SUMMER SONIC 2018 in TOKYO Live Report 前編

[Category:Live/Event Report・Artist: SUMMER SONIC / MASTODON / HER NAME IN BLOOD ・Writer:もりき(ライター)]

Vorchaos - Singularity [Technobreak Records]
METAL JAPAN 価格 : ¥2,160 (税込)



 


~平成最後の夏休み!夏だ!海だ!モッシュピットだ!~

遠く遠く~♪離れゆくエボシライン♪


タイトル




伝メタさんの大阪編に続き、もりき執筆のSUMMER SONIC18の東京編!こちら8月18日に行われたライブのレポートをHR/HM系統のアーティストを中心にお届け致します!

初めてのサマーソニック参戦でしたが、LOUD PARKといったメタルフェスとはまた違った雰囲気もしっかり楽しめたと思います!今回は前編にてHER NAME IN BLOODとMASTODONをメインに記事を記しますが、おまけでBiSHback numberも掲載!
後編はBULLET FOR MY VALENTINE&QUEENS OF THE STONE AGEのレポートをお届け致します!


タイトル



・HER NAME IN BLOOD


MOUNTAIN STAGEのOPENING ACTをつとめたHER NAME IN BLOOD。初っぱなから「BAKEMONO」といったメタルコアナンバーを演奏し会場を熱くさせる。「朝からへヴィメタルなんで、まるで朝からステーキ喰うみたいだろ!?これが本当のいきなりステーキだ!」とヴォーカルIkepyのMCの後に、バスドラムが激しい演奏の勢いによって壊れるアクシデントに!

~勢い余り過ぎである~(キートン山田風)

そんなトラブルにも笑顔で対応するメンバーに会場は大盛り上がり!今年リリースされた新曲「POWER」も披露され、フロアのサークルモッシュも熱気を帯びていく。「まだまだ夏は終わらない!最後まで楽しんでいこうぜ!」とIkepyが叫んだ様に、サマソニ序盤からハイテンションなステージはしっかりと観客の気合いのエンジンを暖めてくれた!


タイトル




・BiSH


"BiSHのライブは激しい"
この真相を確かめるべくMASTODONまでの空き時間にBiSHが出演するRAINBOW STAGEへ!スタート時刻が近づくにつれて、BiSHのファンや興味津々な外部の観客もフロアに沢山集まる。スタッフから「サーフやダイブは一切禁止です。」とアナウンスがあり、私は「あっ・・・。(察し)」となりましたw

ラブライブやアイドルマスターのライブとは比較にならないほど、BiSHのパフォーマンスは危なげなムードに包まれた!ステージ上の女の子がデスヴォイスを決めるだけでなく、BUTCHER BABIESのお姉さんの如くステージから身を乗り出し客を煽りに煽る!「後ろの方生きてるかー!?」と叫ぶ煽りはまるでDIR EN GREYの京だ。

ファンの方達による激しいモッシュは勿論、オタ芸にも混ぜていただき(笑)、より一層テンションを高ぶらせたもりきであった・・・w


タイトル




・back number


MASTODONまでの時間はまだまだある。と言うことでMARINE STAGEにてback numberを鑑賞!マリンスタジアム周辺はBillboard JAPAN STAGEにてジャズチックな音楽が演奏され、HER NAMEとBiSHのモッシュで疲れた身体を癒すのにピッタリ!(笑)
他にもビキニのお姉さんがトレーラーの荷台から水をぶちまけていたり(記事のサムネイル参照)とお祭りムード満載でしたw

マリンスタジアムは生前のhideもソロでライブをしたことのある場所であったなあと、思いを馳せながらback numberへ!40℃近い猛暑が続いていた東日本であったが、サマーソニック当日は奇跡的に29℃という快適な気温であった。バンドは「高嶺の花子さん」、「SISTER」といったヒットソングを演奏したのはもちろん、夏なのに何故か「クリスマスソング」をやるというツッコミ所も。(笑)

まぁ青空の元で爽やかな音楽を聴きながらリラックスするのも良いもんだと実感!(笑)この時のもりきは次のMASTODONのモッシュピットでボコボコになってくるのでした・・・w


タイトル




・MASTODON


back number終了後、再びMOUNTAIN STAGEに帰還した。そしてメタルヘッズお待ちかね!MASTODONの出番が迫ってきた!
さっきまでのback numberの雰囲気は何処へ!?と言う具合に黒いシャツを身に纏い、そして他の観客と選別をされたメタル野郎達がフロアに集結!首を長くしてMASTODONの登場を心待ちにしていた!

一曲目は昨年リリースのニューアルバムの「Sultan's Curse」からスタート!さっそくフロア前方にはサークルモッシュが発生!バンドが掻き鳴らす重圧なサウンドが幕張に響き渡った。

バンドの核を担うドラマーBrann Dailorとベース&ヴォーカルのTroy Sandersの複雑怪奇なリズムにはやはり目を見張るものがある。バンド名の通りでっかいマンモスがぶつかってくる感覚に襲われながらも、キャッチャーかつ聴きやすいプログレッシブメタルを堪能した。





序盤を少し過ぎた辺り、モッシュピットで腕にタトゥーを入れたアメリカ人のウホッなガチムチ兄貴も乱入しフロアは更にカオスな空間に!「あれ?俺ってSUMMER SONICに来てるんじゃなくて、LOUD PARKに来てるのかな・・・?」と錯覚するメタルヘッズも多少居たであろう。(笑)しかもインスト曲の「Bladecatcher」でもモッシュが起きるという・・・w

Brent Hinds&Bill Kelliherのツインギターコンビによる轟音サウンドも心地よくグルーヴに味を加えてくれる。背景のスクリーンのアニメーションもどこか不気味でサイケデリックな世界へトリップしていく感覚に陥るのだ。スラッシーな「Megalodon」ではサークルモッシュだけでなく前方エリアではぶつかり合いも発生!まさしくメタルのライブに来ていると実感した。ただひとつ心残りだったのは新譜の中でもカッコいい「Scorpion Breath」をやらなかった事だ。演奏されたら絶対にみんな暴れるのにとは思いましたw

後半戦はキャッチャーな「Show Yourself」で明るく雰囲気を変え、そこから再びハードな「Mother Puncher」でメリハリをつける。ラスト二曲、「Steambreather」での一体感のあるノリがフロアを揺らし、最後に「Blood And Thunder」のモッシュで派手に暴れてライブは終了!

65分が長く感じる程に濃いライブであった。今年のLOUD PARK開催見送りに落胆していた日本のメタルヘッズ達も、サマーソニックのMASTODONの迫力あるパフォーマンスに満足いく結果となったことはあながち間違いではないだろう!


Set List
1.Sultan's Curse
2.Divinations
3.Crystal Skull
4.Ancient Kingdom
5.Bladecatcher
6.Black Tongue
7.Ember City
8.Megalodon
9.Andromeda
10.Toe to Toes
11.Show Yourself
12.Precious Stones
13.Mother Puncher
14.Steambreather
15.Blood and Thunder

後編に続く!!




   


 

 
 

Artist Information

SUMMER SONIC

『サマーソニック』 
音楽イベント。2000年から毎年8月にクリエイティブマン主催で行われる日本のフェスティバル。通称『サマソニ』。出演アーティストのジャンルは不問。夏フェスの代表格で音楽フェスとしては国内最大級の規模を誇る。

MASTODON

『マストドン』 
アメリカ・ジョージア州アトランタ出身。2000年結成。

HER NAME IN BLOOD

『ハー・ネーム・イン・ブラッド』 
東京都出身。2007年結成。略称「HNIB」

 

Artist Archive

Feature / PickUp

フェスティバル用語集
SUMMER SONIC 2018 HR/HMファン必見アーティスト
2017年3月のHR/HMニュースまとめ
17/03/31 MASTODON『Emperor of Sand』Release!
2016年12月HR/HMニュースまとめ
9/28 『KNOTFEST JAPAN 2016 Compilation CD』Release!
9/14 HER NAME IN BLOOD『BAKEMONO』Release!
BABYMETALサマソニ出演の歴史
2016年4月HR/HMニュースまとめ
2016年1月HR/HMニュースまとめ

Artist/DIsc Review

MASTODON『ONCE MORE 'ROUND THE SUN』Review

Live/Event Report

SUMMER SONIC 2018 in TOKYO Live Report 後編
SUMMER SONIC 2018 in TOKYO Live Report 前編
SUMMER SONIC 2018 Report(MASTODON,BFMV,NIN)
SUMMER SONIC 2018 Report(MIKE SHINODA,ONE OK ROCK,NICKELBACK)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅲ (MWAM,BABYMETAL,FOO FIGHTERS)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅱ (BAND-MAID,ROYAL BLOOD,ホルモン)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅰ(STRUTS,INABA/SALAS,GRANRODEO)
SCREAM OUT FEST 2017 LIVE REPORT in JUNE 4th
MEGADETH ANTHRAX HNIB Live Report(17/05/17 Osaka)
WHITECHAPEL JAPAN TOUR Live In Daikanyama UNIT in April 26th (Support Act A Night In Texas,Her Name In Blood and Earthists)

Live/Event Info.

METAL BLIZZARD 2018
SUMMER SONIC 2018
SONICMANIA 2018 (NINE INCH NAILS etc)
QUEENS OF THE STONE AGE Live in Tokyo 2018(SUMMER SONIC EXTRA)
SUMMER SONIC 2017
SCREAM OUT FEST 2017
MEGADETH with ANTHRAX Japan Tour 2017
KNOTFEST JAPAN 2016(11/5・6)
SUMMER SONIC 2016(8/20・21)
SCREAM OUT FEST 2016(6/5)

 
 
 








M.J. ROCK JAM 出演者募集中!

METAL JAPAN ProduceコンピレーションCD「METAL JAPAN HEAVY CHAINS Vol.4」絶賛発売中!

METAL JAPAN HEAVY CHAINS 好評発売中!