フェスティバル用語集

[Category:Feature / PickUp・Artist: SUMMER SONIC / LOUD PARK / KNOTFEST / Ozzfest / Begginer / DOWNLOAD FESTIVAL ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]

   

DENMETA Blog Ver

初めてSUMMER SONICなどのフェスティバルへ行く方々に向けて、フェスティバル初心者講座。フェスティバルでよく使われる用語を説明。


ラインナップ
Line Up

フェスティバル出演者一覧。Artists、Acts、Bandsと表記される場合もある。


ステージ
Stage

出演アーティストが立つ舞台。メイン・ステージ、サブ・ステージなどに区別される。
最も大きなステージがメイン・ステージと呼ばれ、それ以降、規模が小さくなる順に2ndステージ、3rdステージ、4thステージとなっていく。
ステージ名は様々でオリジナルのネーミングをされることもよくある。
例1:SUMMER SONICの場合
メイン・ステージ:MARINE STAGE/OCEAN STAGE
2ndステージ:MOUNTAIN STAGE
3rdステージ:SONIC STAGE
4thステージ:RAINBOW STAGE/WHITE MASSIVE

例2:LOUD PARKの場合
メイン・ステージ:ULTIMATE STAGE/BIG ROCK STAGE
サブ・ステージ:KINGDOM STAGE/EXTREME STAGE



タイム・テーブル
Time Table

アーティストらの出演時間割り表。

ozzfest time table


ヘッドライナー
Headliner

フェスティバルの主役、その日の最大の目玉で最も集客力の高い出演アーティスト。ラインナップの表では一番上の位置で最も大きく名前が表記される。

download festival


この画像の場合だと初日のヘッドライナーがAVENGED SEVENFOLD、2日目のヘッドライナーがGUNS N' ROSES、3日目のヘッドライナーがOZZY OSBOURNEとなる。
出番は基本的にメイン・ステージのトリだが、トリではなく、その後にクロージング・アクトが出番を控えている場合も多い。クロージング・アクトについては後述で説明。

又、ヘッドライナーの一つ下に表記されてあるアーティストはセカンド・ヘッドライナーと呼ばれる。ヘッドライナーの次に目玉となる出演アーティスト、二番手となる存在で準ヘッドライナーとも呼ばれる。
出番はメイン・ステージでヘッドライナーの前。上記の画像の場合だと初日がBULLET FOR MY VALENTINE、2日目がBLACK STONE CHERRY、3日目がMARILYN MANSONということになる。

他にも”2ndステージのヘッドライナー”や”3rdステージのヘッドライナー”とステージごとのヘッドライナーも定められている。上記の画像だと2ndステージのヘッドライナーはYOU AT ME SIX、PARKWAY DRIVE、RISE AGAINSTとなる。


オープニング・アクト
Opening Act

よくOAと略して表記する。開場してから開演するまでの時間帯、客入れ時間中に出演する。
例えば開場時間が10:00で開演時間が11:00のフェスだと出番は10:30あたりになる。
入場時は混雑するため早めに入場口に並んでおかないと入場するまでに出番に間に合わず観れないなんてことも多い。


クロージング・アクト
Closing Act

その日のステージを締めくくる出演アーティスト。出番はトリだがヘッドライナーではない。


ブース
Booth

屋台や展示物などをやる区画。
フードブース、サイン会ブース、スポンサーのブース、レコード会社のブースなどがあり、イベントや宣伝、販売をやっている。


クロークルーム
Cloakroom

荷物預り所。クロークと略して呼ばれる。
フェスやチケットの種類によって出し入れ自由だったり出し入れを繰り返す度に追加料金が発生したりする。


エクストラ・ショウ
Extra Show

フェスティバル出演アーティストがそれとは別にフェス開催日前後に行う公演。
単独公演が多いがダブル・ヘッドラインの公演もある。


地蔵
じぞう

目当ての出演者をステージそばで見るために何時間も前から最前列付近に陣取り、目当ての出演者以外に対しては一切無反応な客。
お地蔵さんのように微動だにしないことからそう名付けられた。



METAL JAPAN WEB COMIC

メタル生徒会長 単行本第2巻発売




 

 
 

Artist Information

SUMMER SONIC

『サマーソニック』 
音楽イベント。2000年から毎年8月にクリエイティブマン主催で行われる日本のフェスティバル。通称『サマソニ』。出演アーティストのジャンルは不問。夏フェスの代表格で音楽フェスとしては国内最大級の規模を誇る。

LOUD PARK

『ラウドパーク』 
音楽イベント。2006年から毎年10月にクリエイティブマン主催で行われる日本のハードロック/ヘヴィメタル系フェスティバル。通称『ラウパ』。同ジャンルのフェスとしては国内最大規模。

KNOTFEST

『ノットフェス』 
音楽イベント。2012年8月から開催されたSLIPKNOT主催のフェスティバル。2014年11月には日本でも開催。

Ozzfest

『オズフェスト』 
オジー・オズボーンとシャロン・オズボーン夫妻によって創設された音楽フェスティバル。初開催は1996年。2013年と2015年には日本でも開催。

Begginer

ハードロック/ヘヴィメタル系音楽の初心者向けコンテンツ

DOWNLOAD FESTIVAL

『ダウンロード・フェスティバル』 
UK発のロック・フェスティバル。2019年より日本でも開催。

 

Artist Archive

Feature / PickUp

DOWNLOAD FESTIVAL JAPAN 2019 第1弾出演アーティスト解説
見た目で判断してはいけないアーティスト
DOWNLOAD FESTIVAL JAPAN 2019出演アーティストリクエストランキング
一般人からよく誤解されている『デスメタル』とは?
BABYMETALとライブするSABATONとGALACTIC EMPIREってどんなバンド?
日本では誰がやる!?DOWNLOAD FESTIVAL歴代ヘッドライナー
フェスティバル用語集
SUMMER SONIC 2018 HR/HMファン必見アーティスト
BABYMETALと一緒に記念撮影した人たちって誰?PART8
LOUD PARK反省会

Live/Event Report

SUMMER SONIC 2018 in TOKYO Live Report 後編
SUMMER SONIC 2018 in TOKYO Live Report 前編
SUMMER SONIC 2018 Report(MASTODON,BFMV,NIN)
SUMMER SONIC 2018 Report(MIKE SHINODA,ONE OK ROCK,NICKELBACK)
LOUD PARK 17 Live Report (Day-2後編)
LOUD PARK 17 Live Report (Day-2前編)
LOUD PARK 17 Live Report (Day-1後編)
LOUD PARK 17 Live Report (Day-1前編)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅲ (MWAM,BABYMETAL,FOO FIGHTERS)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅱ (BAND-MAID,ROYAL BLOOD,ホルモン)

Live/Event Info.

DOWNLOAD FESTIVAL JAPAN 2019
SUMMER SONIC 2018
SONICMANIA 2018 (NINE INCH NAILS etc)
QUEENS OF THE STONE AGE Live in Tokyo 2018(SUMMER SONIC EXTRA)
GENE SIMMONS BAND Live in Osaka 2017 (LOUD PARK 17 Extra)
MICHAEL SCHENKER FEST Live in Osaka 2017 (LOUD PARK 17 Extra)
LOUD PARK 17
SLAYER Live in Osaka 2017 (LOUD PARK 17 Extra)
SUMMER SONIC 2017
KNOTFEST JAPAN 2016(11/5・6)

 
 
 








M.J. ROCK JAM 出演者募集中!

「メタル生徒会長」単行本 第1巻 好評発売中!

めざせメタルマスター単行本 第1巻 好評発売中!