P201300111000000

関西のバンドならではの、おもしろMCを挟みつつ、アンコールで代表曲『我に七難八苦を与え給へ』、『本能寺謀叛』を演奏し終了。

本公演にて、8年間在籍した激速暗黒陣太鼓(ドラム)の島津内大臣が脱退。長年バンドの屋台骨を支えてきた技術のあるメンバーを失うのは、バンドにとって非常に辛いことであろう。

幸い、新しい太鼓(ドラム)は決定しているそうだが、年内は進行中の録音(レコーディング)を継続。新しい陣備(じんぽう)での出陣(ライブ)は来年になるそうだ。大いに期待して待とうではないか。我に七難八苦を与え給へ!


<曲順>
1. 嗚呼、政久よ・・・
2. 新宮谷凄絶金吾敬久
3. 剛撃十兵衛
4. 上月残照
5. 興久 塩冶津波
6. 軍神紀伊守
7. 無念なり宇山殿

--- アンコール ---
8. 我に七難八苦を与え給へ
9. 本能寺謀叛

2014/08/14 HEAVEN'S ROCK 熊谷 VJ-1
PHOTO:やぎ


<各曲で歌われている主人公>
1. 尼子政久
2. 尼子敬久(たかひさ)
3. 大西高由(だいさいたかよし)
4. 尼子勝久
5. 塩冶興久(えんやおきひさ)
6. 尼子國久
7. 宇山久兼
8. 山中幸盛
9. 惟任光秀(これとうみつひで)


オフィシャルサイト
http://sakushuuya.gozaru.jp/mononofu/index1.htm

facebook
https://www.facebook.com/mononofu69

音源
http://mononofu.bandcamp.com/






Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play