PARKWAY DRIVE『Reverence』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: PARKWAY DRIVE ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]

   

2018年上半期に発売された話題作を振り返る!
ここのところオーストラリアのメタルコアバンド、PARKWAY DRIVEが海外で目覚ましい活躍ぶりを見せている。その彼らの6thアルバム『Reverence』を取り上げる。

Reverence  
PARKWAY DRIVE パークウェイ・ドライヴ 
2018年5月4日発売

- TRACK LIST -
1. Wishing Wells
2. Prey
3. Absolute Power
4. Cemetery Bloom
5. The Void
6. I Hope You Rot
7. Shadow Boxing
8. In Blood
9. Chronos
10. The Colour Of Leaving

~CHARTS~
Australian Albums (ARIA) - 1
Austrian Albums (Ö3 Austria) - 6
Belgian Albums (Ultratop Flanders) - 5
Belgian Albums (Ultratop Wallonia) - 37
Canadian Albums (Billboard) - 68
Dutch Albums (MegaCharts) - 81
Finnish Albums (Suomen virallinen lista) - 41
German Albums (Offizielle Top 100) - 3
New Zealand Albums (RMNZ) - 34
Scottish Albums (OCC) - 11
Swedish Albums (Sverigetopplistan) - 42
Swiss Albums (Schweizer Hitparade) - 3
UK Albums (OCC) - 14
US Billboard 200 - 35
US Top Hard Rock Albums (Billboard) - 2
US Top Rock Albums (Billboard) - 4


~REVIEW~
彼らのことをメタルコアバンドと呼んだが訂正する必要があるだろうか。本作では“脱メタルコア”と評されているようにカテゴライズされにくい、一つのところに留まらない、一皮向けたような意欲作になっている。変化はあっても、これが今のPARKWAY DRIVEなのだと、説得力ある高いクオリティーに仕上がっている。兼ねてからのファンからは賛否両論となったという今作だが、力強さは抜群。まあ変化によるファンの落胆はよくあることで別にそういう意見もそれはそれで有りだとは思うが、本作はそれまでのバンドを更に前進させた成功作だと思う。BRING ME THE HORIZIONに続く路線変更の成功例。


~VIDEOS~