サマソニ2014特集:BABYMETAL活動記録

[Category:Feature / PickUp・Artist: BABYMETAL / SUMMER SONIC ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]

   

※8月11日にBABYMETALが出演するMOUNTAIN STAGEのタイムテーブルに変更がありましたのでご注意ください。

さくら学院を初期の頃から見ていたアイドルファンは中元すず香水野由結菊池最愛の3人がこんな売れ方をするなど思いもよらなかったであろう。2010年11月28日にさくら学院の部活動、重音部のグループとして結成されたBABYMETAL / ベビーメタルは今や世界中から注目を集めるアイドル/メタル・アーティストへと成長した。

そんなBABYMETALは2012年、2013年、そして今回2014年と3年連続サマーソニック出演を果たすわけだが、年毎にビッグになっていて見ていて実に痛快だ。
というわけでサマソニ2014邦楽出演者ではこのBABYMETALを徹底的に特集!現在までの活動記録を書き記す。



◎2010年 SU-METAL中学一年生 YUIMETAL&MOAMETAL小学五年生

テーマは「アイドルとメタルの融合」、目標は「世界征服」。これを掲げてBABYMETALは結成された。メンバーは2014年現在も不動のこの3人
SU-METAL (中元すず香・1997年12月20日生まれ)
YUIMETAL (水野由結・1999年6月20日生まれ)
MOAMETAL (菊池最愛・1999年7月4日生まれ)


結成したのは年の終わり頃なので2010年に行ったBABYMETALのライブは一回。横浜赤レンガ倉庫 1号館3Fホールで行われたさくら学院祭☆2010のみである。

持ち歌も“ド・キ・ド・キ☆モーニング”の一曲のみだった。またこのときはまだバックバンドがおらず、カラオケ状態のライブだった。




◎2011年 SU~中学二年生 YUI~&MOA~小学六年生

この年のライブ活動もBABYMETALはあくまでさくら学院の部活動といった感じで、4本のイベント出演して2曲だけパフォーマンスして終わっていた。
持ち歌は“イジメ、ダメ、ゼッタイ”が加わる。“ド・キ・ド・キ☆モーニング”はこの年の10月24日にシングルで発売、これがBABYMETALのシングルデビューである。

メディアにも取り上げられ、メタルファンからも存在を認知されるようになり、このときからYOUTUBEにアップされたミュージックビデオをきっかけに海外の人々にも興味を持たれ始める。




◎2012年 SU~中学三年生 YUI~&MOA~中学一年生

客観的に見るとここからがBABYMETAL本格始動といった感じで、ライブの本数も前年の何倍にも増えている。

シングルも2枚発売。3月7日に“BABYMETAL×キバオブアキバ”(“いいね!”と“君とアニメが見たい ~Answer for Animation With You”が収録されてある)を発売。7月4日にはインディーズ最後のシングル“ヘドバンギャー!!”を発売した。
シングル未収録曲では“BABYMETAL DEATH”“おねだり大作戦”(翌年のシングル“メギツネ”の初回限定盤に収録される)が持ち歌に加わっている。

SUMMER SONICにも初登場。このときにサマソニ史上最年少出演者を記録する。
出演したステージは幕張メッセの“SIDE-SHOW MESSE”。お笑い芸人やトリビュート・バンド、駆け出し中のミュージシャンらが出演するサブイベント・ステージだがBABYMETALは見事そこから出世することに。

そして10月からは“神バンド”が加わり、ライブで念願の生演奏が披露されることとなった。

11月には初の海外公演を実施。シンガポールでのアニメフェス「Anime Festival Asia Singapore 2012」に出演。他にT.M.Revolution、FLOWなどが出演している。

この年の最長ライブは12月20日に赤坂BLITZで行われたI、D、Z〜LEGEND“D”SU-METAL聖誕祭
レパートリーはグッと増えたがそれでもワンマンライブをやるにはまだ足りてないのでカバー曲で補っている(“翼をください”、SPEEDの“White Love”)。
~Set List~
1.BABYMETAL DEATH 2.君とアニメが見たい 〜Answer for Animation With You 3.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト 4.White Love -Angel Of Death ver.-(SU-METAL) 5.Over The Future -Rising Force ver.- 6.ヘドバンギャー!!-Night of 15 mix- 7.おねだり大作戦 8.ド・キ・ド・キ☆モーニング 9.いいね! 10.イジメ、ダメ、ゼッタイ  11.ヘドバンギャー!! 12.翼をください -炎 ver.-




◎2013年 SU~高校一年生 YUI~&MOA~中学二年生

年明け早々、BABYMETALはまた一歩前進。結成して間もない頃から披露していた“イジメ、ダメ、ゼッタイ”をメジャー・デビューのシングルとして1月9日にリリース。オリコンチャート6位を記録。6月19日に発売した“メギツネ”も7位にランクイン。

SU-METALがこの年の3月にさくら学院を卒業するわけだがBABYMETALの人気は右肩上がりする一方なので、部活動の域を超えて活動を継続させていくことに。

地道な活動の積み重ねでBABYMETALはすっかり知名度を上げ、より広い会場でライブをするようになるが、この2013年で特に印象深かったライブは2年連続で出演したSUMMER SONICと大論争を巻き起こしたLOUD PARKだ。

サマーソニックの出演ステージはRAINBOW/FLOWER STAGEに。この時点でアイドルファンだけでなくメタルファンも取り込んできておりサークルピットも出現した。

そしてなんと言っても凄いのが、この年のサマソニのヘッドライナーであるMETALLICAがBABYMETALに絡んできたことだ。
ラーズ・ウルリッヒは兼ねてからBABYMETALを気に入っていたとのことで、大阪会場で自ら彼女たちのライブを見に来たという。
それからラーズとカーク・ハメット、ロバート・トゥルージロが舞台裏でBABYMETALと記念撮影を実施(ネット上に出回っているのはカークとの写真のみで、ラーズとロバートとのは後のラウドパークでのショウのスクリーンで公開された)。

kirk1


これがきっかけだったのが、その後METALLICAの3D映画「METALLICA THROUGH THE NEVER」の日本版のCMに出演もする。

又、MOUNTAIN STAGEに出演したCHEAP TRICKとも記念撮影を実施。このときからBABYMETALによる世界のビッグネームとのフォトセッション伝説が始まったのである。

cheap



そしてLOUD PARK 13。出演が発表されたときは物凄いブーイングの嵐だったことがこれを書いている今も記憶に新しい。
2012年の時点でBABYMETALは全国のメタルファンから認知されていて、この2013年の秋頃の時点でもメタラーからの支持も集めつつあったとはいえ、それでもまだこのアイドルとの融合というかつてない音楽性を受け入れられないままでいるメタラーの方が断然多かった。

この前評判の悪さで大丈夫なのかと思ったが、ところがどっこいライブは大成功。アリーナには非常に多くの客が詰めかけており、ダイブとサークルピットが勃発、大盛り上がりだった。ハッキリ言ってラウドパーク史に残る名演だったと思う。
このときのライブレポートはこのMETAL JAPANにも書いてあるのでコチラを参照。

そして舞台裏では著名アーティストとフォトセッション。ARCH ENEMYのマイケル・アモット(このときはSPIRITUAL BEGGARS)、CHTHONICのフレディ・リム(このときは鉄色クローンX)、TRIVIUMのマシュー・キイチ・ヒーフィーとは対談も行った。

lp13



そしてこの年、最も規模の大きいライブは恒例となった12月21日のSU-METAL聖誕祭。幕張メッセという大きな会場を単独でソールドアウトさせるほど彼女たちは飛躍した。
~Set List~
1.ヘドバンギャー!! -Night of 15 mix- 2.ド・キ・ド・キ☆モーニング 3.いいね! 4.魂のルフラン -Return to Myself ver.-(SU-METAL) 5.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト 6.ギミチョコ!! 7.君とアニメが見たい 〜Answer for Animation With You 8.メギツネ 9.イジメ、ダメ、ゼッタイ  10.おねだり大作戦 11.Catch me if you can 12.ヘドバンギャー!! 13.紅月-アカツキ-(Unfinished ver.) 14.BABYMETAL DEATH





◎2014年 SU~高校二年生 YUI~&MOA~中学三年生

この年にBABYMETALは遂に本格的に世界進出していく。
まずは2月2日、CHTHONIC来日記録にも書いた通り、台湾でCHTHONICと対バン。ステージではメギツネをセッションした。(ただしジェシー・リウ曰く、このときのCHTHONICは弾いてるフリだったとのこと)

前年のラウパでフレディが、このショウのひと月前にドリスがBABYMETALとフォトセッションを行ったが、ここで遂にCHTHONIC全員と記念撮影をやり遂げた。

chth


その翌週の2月7日にはミュージックステーションにテレビ出演したことも大いに賑わった。

mste


BABYMETALは“イジメ、ダメ、ゼッタイ”を披露。日本で最も浸透している音楽番組の出演でより知名度が上がったことであろう。このときの共演者であるゆずやAKB48などといったお茶の間でおなじみのミュージシャンたちがフォックスサインをしてノリまくってる光景も凄まじかった。

そして2月26日、待ちに待った1stアルバム『BABYMETAL』が発売。詳細はレビューを参照。

オリコンチャート最高順位は4位。が、注目すべきはそこではなく海外のチャート。このような成績をおさめている。

~Billboard~(アメリカ)
Billboard 200 187位
Top Rock Albums 50位
Independent Albums 34位
Hard Rock Albums 12位
Heatseekers Albums 4位
World Albums 2位

~Official Charts Company~(イギリス)
Rock & Metal Albums 37位
Independent Albums Breakers 7位


iTunes Storeに至ってはアメリカ、カナダ、イギリス、ドイツなどのメタルアルバムチャートで1位、アメリカ、イギリス、ドイツ、台湾、インドネシアなどのロックアルバムチャートで1位を獲得。

・・・これほどまでに世界で成功した日本人のミュージシャンが他にいただろうか?全くもって日本の誇りである。


が、これはまだまだ序の口であった。これのリリース直後、3月1日と2日に武道館公演を実施。女性アーティスト最年少出演記録を樹立する。

~Set List~(3月2日 黒い夜 LEGEND “DOOMSDAY” 〜召喚の儀〜)
1.BABYMETAL DEATH 2.いいね! 3.君とアニメが見たい 〜Answer for Animation With You 4.おねだり大作戦 5.4の歌 6.未発表曲 7.紅月‒アカツキ- 8.Catch me if you can 9.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト 10.ギミチョコ!! 11.悪夢の輪舞曲 12.メギツネ 13.イジメ、ダメ、ゼッタイ  14.ド・キ・ド・キ☆モーニング 15.ヘドバンギャー!!


そしてこの公演終了後にワールドツアーを発表。7月から8月にサマーソニック2014で日本に帰ってくるまでフランス、ドイツ、イギリス、アメリカ、カナダで公演を行うことに。

フランス公演はすぐにチケットがソールドアウトしたため当初よりもっと大きい会場で公演を行うことにしたという。
イギリスのツアーで特筆すべきはやはりSONISPHERE FESTIVAL UK出演。世界のメタルフェスに出演して彼女たちは喝采を浴びた。

で!やはり共演者たちとフォトセッションを行うという。海外のビッグネームたちと記念撮影というのはもうすっかり伝統行事となっている。このソニスフィア・フェスティバルではSLAYER、ANTHRAX、チノ・モレノ(DEFTONES)、ビリー・シーン(MR.BIG、このときはTHE WINERY DOGS)、CARCASSなどと写真を撮った。

sonis


他にもこのワールドツアーでDRAGONFORCEとも写真を撮っている。

dra


それからアメリカではLADY GAGAの前座を務める。ガガはへヴィメタル好きでもあり、BABYMETALのショウを最前列で激しくヘッドバンギングしながら観賞していたのこと。勿論、記念撮影もバッチリやっています。

gaga


そしてそして8月9日、カナダのフェスティバル、HEAVY MONTREAL出演。
BABYMETALの後に出演したPENNYWISEと別ステージのTHE VANDALS、メンバーの平均年齢はBABYMETALさえも下回る話題の中学生メタルバンドUNLOOKING THE TRUTHとフォトセッションを行った。

cana


そしてカーク・ハメット(METALLICA)とほぼ1年ぶりの再会(※まだ写真が追加される可能性有り)

kirk2




以上がサマーソニック2014に辿り着くまでのBABYMETALの活動記録である。
サマソニ当日は凄まじい盛り上がりになること間違いなし!実に楽しみである。




SUMMER SONIC 2014 BABYMETAL出演日
2014年8月16日() 東京会場:MOUNTAIN STAGE
登場時刻:14時25分予定 持ち時間:40分予定
2014年8月17日() 大阪会場:MOUNTAIN STAGE
登場時刻:14時05分から14時00分予定に変更 持ち時間:40分予定

BABYMETAL日本単独公演
9月13日() 14日() 千葉 幕張メッセ




 

 
 

Artist Information

BABYMETAL

『ベビーメタル』 
日本のアイドルグループ「さくら学院」から派生、2010年結成。

SUMMER SONIC

『サマーソニック』 
音楽イベント。2000年から毎年8月にクリエイティブマン主催で行われる日本のフェスティバル。通称『サマソニ』。出演アーティストのジャンルは不問。夏フェスの代表格で音楽フェスとしては国内最大級の規模を誇る。

 

Artist Archive

Feature / PickUp

BABYMETALのファンに向けて 押さえておきたいSABATONの楽曲10選
今までありがとうYUIMETAL
見た目で判断してはいけないアーティスト
BABYMETALとライブするSABATONとGALACTIC EMPIREってどんなバンド?
BABYMETALと共演したアーティスト集
フェスティバル用語集
SUMMER SONIC 2018 HR/HMファン必見アーティスト
2018年上半期 話題になったHR/HMライブ10選
BABYMETALと一緒に記念撮影した人たちって誰?PART8
21世紀のハードロック/ヘヴィメタル名バラード集

Artist/DIsc Review

BABYMETAL『METAL RESISTANCE』Review
BABYMETAL『BABYMETAL(Self Title)』Review

Live/Event Report

SUMMER SONIC 2018 in TOKYO Live Report 後編
SUMMER SONIC 2018 in TOKYO Live Report 前編
SUMMER SONIC 2018 Report(MASTODON,BFMV,NIN)
SUMMER SONIC 2018 Report(MIKE SHINODA,ONE OK ROCK,NICKELBACK)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅲ (MWAM,BABYMETAL,FOO FIGHTERS)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅱ (BAND-MAID,ROYAL BLOOD,ホルモン)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅰ(STRUTS,INABA/SALAS,GRANRODEO)
BABYMETAL FILM FES TOUR Report (2017/04/11)
GUNS N' ROSES with BABYMETAL Live Report(17/01/21 Kyocera Dome Osaka)
BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- RED NIGHT&BLACK NIGHT @ TOKYO DOME

Live/Event Info.

BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN(with SABATON,GALACTIC EMPIRE)
BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN EXTRA SHOW “DARK NIGHT CARNIVAL” w SABATON, GALACTIC EMPIRE 
SUMMER SONIC 2018
SONICMANIA 2018 (NINE INCH NAILS etc)
QUEENS OF THE STONE AGE Live in Tokyo 2018(SUMMER SONIC EXTRA)
BABYMETAL LEGEND - S - 洗礼の儀 -
BABYMETAL 巨大キツネ祭り in JAPAN
BABYMETAL 5大キツネ祭り in JAPAN
SUMMER SONIC 2017
BABYMETAL FILM FES TOUR - METAL RESISTANCE APOCALYPSE –

 
 
 








M.J. ROCK JAM 出演者募集中!

METAL JAPAN ProduceコンピレーションCD「METAL JAPAN HEAVY CHAINS Vol.4」絶賛発売中!

「メタル生徒会長」単行本 第1巻 好評発売中!