サマソニ2014特集:AVENGED SEVENFOLD来日記録

[Category:Feature / PickUp・Artist: SUMMER SONIC / AVENGED SEVENFOLD ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
※8月11日にAVENGED SEVENFOLDが出演するMOUNTAIN STAGEのタイムテーブルに変更がありましたのでご注意ください。

アメリカが誇る21世紀最強のヘヴィメタルバンド、A7Xことアヴェンジド・セヴンフォールドが2006年時、2007年時と続いて三度目SUMMER SONIC出演を果たす。
その過去にサマソニに出演したときはまだ日本デビューしたての頃で、期待の新人といった認識をされていたが、既にその期待には応えており、今やハードロック/へヴィメタル界を牽引するほどの存在となった。そんなわけでA7Xはサマソニの2ndステージであるMOUTAIN STAGEのトリを務めることに。

今回の来日は昨年2013年に発売し、世界6ヶ国でチャート1位アメリカでゴールドカナダではプラチナム・ディスクに認定された6thアルバム『HAIL TO THE KING / ヘイル・トゥ・ザ・キング』によるツアーでラインナップは

Vo:M.Shadows / マット・シャドウズ
Gt:Zacky Vengeance / ザッキー・ヴェンジェンス
Gt:Synyster Gates / シニスター・ゲイツ
Ba:Jonny Christ / ジョニー・クライスト
Dr:Arin Ilejay / エレン・イラヘイ


の5人。エレンが正式メンバーとなっての日本公演はこれが初となる。

それではこれまでのA7Xの来日記録を振り返ってみよう。



◎2006年
~SUMMER SONIC 06 (MARINE/OCEAN STAGE)~

8月12日(土) 千葉 千葉マリーンスタジアム(現:QVCマリンフィールド) 13日(日) 大阪 WTCオープンエアースタジアム

この前年の2005年にリリースしたA7Xの3rdアルバム『CITY OF EVIL』が彼らの本国アメリカでヒット、2006年1月にゴールド・ディスクに認定、6月には日本でも発売し、8月にA7Xは初来日公演を実施。その日本初舞台がこのサマーソニックのメインステージというわけである。

このときのヘッドライナーは『MASTER OF PUPPETS』全曲演奏ツアーの最中にあったMETALLICA。A7Xのメンバーも大いに尊敬し、影響も強く受けた大先輩だが、まさかその彼らがMETALLICAと同じぐらいメタルシーンの重要なアーティストとなるとは、このときはまだ想像もつかなかった・・・

ちなみにこのステージの出演者・出演順は以下の通り
HAWTHHORNE HEIGHTS→STONE SOUR→TAKING BACK SUNDAY→A7X→ZEBRAHEAD→HOOBASTANK→DEFTONES→METALLICA

SUMMER SONIC 06 ~Set List~
1. Beast And The Harlot 2. Unholy Confessions 3. Burn It Down 4. To End The Rapture 5. Walk (PANTERA Cover) 6. Eternal Rest 7. Guitar Solo 8. Bat Country



◎2007年
~SUMMER SONIC 07 (MOUNTAIN STAGE)~

8月11日(土) 大阪 舞洲サマーソニック特設会場 12日(日) 千葉 幕張メッセ

日本デビュー作の『CITY OF EVIL』はまだまだ売れ続け(2009年8月にはプラチナムに認定)、サマソニに2年連続で出場ということになったA7X。新作も非常に期待されているということでマウンテン・ステージの準トリを任されることに。持ち時間も前回06では40分だったのが60分にグレードアップ。

サマソニ07の二ヶ月後の10月に発売を控える4thアルバム『AVENGED SEVENFOLD』のプロモーションを兼ねた公演で、その収録曲から後に彼らの人気曲の一つとなる“Almost Easy”を披露した。

このマウンテン・ステージの出演者・出演順は以下の通り
8otto→BLUE MAN GROUP→MADINA LAKE→HADOUKEN!→ENTER SHIKARI→HINDER→SUICIDAL TENDENCIES→MOTORHEAD→A7X→THE OFFSPRING

SUMMER SONIC 07 ~Set List~
1. Beast and the Harlot 2. Burn it Down 3. Unholy Confessions 4. Chapter Four 5. Seize the Day 6. Trashed And Scattered 7. Almost Easy(New Song) 8. I Won't See You Tonight Part 1 9. Bat Country



◎2008年
#1 ~AVENGED SEVENFOLD(4th album) TOUR~

1月6日(日) 東京 新木場STUDIO COAST 8日(火) 愛知 名古屋Club Diamond Hall 9日(水) 大阪 なんばHATCH 11日(金) 神奈川 横浜 BLITZ

二度のフェスティバル出演を経て、遂に単独公演実現。2007年10月に発売したセルフタイトルアルバムは全米チャート4位を記録。これもまた後にゴールド・ディスクとなる。現在も高い人気を誇るアルバムだ。

が、この時点で既に多数の人気曲を持っていたにも関わらずこのツアーでのショウはたった70分、曲数は11曲というこのバンドとしては破格の短さで物足りないという声が相次いだ。彼らのショウは少しずつ長くなってはいるが現在も彼らにしてはまだまだ短いことが多い。

JAPAN TOUR 2008 ~Set List~
1. Critical Acclaim 2. Remenissions 3. Beast And The Harlot 4. Burn It Down 5. Afterlife 6. I Won't See You Tonight Part 1 7. Almost Easy 8. Scream 9. Bat Country ~encore~ 10. Seize The Day 11. Unholy Confessions



#2 ~LOUD PARK 08 & EXTRA SHOW~
10月15日(水) 大阪 なんばHATCH 16日(木) 愛知 名古屋Club Diamond Hall LOUD PARK 08出演 18日(土) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ AVENGED SEVENFOLD vs BULLET FOR MY VALENTINE SPECIAL GIG 20日(月) 東京 新木場STUDIO COAST

A7Xが年に二度来日。今となっては貴重だ。
この年のラウドパークはエクストラ・ショウが非常に充実しており、A7Xもふんだんに実施してくれた。中でもA7Xとは別の日にラウパに出演したBULLET FOR MY VALENTINEとの対バンが大きな話題となった。海外ではこの2バンドはよく一緒にツアーを行っていたが、日本でこの組み合わせが実現したのはこのときだけである。

ラウドパークのショウではただでさえ高い人気の彼らに、動員力抜群のヘッドライナーのSLIPKNOTが後に控えるという追い風が加わったおかげで異常なほど多くの客がアリーナに密集した。

A7Xが出演したラウドパーク08の全出演者・出演順は以下の通り
HEAD PHONES PRESIDENT→SECRET WHISPER→AIRBOURNE→APOCALYPTICA→OBITUARY→MESSHUGAH →DRAGONFORCE→SONATA ARCTICA→CARCASS→A7X→DOWN→SLIPKNOT

LOUD PARK 08 ~Set List~
1. Critical Acclaim 2. Afterlife 3. Beast And The Harlot 4. Scream 5. Unholy Confessions 6. Synyster Gates solo~Band Jam 7. Bat Country 8. Gunslinger 9. Almost Easy



◎2010年
~LOUD PARK 10~

10月16日(土) 兵庫 神戸ワールド記念ホール 17日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ

この2010年はまさにA7X Yearだった。2009年12月28日にTHE REV逝去。年が明けてDREAM THEATERのマイク・ポートノイがレヴに代わってA7Xのサポートに加わる。そのポートノイもこの年にDREAM THEATERを脱退。彼と共にレコーディングして2010年7月に発売した5thアルバム『NIGHTMARE』はA7X史上初めて全米チャート1位を獲得・・・
にっちもさっちもA7Xの話題だらけ。驚異的な人気を見せつけられた。

この年のラウドパークは少し規模を縮小した関西版を神戸で実施。本家ラウパ日曜出演者の中からA7Xを含む7組+1組神戸限定でLOUDNESSが出演した。

ちなみに最初のラインナップ発表時にはA7Xはサード・ビルでMOTORHEADが準トリだったが、全米1位という業績のおかげか途中で埼玉会場ではMOTORHEADと順番が入れ替わって準トリとなった。神戸版ではそのまま。そんなわけで埼玉版ラウパと神戸版ラウパではA7Xの演奏曲数が1曲違う。(神戸版ではUnholy Confessionsが演奏されていない)

A7Xが出演したラウドパーク10の全出演者・出演順は以下の通り
3 INCHES OF BLOOD→TRASH TALK→RECKLESS LOVE→HALESTORM→TURISAS→ALEXISONFIRE→KUNI→SPIRITUAL BEGGARS→ANGRA→MOTORHEAD→A7X→OZZY OSBOURNE

LOUD PARK 10 Tokyo ~Set List~
1. Nightmare 2. Critical Acclaim 3. Welcome To The Family 4. Beast and the Harlot 5. Buried Alive 6. So Far Away 7. Afterlife 8. God Hates Us 9. Unholy Confessions 10. Almost Easy



◎2012年
~NIGHTMARE TOUR~

4月14日(土) 神奈川 川崎 CLUB CITTA' 16日(月) 東京 ZEPP TOKYO 18日(水) 名古屋Club Diamond Hall 19日(木) 大阪 なんばHATCH

『NIGHTMARE』ツアーの単独公演。ドラマーはマイク・ポートノイ(2010年末にサポート終了)から現ドラマーのエレン・イラヘイ(2011年に加入。ただし当時はまだサポートメンバー)に交代。
この頃になるとA7Xはもう単なる人気バンドではなく、シーンを代表する大物バンドの地位を確立してきていた。
なのでこの日本ツアーで是非とも海外で使われてるプロダクションを日本に持ってくることを期待した。

・・・が、残念ながらそれは叶わず。持ってきたのはラウドパーク10と全く同じセット(NIGHTMAREのジャケット、レヴとの円陣、屋敷の絵、の3枚のバックドロップ)だった。ショウもラウドパーク10の拡大版といった感じとなった。

a7x2012japan


ちなみに来日前には演奏してほしい曲リクエスト・ランキングを実施していたが1番人気は“A Little Piece Of Heaven”だった。日本では一度しか演奏されたことのなかった(2008年のBFMVとの対バンのとき)曲だが、リクエスト1位ということでこの日本ツアーでは全公演で演奏された。他にも“M.I.A”の人気も高かったのだが長尺ナンバー同士A Little~と共存するのが無理なのか、全く演奏されることはなかった。

JAPAN TOUR 2012 Osaka ~Set List~
1. Nightmare 2. Critical Accraim 3. Welcome To The Family 4. Chapter Four 5. Buried Alive 6. So Far Away  7. Afterlife 8. Beast And The Harlot 9. A Little Piece Of Heaven 10. Second Heartbeat ~encore~ 11. Fiction  12. Unholy Confessions(+Crossroads riff)

この大阪公演では本編締めにシャドウズが“Bat Country”と“Second Heartbeat”のどちらを演奏してほしいかを客に決めさせていた。が、どちらも非常に人気が高く両方やってほしいとの声も多く上がった。
又、この日本ツアーはセットリストが日によって替わり、他の公演では“Almost Easy”、“God Hates Us”も演奏してある。



以上が現在までのA7X来日記録である。

サマーソニック2014はどうなるか。既にA7Xは『HAIL TO THE KING』をリリースしてから多数のショウをこなしている。

ではどんなショウをやっているのか?その中から最も長時間のショウのセットリストを抜粋。

DOWNLOAD FESTIVAL 2014 (110 minutes) 6月13日(金) ~Set List~
1. Shepherd of Fire 2. Critical Acclaim 3. Bat Country 4. Hail to the King 5. Burn It Down 6. Buried Alive 7. So Far Away 8. Nightmare 9. Second Heartbeat 10. This Means War 11. Guitar Solo 12. Afterlife 13. Beast and the Harlot ~Encore 1~ 14. Seize the Day 15. Almost Easy ~Encore 2~ 16. A Little Piece of Heaven 17. Unholy Confessions

彼らがヘッドライナーを務めた英国レスターシャーの超大型フェス、“ダウンロード・フェスティバル”ではこんなセットリストだった。持ち時間110分ということで大ボリュームの内容である。

これだけの曲を堪能できたらそれはもう大満足だろうが残念ながらサマソニ2014での彼らの持ち時間は80分である。この中から5,6曲ほど省かれるであろう。


ちなみにサマソニ出演後、A7Xは次なるアルバムの製作に取り掛かる気でいるとのこと。アルバムを作りつつ、そのアルバム発売前にもう一度日本公演を行ってくれることを望む。彼らのショウは何度見ても楽しめる。これまで通りアルバム1枚発売につき二度以上来日してほしい。ファンなら誰もがそう思ってるであろう。

ともかくまずは見事にメタル王の地位を確立できたA7Xのサマーソニックのショウを楽しもう!日本のフェスティバルでトリを務めるのは今回が初となるが、既に世界中の幾多のフェスでヘッドライナーを務めてる彼らなので間違いなくトリにふさわしい貫禄のショウを見せてくれるであろう!聞くところによるとこのダウンロードフェスで使った特大セットをサマソニに持ってくる気でいるとのこと。果たして実際に持ってこれるのか、期待がかかる!


SUMMER SONIC 2014 AVENGED SEVENFOLD出演日
2014年8月16日() 東京会場:MOUNTAIN STAGE
登場時刻:20時00分から20時30分予定に変更 持ち時間:80分予定
2014年8月17日() 大阪会場:MOUNTAIN STAGE
登場時刻:19時25分予定 持ち時間:80分予定
ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play