SUMMER SONIC 2019 TOKYO Day-1 REPORT

[Category:Live/Event Report・Artist: SUMMER SONIC / B'z / MICHAEL MONROE / THE STRUTS ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]


 

日本が誇る夏のビッグイベント、フェスティバルSUMMER SONIC。2000年より始まったこのサマソニ、今回の2019年度を以て開催20回目となる。いつもは2日間開催のフェスだがこの節目を記念して2009年度のときと同様に3日間開催となった。

こちらでは8月16日(金)と17日(土)の東京会場(千葉・幕張)の模様をお届け。ハードロック、ヘヴィメタル、ラウド系の出演アーティストのレポートを書き綴る。

↓VLOG

まず開催前日の8月15日(木)。この日は酷いことに台風10号が西日本に上陸。翌日の16日(金)に渡って天気が非常に荒れた。この影響で大阪会場のサマソニは壊滅的な被害を受け、ステージがいつまで経っても設営できず、ZEBRAHEADなど昼までの出演アーティストの多くがライブ取りやめを強いられた。
この台風10号は範囲も非常に広く、西日本だけに留まるかと思いきや幕張会場も強風が吹き荒れ、16日(金)の幕張サマソニはBEACH STAGEでのライブが全て中止。メインステージ最後に打ち上げる予定だった花火も打ち上げ無しとなった。
まあとにかく酷い天災でサマソニ史上最悪のトラブルとも言えるのではないかとぐらいの事態だった。それでもサマソニスタッフは最善を尽くそうと努力してくれていたのではなかろうか。頑張ってくれていた運営の方々にまず感謝したい。

さて、集客面が残念過ぎる結果だった前年2018年度とは正反対にチケット全日程SOLDOUTで大入りの集客となった2019年度。台風の件を除けば運営はウハウハだったんじゃないかと。
それでは令和初となるサマソニ、幕張Day-1のライブレポを。

THE STRUTS
幕張DAY-1、ZOZOマリンスタジアムのメインステージ、MARINE STAGEのトップバッターは英国の若きロックバンドのストラッツ。MCのサッシャの挨拶・説明を終えて名前を高らかに読み上げられ登場。2017年にもサマソニに出演したがそのときと全く同じポジション。
このとき外は台風で強風が吹き荒れているがマリンスタジアムの中は風の勢いが軽減され、尚且つ雨は降っておらず曇り空で日差しは弱い。なんとも居心地が良い、かなり快適にいられる環境だった。そういうこともあってかフロアは半分以上客が埋まっている。今年はチケットがSOLDOUTしているということもあるだろう。トップバッターとしては客の集まりはかなり良い。
昨年彼らは2ndアルバム「Young & Dangerous」をリリース。そのツアーでやって来たわけだが期待の若手として見られている彼らは引き続き順調に人気を上げている模様。昔ながらのロックにフロア全体が良い感じにノッている。みんな彼らの煽りにしっかり反応していて、まだ彼らのことを知らないであろう客も引き込んでいるのがわかる。
今回のサマソニ、近年の状況を踏まえてか邦楽出演者がより一層多くされているのだがこういうライブを観たらまだまだ洋楽だってやっていけるのではないかと、トップバッターの外タレバンドでこれだけよく盛り上がるのだから・・・そう思えた内容であった。
~SETLIST~
01Primadonna Like Me
02 Body Talks
03 Kiss This
04 Fire (Part 1)
05 Dancing in the Street (Martha Reeves and The Vandellas cover)
06 Where Did She Go
07 Could Have Been Me


それから幕張メッセの方でMOUNTAIN STAGEのBiSH、RAINBOW STAGEのPassCodeを観賞。ラウドでヘヴィなアイドルも今やすっかり普通のものとなったなぁ・・・といった印象を受けた。合間にMARINE STAGEのALEXANDROSも観賞。どれも皆フロアにしっかり客を集め盛り上がった。

MICHAEL MONROE
過去にソロでもHANOI ROCKSでもサマソニに出演していたマイケル・モンロー、RAINBOW STAGE終盤に登場。この時間帯だとどこのステージもより一層激しい客の取り合いとなっているため先ほどこのステージに出ていたPassCodeの様にフロアがギッシリ埋まることはなかったがまあそれなりには人は集まってはいる。
これまた愉快なノリの楽しいロックンロールで古典的ながらサマソニらしいエネルギッシュな空気となっている。若い子、小さい子もノッていたり。
モンローはペンライトを振りかざして登場したり、客席に飛び込んだり57歳ながら若々しさを感じられる元気っぷり。今の若い子にもアプローチできるんじゃないかと思えるライブを披露した。
~SETLIST~
01 One Man Gang
02 Last Train To Tokyo
03 Soul Surrender
04 Old King's Road
05 '78
06 Ballad of the Lower East Side
07 Don't You Ever Leave Me (Hanoi Rocks song)
08 Nothin's Alright (Demolition 23. song)
09 Hammersmith Palais (Demolition 23. song)
10 Malibu Beach Nightmare (Hanoi Rocks song)
11 Up Around the Bend (Creedence Clearwater Revival cover)
12 Dead, Jail or Rock 'n' Roll


その後にこのステージに控えるLOUDNESSを是非とも観たかったがB’zで入場規制がかかることを恐れてマイケル・モンロー終演と同時にマリンスタジアムの方へ移動した。実に辛い判断であった。ハードロック/ヘヴィメタル愛好家としてはLOUDNESSとB’zを被せるなんて嫌がらせじゃないかよと(苦笑)
案の定マリンスタジアム、MARINE STAGEは人でギッシリ。B’zの一つ前、2ndヘッドライナーのTHE 1975も良い具合に盛り上がっていた。




B’z


開催20回目記念のサマソニでは是非これまでやってこなかった日本人アーティストをヘッドライナーに起用、そしてそのアーティストは日本の音楽界の頂点に君臨するスーパースターB’z。日本人なら誰もが知るアーティストのライブに大勢の観客が集結。マリンスタジアムは超満員で立ち見する人も多い。
MCサッシャの挨拶終えて堂々と登場。ヘッドライナーということで演出も凝っていてライブ開始と同時にステージにフラッグが飾られたり、巨大スクリーンでの演出も多数。松本孝弘が雷(スクリーンのCG)に撃たれながらギターを弾いたりする辺りが特に印象深かった。
バンドメンバー達もカリスマの集まりだったし曲のパワーの改めて聴くと凄まじい。「ultra Soul」での大合唱。「マジェスティック」と「裸足の女神」前半のアコースティック演奏で起こった大観衆によるスマホのライト点灯。稲葉浩志はそれに思わず「蛍かと思った」とぼやき笑いを誘ったりした。
今年彼らは21stアルバム「NEW LOVE」を発売。セットリストはそれと近年のアルバムの曲が多めとなった。
フェスティバルでのライブはライトファンも多く観に来てるので是非ともそういう人たちにアプローチできる様な知名度の高い曲がもっと欲しかったか。「LOVE PHANTOM」とかやったら凄く効果的だったろうし、この日は綺麗な満月が出ていたので「今夜月の見える丘に」なんかやったら見事に映える光景が出来上がっていただろうに。
まあ彼らの様なレパートリーが物凄く多いアーティストはセットリストの面で不完全燃焼を起こしてしまうのはどうしても避けられない。次なる機会を待つしかない。
まあとにかく日本最強のアーティストの貫禄をしっかり見せつけてくれる内容だった。初めてのサマソニ日本人ヘッドライナーの歴史的一夜、この場に居合わせて良かったとこの先何年も思えることであろう。
~SETLIST~
01 RED
02 声明
03 WOLF
04 トワニワカク
05 有頂天
06 ultra soul
07 マジェスティック
08 裸足の女神
09 イチブトゼンブ
10 Still Alive
11 デウス
12 兵、走る
13 juice
14 さまよえる蒼い弾丸


Day-2 Report Link


◆METAL JAPAN WEB COMIC

メタル生徒会長




   


 







 
 

Artist Information

SUMMER SONIC

『サマーソニック』 
音楽イベント。2000年から毎年8月にクリエイティブマン主催で行われる日本のフェスティバル。通称『サマソニ』。出演アーティストのジャンルは不問。夏フェスの代表格で音楽フェスとしては国内最大級の規模を誇る。

B'z

『ビーズ』 
東京都出身。1988年結成。

MICHAEL MONROE

『マイケル・モンロー』 
本名: Matti Fagerholm (マティ・ファーゲルホルム)。1962年6月17日生まれ。フィンランド・ヘルシンキ出身。元HANOI ROCKSのヴォーカリスト。ソロバンドで活動中。

THE STRUTS

『ザ・ストラッツ』 
英国・ダービー出身。2009年結成。

 

Artist Archive

Feature / PickUp

METAL JAPAN STAFFが楽しみにしてるSUMMER SONIC 2019出演アーティストTOP3
フェスティバル用語集
SUMMER SONIC 2018 HR/HMファン必見アーティスト
21世紀のハードロック/ヘヴィメタル名バラード集
ロックフェスの深刻なヘッドライナー不足!窮地を救うのは?
メロディーは知っていても誰のなんという曲か知らないことが多いロック曲集
洋楽なのか邦楽なのかややこしいアーティスト
1998年のハードロック/ヘヴィメタルの名曲集
似てるとよく言われるハードロック/ヘヴィメタル曲PART3
似てるとよく言われるハードロック/ヘヴィメタル曲PART2

Live/Event Report

SUMMER SONIC 2019 TOKYO Day-2 REPORT
SUMMER SONIC 2019 TOKYO Day-1 REPORT
SUMMER SONIC大阪特別展Report #サマソニ
SUMMER SONIC 2018 in TOKYO Live Report 後編
SUMMER SONIC 2018 in TOKYO Live Report 前編
SUMMER SONIC 2018 Report(MASTODON,BFMV,NIN)
SUMMER SONIC 2018 Report(MIKE SHINODA,ONE OK ROCK,NICKELBACK)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅲ (MWAM,BABYMETAL,FOO FIGHTERS)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅱ (BAND-MAID,ROYAL BLOOD,ホルモン)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅰ(STRUTS,INABA/SALAS,GRANRODEO)

Live/Event Info.

SUMMER SONIC 2019 #サマソニ
SUMMER SONIC 2018
SONICMANIA 2018 (NINE INCH NAILS etc)
QUEENS OF THE STONE AGE Live in Tokyo 2018(SUMMER SONIC EXTRA)
B'z LIVE-GYM 2017-2018
MICHAEL MONROE Japan Tour 2017
SUMMER SONIC 2017
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO
THE STRUTS Japan Tour 2017
SUMMER SONIC 2016(8/20・21)