BABYMETAL & SABATON Live Report (Oct 30 2018 Kobe)

[Category:Live/Event Report・Artist: BABYMETAL / SABATON ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]

SOUTH OF HEAVEN - Ethereal Distortion [SOUTH OF HEAVEN]
METAL JAPAN 価格 : ¥1,512 (税込)



 

我が日本が誇るBABYMETALが2018年10月に千葉、埼玉、神戸を回る日本ツアー実施!!
今回は日本国外のアーティストをゲストに招いての日本公演。BABYMETALがヘッドライナーの日本公演で外タレが呼ばれるのは今回のツアーが初めてだ。
それでGALACTIC EMPIRESABATONの2組がこのライブのために来日。公演によって出るのがGALACTIC EMPIREのみ、SABATONのみ、両方共出演、となった。
こちらではSABATONがゲストアクトを務めた10月30日(火) 兵庫・神戸ワールド記念ホールの公演の模様をお届けする。

時期や使ってる会場、出演アーティストからして、まるで今年は開催無しとなったLOUD PARKの代替みたいな感じになった今回のBABYMETALの日本ツアー。結論から言って大大大盛況であった。
BABYMETALがブレイクしてから随分と年月が経つが今もBABYMETALの勢いは止まらない。このツアーも全公演、当然の結果と言わんばかりに前売りチケットは即完売。見切れ席も売り出す始末。
明らかにLOUD PARKよりも調子が良い。神戸の公演ですら去年のLOUD PARKよりも客数が多いんじゃないかと思えるほど会場全体が人でギッシリ、満員御礼だった。

~SABATON Live Report~

この半年ほど前にAMON AMARTHと共に日本ツアーを行ったスウェーデンのSABATONが再来日。結成から初来日までが長かった彼らだが一度来日すれば頻繁にやって来る。彼らを目当てに来る客も少なくなかった。LOUD PARKで来たときもそうだったが日本でのファン開拓が本当にうまくいっているなあと思えた。
それにしても北欧メタルの頂点の座に君臨するバンドを前座に置くとは。BABYMETALはまたしても少し前まで考えられなかったことを成し遂げ、また一つ常識を覆してくれた。

◆ヘッドライナーかと思ってしまう貫禄のショウ!

北欧ではスーパースターでやってる音楽が「進撃の巨人」なんかを彷彿させる壮大なスケールなものなので貫禄抜群。お得意の戦車のセットやパイロは無く、小さめのスクリーンを貼っているだけだったがそれだけでも迫力十分だった。
3曲目の「Swedish Pagans」の大合唱がまた痛快。この時点で彼らがメインアクトという気さえしてきた。この後にBABYMETALが控えていることをすっかり忘れてしまいそうなほど。やはりSABATONのパワーは凄い。
日本語での「バカ!」のやり取りも今やすっかりお馴染み。ただ出演時間は45分ほどしかないので色々とはしょって手短にしているが、前座としては贅沢なライブで彼らのライブだけでもお腹いっぱいな気分になれた。
この後にBABYMETALが出てくることを告げて「To Hell And Back」を演奏して終了。なんか手拍子や拍手することが多くて手を痛くなってしまうのだった。

◆BABYMETALを味方につけた者が勝つ!

このライブで大きく感心するのがBABYMETALのファンがみんなSABATONもしっかり観ていて尚且つ大歓迎していること。SABATONにもガンガン熱い声援を送っている。「サーバートン!!サーバートン!」と盛大なSABATONコールまで起きた。
「前座なんていらねえ~」と退屈そうにしている、俗に言う“地蔵”なんて全くと言って良いほど見当たらない。こういう点がBABYMETALのファン、モッシュッシュメイトの誇らしいところだ。外タレとコラボする邦楽アーティストは他にもよくいるが大抵どれもコラボしてる外タレにファンにはあまり関心を持ってもらえなかったりするがBABYMETALの場合はその逆。SABATONも幕張と埼玉公演に出たGALACTIC EMPIREも大半のメイトに興味を持ってもらえる。今回のツアーでその2バンドが日本の新規ファン開拓に大成功した。SABATONに至ってはそろそろ日本でSABATON OPEN AIRを開催できるんじゃないかと思えるほどの熱狂ぶり。北欧では頂点にいる彼らはこのライブをきっかけに日本でも頂点の座につけてしまえそうだ。

勿論これだけ盛り上がってるのはSABATONの実力によるものだが、同時にBABYMETALとジョイントすることで大きな恩恵を受けていることも間違いない。今の時代、洋楽メタルバンドが日本でファンベースを築くのに最も有効な手段がBABYMETALと組むことだと痛感。BABYMETALを味方につけるとどこまでも得をする。

他の洋楽メタルバンドもSABATONとGALACTIC EMPIREに続いてほしい。このライブを観て、これからBABYMETALの日本公演は毎回海外アーティストを前座に付ければ良いと思えた。

~SETLIST~
1. Ghost Division
2. Winged Hussars
3. Swedish Pagans
4. The Last Stand
5. Carolus Rex
6. Night Witches
7. Primo Victoria
8. Shiroyama
9. To Hell and Back



~BABYMETAL Live Report~

毎度の如く場内では有名メタルバンドの有名曲をガンガン流しているが20時を過ぎたあたりBRING ME THE HORIZONの「Drown」が流れているとき、途中で突如プツッと音楽が止まって場内暗転。唐突にBABYMETALの出番が始まった。
このツアーを行う月にYUIMETAL脱退が正式に発表され、人々が大きく悲観したがBABYMETAL自体はまだまだ進化する一方だと、今回のツアーを観て実感した。

◆最早別次元の生き物とすら思える存在感

DARK SIDEのBABYMETALはオープニングが「BABYMETAL DEATH」から「IN THE NAME OF」に代わっている。相変わらず登場の仕方が召喚の儀式って感じなのだが、DARK SIDEのBABYMETALはますますファンタジーの世界観となっている。ダンサーが5名追加されSU-METALとMOAMETALを合わせ女性陣が計7名に。ステージ中央前方にはゼルダの伝説のトライフォースみたいな形の床が置かれていてこれが上に上がったりする。
なんというか魔法の世界からはるばるやって来た様な、異世界から召喚された感じが凄い。それは以前もそうだったがDARK SIDEになってからますますそうなった。実に中二だ・・・そのうち「我が名はダークフレイムマスター!」とか「闇に呑まれよっ!」とか言いだしそうな気が。

◆もしかすると世界一盛り上がってるライブかもしれない

先ほどのSABATONも前座とは思えないほどの盛り上がりを見せたが、BABYMETALはその倍盛り上がる。今年リリースの「Distortion」が既に爆発的な盛り上がりを見せるところにまず鳥肌が立った。その後も「ギミチョコ!!」や「メギツネ」といった慣れ親しんでるナンバーは動きも歓声も強烈だ。いつものことながらサークルピットも盛んに出来ている。今回1階のオールスタンディングのエリアは5×2の全10ブロックにまで分割されていたがサークルピットをやるときに随分と狭苦しそうに見えた。4分割ぐらいにしておいた方が良かったんじゃ・・・と思ったり。
これまで色んなアーティストのライブを観てきてどれもよく盛り上がっていたが盛り上がり度は多分BABYMETALがナンバーワンだ。少なくとも筆者が今まで観てきた中、知っている中に限れば。

◆今や脱アイドル化?

2ndアルバムを発売したあたりからBABYMETALは初めの頃と比べるとだんだんアイドル色が薄まっていってる様な気がしたが、DARK SIDEはより一層アイドル感が後退している。
黒い衣装、濃いメイク、大人びていて貫禄が付いていてさくら学院のメンバーだった頃の面影は今や皆無。もう“ベビー”ではなく“クイーン”だ。
あとダンスが凄くキッレキレでもうアイドルじゃなくてミュージカルのダンサーみたいな印象だ。初期の頃のBABYMETALと比べてみるとすっかり別のアーティストになっている。まあどんなアーティストだってどんどん変わっていったりするがBABYMETALも遂に変化のときが来たのかと実感。他所のメタルバンドでも脱メタルコアとか脱デスメタルとかあったりするがBABYMETALの場合は脱アイドルをするのか。本人たちは何を意図してこれをやっているのか知らないが客観的に見る側としてはそんな気がした。

◆こんなに濃い1時間は他に無い

やはりBABYMETALのヘッドライン公演は1曲1曲の演出が凝っていて濃密だ。特に目を見張るのがやはりパイロをふんだんに使った「紅月」。最高にクールだ。未だにBABYMETALをただのアイドルとナメている人でもこれ観たら考え方変わるんじゃないかと思えるほど鳥肌もので涙ものだ。

そして発表して間もない「Starlight」が今回のライブの醍醐味か。音源を聴くだけでも感動的だが生演奏を聴くとその何倍も感動する。
今やどの曲も壮大なアンセムと化している。終盤の「Road Of Resistance」で限界を突破したかのような盛り上がりを見せたがこの時点でまだ50分しか経っていないのかと驚いた。
「まだ50分しか経ってない」と言うと普通“退屈で時間が経つのが長く感じる”という意味でとらえられるものだが、BABYMETALの場合は“たった50分の間にこんなに濃密なことをやってるのか”と言う意味になる。こんな感覚は人生で初めてだ。恐るべしBABYMETAL。

その次の歌詞を全部に英語にした「THE ONE」は前半がピアノと歌のみのアレンジで長い演奏となったがこれがまた壮大なドラマとなっていて涙を誘うものであった。
全曲演奏し終えて一時間ちょっと。こんな濃い一時間を味あわせてくれる人は他にいない。最高のエンターテインメントが一時間という短い時間内に凝縮されていた。

まあそんなわけで、BABYMETALは今の時代の最強のアーティストなんだと痛感した。今やメンバー全員が神々しい。歌って踊る女性陣もバックバンドも。神バンドが本当に名前の通り神となっている。見ていてなんだか崇めたくなった。既に時代を変えるほどの影響力さえも持っているほどだし。
これからの時代のメタルを牽引するのは間違いなくBABYMETALと確信した。SABATONもね。




~SETLIST~
1. IN THE NAME OF
2. Distortion
3. Gimme chocolate!!
4. Elevator Girl
5. GJ!
6. Akatsuki
7. Starlight
8. Megitsune
9. KARATE
10. Road Of Resistance
11. THE ONE


28日のさいたまスーパーアリーナでのDARK NIGHT CARNIVALでは「META! Meta Taro」も演奏され、更にGALACTIC EMPIREとSABATON、それぞれのフロントマンも加わった。


DARK SIDEのBABYMETALの特徴をまとめるとこんなとこ
・女性陣7名
・アイドル色が薄い
・メイクが濃い
・RHAPSODYとタメをはれる中二感
・時々どれがMOAMETALかわからなくなる


あと今回のライブ観てわかってたはずだけど改めてわかったこと
・BABYMETALは従来のアイドルとも従来のメタルとも違う何から何まで唯一無二の存在であること
アイドルかメタルかとウダウダと論争が絶えないことでお馴染みだが改めてやるだけムダな論争だと思った。やっぱりBABYMETALにジャンルのカテゴライズなんて不要というか無理というか。
・BABYMETALのファンはドルオタばかりというのはもう昔話
よく「どうせベビメタのファンなんてドルオタしかいないんでしょ?」とか言われるがそれはもう過去の話。前座のSABATONもよく盛り上がったことからしてBABYMETALのファンはメタルをしっかり理解していることがよく伺える。さくら学院からのファンもすっかりメタルを学習した模様。今やメタルを全然知らないBABYMETALのファンなんてほとんどいない。
・BABYMETAL主催のフェスを規模拡大してOZZFESTやKNOTFESTみたいに定着させた方が良い
どでかい経済効果生むわBABYMETALと組んだアーティストはいっぱい新規ファン開拓できるわ得しかしない。メタルシーンを活性化できること確実。

今回のツアーでまた一つ時代が変わったと思えたのでした。





◆METAL JAPAN WEB COMIC

メタル生徒会長




   


 

 
 

Artist Information

BABYMETAL

『ベビーメタル』 
日本のアイドルグループ「さくら学院」から派生、2010年結成。

SABATON

『サバトン』 
スウェーデン・ファールン出身。1999年結成。

 

Artist Archive

Feature / PickUp

BABYMETALのファンに向けて 押さえておきたいSABATONの楽曲10選
今までありがとうYUIMETAL
見た目で判断してはいけないアーティスト
BABYMETALとライブするSABATONとGALACTIC EMPIREってどんなバンド?
BABYMETALと共演したアーティスト集
2018年上半期 話題になったHR/HMライブ10選
BABYMETALと一緒に記念撮影した人たちって誰?PART8
21世紀のハードロック/ヘヴィメタル名バラード集
ヘヴィメタルの名曲の傑作カバー10選
HR/HMアーティストの傑作カバー集

Artist/DIsc Review

SABATON『THE LAST STAND』Review
BABYMETAL『METAL RESISTANCE』Review
BABYMETAL『BABYMETAL(Self Title)』Review

Live/Event Report

BABYMETAL & SABATON Live Report (Oct 30 2018 Kobe)
LOUD PARK 17 Live Report (Day-2後編)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅲ (MWAM,BABYMETAL,FOO FIGHTERS)
BABYMETAL FILM FES TOUR Report (2017/04/11)
GUNS N' ROSES with BABYMETAL Live Report(17/01/21 Kyocera Dome Osaka)
BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- RED NIGHT&BLACK NIGHT @ TOKYO DOME
BABYMETAL Live Report(16/09/20 Tokyo Dome)
SUMMER SONIC 2016 OSAKA REPORT Ⅲ(BABYMETAL)
「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN - THE FINAL CHAPTER OF TRILOGY -」ACT1 and ACT2
Ozzfest Japan 2015 Day-2 Live Report後編

Live/Event Info.

BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN(with SABATON,GALACTIC EMPIRE)
BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN EXTRA SHOW “DARK NIGHT CARNIVAL” w SABATON, GALACTIC EMPIRE 
SABATON with AMON AMARTH Japan Tour 2018
BABYMETAL LEGEND - S - 洗礼の儀 -
LOUD PARK 17
BABYMETAL 巨大キツネ祭り in JAPAN
BABYMETAL 5大キツネ祭り in JAPAN
SUMMER SONIC 2017
BABYMETAL FILM FES TOUR - METAL RESISTANCE APOCALYPSE –
GUNS N' ROSES Japan Tour 2017

 
 
 
 








M.J. ROCK JAM 出演者募集中!

DENMETA

「メタル生徒会長」単行本 第2巻 発売決定!