LOUD PARKが無くなって2年・・・どうすればLOUD PARKが復活できるか考えてみた 後編

[Category:Feature / PickUp・Artist: LOUD PARK ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]


 

↓YOUTUBE VER

◆前編LINK

やはり日本にはLOUD PARKが無くては困る。なんとしてでも復活してほしい。だが現状を考えれば無理があるのは明らか。今までと同じやり方ではいざもう一度LOUD PARKをやってもうまくいかないのは目に見えている。

というわけで前編で書き綴ったことを踏まえ、リベラルな思想で時代の流れ、現状に見合った新生LOUD PARKを個人的ながら考えてみた。

◆ヘッドライナー枠
候補:B’z、X JAPAN、BABYMETAL、聖飢魔Ⅱ(期間限定再集結したときは)

japanesebig4

日本のハードロック/ヘヴィメタル(以下HR/HM)のフェスなのだから外タレよりもこれらのような日本のHR/HMのトップに立つアーティストこそLOUD PARKのヘッドライナーにふさわしい。言わばこの4組は日本のHR/HMのBIG4とも呼べる存在だ。SUMMER SONIC 2019に続いてLOUD PARKも日本人ヘッドライナーをやるべきだと思う。

動員力はピカイチ。これらのアーティストが出てもらえればまあチケットは確実に売れるであろう。寧ろさいたまスーパーアリーナではキャパ不足になりそうなぐらいだ。
そうすれば後の課題は“いかにフェス地蔵を発生させないか”となる。非メタラーのファンを多く持つアーティスト、ここからいかに日本人メタルファンを築き上げていくかが勝負だ。

◆何故か一度もLOUD PARKに出なかった人達
候補:SEX MACHINEGUNS、SHOW-YA、筋肉少女帯、人間椅子 など
12回も行っていながらどうして一度もLOUD PARKに出なかったのか不思議でならないアーティストが多くいる。外タレにも多くいるが外タレは世界中をツアーして回るのでスケジュールの都合がつきづらいということでまだ納得できる。
が、国内アーティストは納得がいかない。12年間もやっていれば一度は都合がつくと思うのだが。出ない理由があるのかどうかはわからないがとにかく上記の人達は是非とも一度はLOUD PARKに出るべきだったと思う。

◆偏見を持たれ叩かれている人こそ必要
ヴィジュアル系全般、ヘヴィ路線のアイドル全般、HYDE、マキシマム ザ ホルモン など

今まで偏見で「メタルじゃない」「コイツらは場違い」と叩かれて蚊帳の外にされてきた人達こそ今の日本のメタル界に必要な人材だと思う。世界的にはメタルの人達として見られていたりするし動員力も高かったりする。これらのアーティストだってメタルの入り口になりうるだろう。気に入るか否かは別としてメタルフェスに出るのに適任であることは確か。これらを排除してしまうのはメタルの入り口を潰すことに等しい。
LOUD PARKをやっていた頃はこういう人達を外敵だと勝手に見なして排他的になるのが正義となっていたが、偏見を持つことが正義だなんてそんなの絶対おかしいよとつくづく思う。

思いっきりヘヴィでエクストリームな音楽をやっていて海外でもかなりの成果を上げていたにも関わらずヴィジュアル系の肩書きだけで偏見を持たれてLOUD PARKの客に嫌われていたDIR EN GREYなんかはその好例。
WELCOME TO ROCKVILLEやEPICENTER FESTIVALといった海外のメタルフェスに出た実績があるHYDEなんかも良い。L'Arc〜en〜Cielのイメージしか無い状態で彼のソロをチェックした人はヘヴィな音楽性に中々意表を突かれた気持ちになるであろう。BRING ME THE HORIZONの前座をやるのも納得。


◆メタル界以外のメタル
日本のバンドを出すべしというとBURRN!誌なんかによく載ってるバンドや邦ロックフェスなんかによく出てるバンドを思い浮かべるだろうがそれ以外にもいっぱいいる。
以外なところから出ているヘヴィメタルなんかも是非注目すべし。ヘヴィメタルとはヘヴィメタルの世界から生まれるとは限らない。

ふなっしー、カパル、にゃんごすたー、アックマといったご当地キャラからなるバンド、CHARAMELは可愛い見た目とは裏腹にメタル愛溢れる音楽をやっているし、そのファン達も何かと勉強熱心だったりする(例えばふなっしーがオジー・オズボーンが好きだと言えばふなっしーのファン達はオジーをしっかりチェックしたりする)。

アニメ界隈も凄い。喜多村英梨、GRANRODEO、Linked Horizon、DUAL ALTER WORLD、「ラブライブ!サンシャイン!!」のSaint Snow、「アイドルマスターシャイニーカラーズ」のアンティーカ、「BandDream!」のRoselia、RAISE A SUILENなどといった人達がメタル路線の曲をやっている。

メタル好きはアニメ・ゲーム好きも兼ねていることが多いのでこういう人達が出たらまた大きく盛り上がるであろう。日本のアニメ文化はワールドワイドな人気を誇る。日本のイベントながらワールドワイドなイベントでもあるLOUD PARKにこの手のアーティストはピッタリだ。メタルとアニメは相性が良い。日本はアニメのファンベースの大きさは絶大だしこういった人達の力が是非とも欲しい。

どこの界隈のアーティストであろうとヘヴィで実力がある人はガンガンこちらメタル界にやってきていただきたい。余所からのファンをいっぱいメタル界に引き連れてきてくれるのはメタル好きからしてもありがたいことなので。

~外タレはこんな感じが良いのでは?~
日本人の力を目一杯使うよう主張しているが勿論外タレも非常に重要であることも変わりない。洋邦の連携プレーが大事だ。

◆将来のヘッドライナー枠
候補:SABATON、BRING ME THE HORIZON、FIVE FINGER DEATH PUNCH、GHOST、VOLBEAT、GRETA VAN FLEET、PARKWAY DRIVE、WITHIN TEMPTATION など

他の国だと既に準ヘッドライナー級ぐらい、ところによってはもうヘッドライナーをやり始めてるグングン出世する人達。
まだヘッドライナーじゃなくても出てもらえるうちに出てもらわないといけない。
一番ダメなのは日本での人気が伸びないまま、どこの国のフェスでも絶対ヘッドライナーじゃないと出ないほど出世してしまうRAMMSTEINやSYSTEM OF A DOWNみたいなパターン。他の国では超大物扱いで日本だけ小物扱いではまあ来日することは無いだろう。そしてフェスのヘッドライナー候補が消え、フェスの継続が危うくなる。
上記の日本人ヘッドライナー枠の一つ前辺りのポジションに置くの良いだろう。それでライブをやれば人気が上がって次回以降は彼らがヘッドライナーをできるほどに出世してメタルフェスのヘッドライナー不足問題を解消できる。

◆呼びやすそうな外タレ枠
候補:ARCH ENEMY、CHILDREN OF BODOM、DRAGONFORCE、TRIVIUM、NAPALM DEATH、ANTHRAX、TESTAMENT、AMARANTHE、CHTHONIC、ANVILなど

この辺りは日本でも安定した人気・動員力を持つ外タレ達。ギャラの高さと日本での動員力がちゃんと一致してるためか来日頻度が高い。コストパフォーマンスの良い安心して呼べる人達。

◆滅多に来日しないレア枠
ROB ZOMBIE、BLACK VEIL BRIDES、DISTURBED、MICHAEL ANGELO、THREE DAYS GRACE、ALICE IN CHAINS、MOTIONLESS IN WHITE、GODSMACKなど
馴染み深い人達だけでなくマニア心をくすぐるようなアーティストも願わくば一組は欲しい。DOWNLOAD FESTIVAL JAPAN 2019でいえばGHOST(このときまだ二回目の来日で5年ぶりの来日だった)、LOUD PARK 17でいえばALICE COOPER(このとき9年ぶりの来日だった)ような感じ。滅多に来日しない、長いこと来日していない、日本人からしたら珍しい、日本でもっと評価されるべき外タレ。

◆初来日枠
AVATAR、BREAKING BENJAMIN、BAD WOLVES、POWERWOLF、GLORYHAMMER、SEETHERなど
まだ一度も来日公演を行っていない、これから日本でもしっかり育てていきたい外タレ。
SABATON、OPETH、LAMB OF GOD、ALL THAT REMAINSなんかはLOUD PARK出演が初来日公演で以降、幾度も来日するようになった。こうなるアーティストをどんどん増やしていかねばならない。

◆お友達つながり

親交あるアーティスト達。X JAPANが出るならMARILYN MANSON、B’zが出るならSLASHなどなど。そのライブに飛び入り参加して盛り上げるなんてこともあってほしい。それでまた輪が広がるってものだ。


~経営者目線で考えた妄想LOUD PARKラインナップ~
上述のことを踏まえてラインナップを考えてみる。
意識することまとめ↓
・チケットを確実に完売させ経済を回す
・外タレはコスパが悪いので日本国内アーティストを多めに
・古参客と新規客の両方を喜ばせるのは厳しいので新規客獲得を優先
・非メタラー客が将来ガチメタラーになれるよう育成

私情より経営を成功させることを意識した、経営者になったつもりで考えてみた計算ずくのラインナップがこちら

パターン1

1

B’zをヘッドライナーにした場合。トリ前はB’zのお友達、共に曲を作ったりサマソニでも飛び入りしたりした仲のGUNS N’ ROSESのSLASH。AEROSMITHのJOE PERRYがいるHOLLYWOOD VAMPIRESがやるのも良いだろう。その前のポジションにはB’zがサマソニ2019に来て欲しがっていたという理由でGRETA VAN FLEETを。そしてB’zと縁のあるLOUDNESSにB'z愛溢れる半分日本人ギタリストMARTY FRIEDMAN。
DRAGONFORCEといったLOUD PARKでお馴染みのバンドも欠かせない。更にそこからDRAGONFORCEと縁のあるGYZE・・・と、どんどん輪を広げていくという。

パターン2

2

X JAPANをヘッドライナーにした場合。「ヴィジュアル系だって立派なメタル」と言わんばかりのラインナップ。
X JAPANの隣にMARILYN MANSON、DIR EN GREYの隣にTRIVIUM、HYDEの隣にMOTIONLESS IN WHITEと親交あるアーティストを配置。DRAGONLANDを入れてあるのはRusty Nailをカバーしてるから。
他、EPICA、Linked Horizon、HYDE、X JAPANと進撃の巨人つながりにもしてみたり。

パターン3

3

BABYMETALをヘッドライナーにした場合。メタルアイドルに始まり(BROKEN BY THE SCREAM)メタルアイドルに終わる1日。
数多くの世界的アーティストに好意を持たれているBABYMETAL、その前はBRING ME THE HORIZONが最適任か。SABATONやROB ZOMBIEがこのポジションをやるのも良いだろう。
その前にはLOUD PARKといえばこのバンド、ARCH ENEMYを置いているがCHILDREN OF BODOMやANTHRAXでも良い。
他、アニメ界隈からたっぷり抜擢。それらのアーティストが好きなアーティストも入れてみたり。小岩井ことり(DUAL ALTER WORLD)→PRIMAL FEARが好き 喜多村英梨→DELAINが好き 工藤晴香(Roselia)→BRING ME THE HORIZONが好き
これでMCをメタル好き声優すみぺ(上坂すみれ)、へごちん(大橋彩香)がやれば尚理想的。

パターン4

4

5年1度のチャンス、聖飢魔Ⅱをヘッドライナーにした場合。GHOSTをその前に置いてあるのはスウェーデン版聖飢魔Ⅱと評されたりするから。
全体的にバラエティー番組を観てるかのような感じになりそうなラインナップ。外タレは日本のテレビ番組でも取り上げられし人達というのがポイント。1秒曲You Sufferでファン以外にもしっかりアピールできるNAPALM DEATH、遅咲きメタルバンドとしてドキュメンタリー映画をヒットさせたANVIL。DRAGONFORCEやTURISASなんかも良いだろう。

経営を確実に成功させ、シーンの活性化を図ろうものなら大体こんな感じのラインナップにした方が良いんじゃないだろうか。

そしてこんなラインナップでいざLOUD PARKを復活させたらどんな反応が来るだろうか?
きっとかつてDIR EN GREYやBABYMETALとかがLOUD PARK出るのに散々文句言っていたような昔ながら排他的な洋楽主義古参メタラーからすれば全く行く気が起こらない酷すぎるラインナップだろう。「これなら永遠に復活しない方が良かった」とか言いそうだ。

一方それと引き換えに今までメタルフェスとは縁が無かった新規客大量導入を見込める。そこから新たなメタルヘッズを育成することとなる。
次に育つ世代のメタルヘッズは「メタルとは洋楽であるべき」とか「80年代こそ至高」とかいった固定観念に囚われない自由な思考回路を持つ柔軟性ある人にしなくては。固定観念に囚われるとどれだけ悪いことが起こるかは歴史が証明しているのだから。

もしこの妄想が現実となれば完全に日本のメタルシーン新時代の幕開けとなるであろう。時代の流れにそった世代交代を図りしLOUD PARK 2世といった感じになりそうだ。
こういうのを続けていけばそのうち次にヘッドライナーを務められる人材なんかも自然と育っていき、特に意識せずともイベントの継続が可能となるはず。

この先、LOUD PARKが復活できる日が来るかどうかは全くわからない。ただ少なくとも復活してほしければ日頃の行いが良くないといけないのはハッキリしている。何事も日々の努力の積み重ねが良い結果につながる。自分はLOUD PARKが復活することを諦めずに努力し続けたい。


◆METAL JAPAN WEB COMIC

メタル生徒会長




   


 

 
 

Artist Information

LOUD PARK

『ラウドパーク』 
音楽イベント。2006年から毎年10月にクリエイティブマン主催で行われる日本のハードロック/ヘヴィメタル系フェスティバル。通称『ラウパ』。同ジャンルのフェスとしては国内最大規模。