BEHEMOTH 『I Loved You At Your Darkest』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: BEHEMOTH ・Writer:もりき(ライター)]

DEATHROLL - 虐待 [CD-R]
METAL JAPAN 価格 : ¥324 (税込)



 

~神は犬の内に住むべきなのか? JESUS CHRIST!~


2018/10/5 Released
Track List
1.Solve
2.Wolves Ov Siberia
3.God=Dog
4.Ecclesia Diabolica Catholica
5.Bartzabel
6.If Crucifixion Was Not Enough...
7.Angelvs XIII
8.Sabbath Mater
9.Havohej Pantocrator
10.Rom 5:8
11.We Are The Next 1000 Years
12.Coagvla
13.O Pentagram Ignis (BONUS TRACK FOR JAPAN)

ポーランド最強ブラックメタルバンド、BEHEMOTHの11枚目のフルアルバム、『I Loved You At Your Darkest』のレビュー!

さて、皆さんご存じの通りBEHEMOTHといえば、今年から始まったSLAYERのファイナル・ツアーに、LAMB OF GOD、ANTHRAX、TESTAMENTと共にサポート・アクトとして参加することが大きな話題だ。もはやブラックメタルの枠を越えて、世界と肩を並べるバンドとしての実力をこの最新作で体感することが出来る。

またバンドのフロントマンでリーダーのNergal(ネルガル)による、ライブで聖書を破り捨てるといった過激な反キリスト教主義のパフォーマンスも有名だ。新作のMVでもそういった表現を観ることが出来る。



アルバムのリードトラックナンバー『GOD=DOG』のMVにおいては、逆さ磔の映像が映し出されたり、グロテスクかつショッキングな表現が次々と目に飛び込んでくる。楽曲後半は子供達の合唱のコーラスがより一層おどろおどろしさを加えていく!

さすがBEHEMOTH!とアルバム全体から、ありったけの邪悪で恐ろしくも、憤怒のエネルギーが伝わってくる作品でもある。例えるなら薄暗いカタコンベの中をあてもなくさ迷い続ける感覚に陥り、最終的には悪魔に憑かれてしまう恐ろしい錯覚に陥いるのだ。


タイトル




Nergalの右腕とも言えるバンドのドラマーInferno(インフェルノ)によるブルータルな高速ドラミングも勿論、『Wolves Ov Siberia』、『Angelvs XIII』、『We Are The Next 1000 Years』といったナンバーで堪能することが出来る。

MURDUKやBELPHEGORやDARK FUNERALの様な爆走するブラックメタルを聴きたい人には今作はやや物足りないかもしれない。しかしながら『Havohej Pantocrator』や『Rom 5:8』における楽曲では、まるで舞台を観ているかの様な起承転結の展開に驚きを覚えるであろう。
これら2曲ではBEHEMOTHにしか表現することが出来ない、壮大かつ重厚なブラックメタルを思う存分に体験することが出来る。

さて、来年行われるDOWNLOAD JAPANではSLAYERがゲストアクトのANTHRAXと一緒にファイナルツアーの一環で参加することが決定している。そこに海外ツアーと同じく、BEHEMOTHも参戦して欲しいと言う要望の声も少なからず見受けられるのだ。ブラックメタルらしい荘厳たるパフォーマンスを、DOWNLOAD JAPANのステージにて衝撃を与えて欲しい!と皆さん期待してはいかがだろうか!?