DRAGONFORCE『MAXIMUM OVERLOAD』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: DRAGONFORCE ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



Artist Archive

Feature / PickUp
ヘヴィメタルの名曲の傑作カバー10選
つい最近の曲に思えて実はもうだいぶ前のハードロック/ヘヴィメタル曲集
BABYMETAL愛が凄い著名アーティスト20選
遅いヘヴィメタルの名曲20選
中二病患者にオススメのヘヴィメタルバンド20選
2008年のハードロック/ヘヴィメタルの名曲集
似てるとよく言われるハードロック/ヘヴィメタル曲PART1
BABYMETALと一緒に記念撮影した人たちって誰?PART3
途中から日本語表記名が変わったメタルバンドまとめ
4/13 DRAGONFORCE『KILLER ELITE』Release!

Artist/DIsc Review
DRAGONFORCE『Reaching Into Infinity』Review
DRAGONFORCE『INHUMAN RAMPAGE』Review
DRAGONFORCE『MAXIMUM OVERLOAD』Review

Live/Event Report
DRAGONFORCE Live Report (2017/06/14 OSAKA)
LOUD PARK 15 Live Report Day-2後編
LOUD PARK 14 Report Day-1後編

Live/Event Information
DRAGONFORCE Japan Tour 2017
DRAGONFORCE Live in Tokyo 2016(4/21・22)
LOUD PARK 15 Day-2(2015/10/11sun)
DRAGONFORCE Japan Tour 2015(9/5~11)

Staff Blog
新メタル漫画2017年7月7日連載開始!!ドラフォ来日公演終了後に詳細発表!!
Happy Birthday Frédéric Leclercq(DRAGONFORCE)
Happy Birthday Vadim Pruzhanov(DRAGONFORCE)
Happy Birthday ZP Theart(I AM I)
Happy Birthday Herman Li(DRAGONFORCE)
LOUD PARK 15最終ラインナップ発表 DRAGONFORCE出演
DRAGONFORCE東京公演のサポートアクトにJupiter
7/22 DRAGONFORCE『IN THE LINE OF FIRE』Release!
GYZE 9月に台湾ツアー実施 DRAGONFORCEと共演も
DRAGONFORCE日本ツアー2015案内



iTunes Music Store
2014年8月13日(水)にイギリスのメロディック超スピードメタルバンド、“ドラゴンフォース”が6thアルバム『MAXIMUM OVERLOAD / マキシマム・オーヴァーロード』をリリース!これを引っ提げて彼らは10月にLOUD PARK 14に出演する。

このバンドは何気にメンバーの交替が多く、前作2012年リリースの5thアルバム『THE POWER WITHIN / ザ・パワー・ウィズイン』ではシンガーを交替(ZPサートからマーク・ハドソン)したが、今回もまたメンバーが一人入れ替え!ドラマーが交替している。
このアルバムの製作時のメンバーは

Vo. Marc Hudson / マーク・ハドソン
Gt. Herman Li / ハーマン・リ
Gt. Sam Totman / サム・トットマン
Ba. Fredric Leclercq / フレデリク・ルクレルク
Key. Vadim Pruzhanov / ヴァジーム・プルジャーノフ
Dr. Gee Anzalorne / ジー・アンザローネ
(前任ドラマーのデイヴ・マッキントッシュは2014年6月に脱退)

となっている。
それから今作にはTRIVIUMのマシュー・キイチ・ヒーフィーがゲスト参加している。


~TRACK LIST~
1. The Game / ザ・ゲーム
2. Tomorrow’s Kings / トゥモロウズ・キングズ
3. No More / ノー・モア
4. Three Hammers / スリー・ハマーズ
5. Symphony of the Night / シンフォニー・オブ・ザ・ナイト
6. The Sun is Dead / ザ・サン・イズ・デッド
7. Defenders / ディフェンダーズ
8. Extraction Zone / エクストラクション・ゾーン
9. City of Gold / シティ・オブ・ゴッド
10. Ring of Fire / リング・オブ・ファイアー(JONNY CASH cover)

BONUS TRACKS
11. Power And Glory / パワー・アンド・グローリー
12. You’re Not Alone / ユーアー・ノット・アローン
13. Chemical Interfernce / ケミカル・インターフェレンス
14. Summer’s End / サマーズ・エンド
15. Fight To Be Free / ファイト・トゥ・ビー・フリー
16. Galactic Astro Domination(REMIXED) / ギャラクティック・アストロ・ドミネイション


ちなみに初回限定盤には3Dジャケットが封入。随分と費用がかかってそうなCDである。



~REVIEW~
一言で言うと「ファンは安心してお買い求めください」といった内容。速くてメロディックで初めて聴いた人は「何この音楽!?」とぶっ飛ぶんじゃないかと思うような作風。つまりこの6枚目のアルバムもいつものドラフォというわけだ。
前々作あたりから始めた速い以外の魅力も健在で、前作に収録されていた速くない名曲“Cry Thunder”の続きかと思うような曲もある。

マーク・ハドソンの歌いっぷりもしっかりしていてどの音程もバッチリ決まっている。それでいてドラフォの音楽に完璧にマッチしていて今や最初からこのバンドにいたような気もするぐらいになった。
そして初めてカヴァー曲を収録した彼らだが選曲がメタルと無関係というのが好印象。これからもカヴァー曲を収録するのならその調子で自分たちとの音楽性と遠くかけ離れたものをドラフォ色に染め上げてほしい。

しっかりした作品だが、“ここがライブでオーディエンスを大合唱させるところ”とハッキリわかるところが見当たらなかったのが少し残念か。(過去の曲で言うところの“Through The Fire And Flames”の「So Far Away~♪」部分や“Heroes Of Our Time”の「Star Chaser~♪」といったメロディー)

そしてボーナストラックも相変わらずの充実ぶり、というか今回こんな曲数多いのかと。
最後に収録されてある“Galactic Astro Domination”はCapital OneのCMで彼らが演奏していたナンバー。アルバムを聴いていてこの曲が流れた瞬間「あっ!この曲は!」と大多数の購入者が反応したであろう。



~MUSIC VIDEO~

The Game 2014年6月18日公開




~DRAGONFORCE来日公演情報~

LOUD PARK 14
2014年10月18日() 19日() 場所:埼玉・さいたまスーパーアリーナ

ドラゴンフォースの出演日は18日(土)。ちなみにラインナップは

10月18日()
MANOWAR(Headliner)
ARCH ENEMY
DRAGONFORCE
RAGE
AMARANTHE
SOILWORK
VANDENBERG'S MOON KINGS
LOUDNESS
BATTLE BEAST

10月19日()
DREAM THEATER(Headliner) ※単独公演も有り
WITHIN TEMPTATION
KREATOR
SYMPHONY X
THUNDER
DEATH ANGEL
THE HAUNTED
BELPHEGOR
GLAMOUR OF THE KILL
PERIPHERY

and more!!








M.J. ROCK JAM 出演者募集中!

Crazy☆Fest Vol.26 - Summer Tour 2018 in OSAKA

「メタル生徒会長」単行本 第1巻 好評発売中!
Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play