AXXELATION Live @OSAKA BRAND NEW 2014/5/25(sun)

[Category:Live/Event Report・Artist: AXXELATION ・Writer:METAL JAPAN]





iTunes Music Store
2014年5月25日(日)。大阪西九条BRANDNEWで行われたライブのレポートです。「SKILLED WORK VOL.3」という今回のイベント。他の出演は「DEATH☆LAND」「JOKER」「Insfe:l(f.横浜)」の合計4バンドでのイベントでした。

AXXELATION


AXXELATIONとは?
広島福山のバンドで福山〜岡山を中心に活動している女性ボーカルの鋼鉄系正統派メタルバンド。たびたび遠征も行っているので全国各地にファインを持つ実力派です。
2003年に結成した女性ヴォーカルをフィーチャーしたアクセレーション。
バンド名の如くサウンドも人気も急加速中!
サウンドの根底にあるのは決して今流行の派手なモノではなく、古き良き時代の
ハード・ロックが軸となっている。
幾多のメンバー・チェンジを経て現在に至るが、ベース、ドラムの若き二人が織りなすハードでエッジの効いたサウンドと、古き良きサウンドを知り尽くしたギターとボーカルの夫婦パワーが合体し新たなHR領域をアクセレーションが作り出す!
ホームページより引用)


メンバー
Vocal:HIROMI
Guitar:SEIJUN
Drums:TOSHIHISA
Bass:SYU(サポート)

AXXELATION

1・Axxelation
LAっぽいSEIJUNのギターリフから始まりVo.HIROMIが会場を煽る。一気に熱い空気で包まれた会場。「タイトル=バンド名」というだけにAXXELATIONの代表曲でスタート。覚えやすいメロディ・共に叫べるサビなど古き良きハードロックがしっかり刻み込まれている。

2・Gut fighter
軽快かつザックザクなギターリフから始まるこの曲。疾走感あふれるメロディからAXXELATIONの良さであるサビのメロディへ続く。ステージを所狭しと動き回るメンバーに会場は一気にヒートアップしていた。タイトで安定感のあるTOSHIHISAのドラムに今回はサポートで初期のベーシストが底辺を支えている。

3・Saver langer
福山の環境を守る「環境特捜セイバーレンジャー」のショーにAXXELATIONの曲が使われているそうで、近々プロモーションビデオが作られる模様。で、この曲が使われるという感じだそうです。スピード感満載のこの曲は思いっきり頭を振れる曲であります。やはり一緒に叫べるサビが特徴ですね♪

AXXELATION

4・Silver&gold
ノリの良いテンポに一緒に歌えるサビ。超絶ギターソロも加え細かいアレンジが入るこの曲も秀逸であります。メンバー紹介のMCではGtのSEIJUNが某佐村◯内に似ていると話題に。メガネをかけるとホントに似ていて会場内は爆笑の渦。そんなMCと正統派な楽曲とのギャップに親近感を覚えたのは言うまでもない。

5・Burning stand still
80年代を彷彿とさせるギターリフで始まり縦ノリな疾走ドラム。頭を振っても良し拳を突き上げるのも良し。何度も言うが覚えやすく一緒に歌えるサビはAXXELATIONの真骨頂である。みなさんも是非ライブ会場で叫んで欲しい。また昨年10周年を迎えたAXXELATION。10周年記念ライヴのノーカットDVDも物販で用意されていた。

6・Speed of the star
ラストはタイトルの如く超スピーディでノリノリなナンバーであった。メンバーも会場も頭を振り会場はヘドバンの嵐であった。体脂肪率1桁のDr.TOSHIHISAから放たれるタイトでキレの良いリズムに脳天直撃な衝撃を受ける。さらに悶絶するほどのGT.SEIJUNのギターソロに加え、Vo.HIROMIの煽りに耳に残るメロディ。どれを取ってもしっかりまとまって安心感を得られた。

AXXELATION

本当に何度も何度も言うがw、一緒になって歌えるサビは記憶にも残り一体感が生まれ心地よい!是非皆さんもAXXELATIONのライブに足を運んで頂き生で体感して頂ければと思います。

AXXELATION Live Information!!!
2014年7月20日 (sun)・場所:福山Cable
広島県福山市三之丸町4-1 グレイスビル3F
(西日本のほぼ真ん中、広島県のJR福山駅から徒歩2分、元ショッピングビル「キャスパ」の南向い)








Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play