ANGRA『Angels Cry』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: ANGRA ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]


 

Rest.In.Peace. Andre Matos



2019年6月8日、ブラジルが誇るメタルシンガー、アンドレ・マトスが突如亡くなった。享年47歳。


ここで彼のキャリアを語る上で最も欠かせない作品、ANGRAの1stアルバム『Angels Cry』を取り上げる。

Angels Cry エンジェルズ・クライ 
ANGRA アングラ 
1993年11月3日発売

- TRACK LIST -
1. Unfinished Allegro
2. Carry On
3. Time
4. Angels Cry
5. Stand Away
6. Never Understand
7. Wuthering Heights (Kate Bush cover)
8. Streets Of Tomorrow
9. Evil Warning
10. Lasting Child

~PERSONNEL~
André Matos – lead vocals, keyboards, piano
Kiko Loureiro – lead and rhythm guitars
Rafael Bittencourt – rhythm and lead guitars
Luís Mariutti - bass guitar


~REVIEW~
パワーメタル、メロディックスピードメタルのお手本的アルバムの一作。「Unfinished Allegro」からの壮大なキラーチューン「Carry On」の流れは芸術的でこの手の音楽をやる人なら絶対に参考にせずにはいられない。その他、タイトルトラックや「Evil Warning」も立派なキラーチューン。
そして「嵐が丘」のカバーには聴いた人誰もがニヤリとされたことであろう。
凄まじい演奏力を誇る楽器隊にアンドレ・マトスの世界でも随一の魅惑のハイトーンボーカルが輝きまくる。このハイトーンがメタルが好きな人なら一度聴いたらマネせずにはいられない。そしてマネしてみて9割の人が挫折を覚えるのはお約束。演奏力、歌唱力、作曲力、全てが最強、パワーメタル界奇跡の一品。

~VIDEOS~




   


 

 
 

Artist Information

ANGRA

『アングラ』 
ブラジル・サンパウロ出身。1991年結成。