ロックフェスの深刻なヘッドライナー不足!窮地を救うのは?

[Category:Feature / PickUp・Artist: BABYMETAL / BRING ME THE HORIZON / GYZE / HALESTORM / Overseas Information / ROYAL BLOOD / THE STRUTS / PARKWAY DRIVE / GRETA VAN FLEET / BAD WOLVES ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



Artist Archive

Feature / PickUp
BABYMETALと一緒に記念撮影した人たちって誰?PART8
21世紀のハードロック/ヘヴィメタル名バラード集
ヘヴィメタルの名曲の傑作カバー10選
HR/HMアーティストの傑作カバー集
HR/HMアーティストのアメリカでのコンサート動員力
ロックフェスの深刻なヘッドライナー不足!窮地を救うのは?
BABYMETALと一緒に記念撮影した人たちって誰?PART7
BABYMETAL新曲「Distortion」公開から24時間で樹立した記録まとめ
BABYMETAL以外のアイドル×メタル曲集
つい最近の曲に思えて実はもうだいぶ前のハードロック/ヘヴィメタル曲集

Artist/DIsc Review
PARKWAY DRIVE『Reverence』Review
BAD WOLVES『Disobey』Review
ROYAL BLOOD『How Did We Get So Dark?』Review
BABYMETAL『METAL RESISTANCE』Review
BRING ME THE HORIZON『THAT'S THE SPIRIT』Review
GYZE『BLACK BRIDE』Review
ROYAL BLOOD『ROYAL BLOOD(Self Title)』Review
BRING ME THE HORIZON『SEMPITERNAL』Review
BABYMETAL『BABYMETAL(Self Title)』Review

Live/Event Report
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅲ (MWAM,BABYMETAL,FOO FIGHTERS)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅱ (BAND-MAID,ROYAL BLOOD,ホルモン)
SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅰ(STRUTS,INABA/SALAS,GRANRODEO)
BABYMETAL FILM FES TOUR Report (2017/04/11)
GUNS N' ROSES with BABYMETAL Live Report(17/01/21 Kyocera Dome Osaka)
BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- RED NIGHT&BLACK NIGHT @ TOKYO DOME
BABYMETAL Live Report(16/09/20 Tokyo Dome)
SUMMER SONIC 2016 OSAKA REPORT Ⅲ(BABYMETAL)
「BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN - THE FINAL CHAPTER OF TRILOGY -」ACT1 and ACT2
Ozzfest Japan 2015 Day-2 Live Report後編

Live/Event Information
BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN
SUMMER SONIC 2018
BABYMETAL LEGEND - S - 洗礼の儀 -
BABYMETAL 巨大キツネ祭り in JAPAN
BATTLE BEAST Japan Tour 2017 (Guest: GYZE)
BABYMETAL 5大キツネ祭り in JAPAN
SUMMER SONIC 2017
BABYMETAL FILM FES TOUR - METAL RESISTANCE APOCALYPSE –
GYZE Live in Sendai 2017(Guest: DEATHROLL etc)
LOUD∞OUT FEST The Tour 2017

Staff Blog
連載再開メタル漫画「メタル生徒会長」EP6はおまけBABYMETAL四コマネタ付き!
メタル漫画『メタル生徒会長』が面白そうと思われるためには?LORDIやBABYMETALを見習う
4/10 BABYMETAL漫画「ずきゅん!どきゅん!べびめたちゃん」PART5(最終回)公開!
4月はBABYMETALコンテンツたっぷり制作!嬉しいダルルォ!?
BABYMETAL漫画「ずきゅん!どきゅん!べびめたちゃん」PART5制作開始!
2017年最初のライブはGUNS N' ROSES!
漫画「ずきゅん!どきゅん!べびめたちゃんPART4」pixivランキング411位に!
Happy Birthday MOAMETAL(BABYMETAL)
Happy Birthday YUIMETAL(BABYMETAL)
BABYMETAL漫画「ずきゅん!どきゅん!べびめたちゃん」第3弾5/28公開!



iTunes Music Store
現在、ロック界が大ピンチである!!

メタル生徒会長 7話

画像はWEB漫画「メタル生徒会長」第7話より。
画像の通り2010年代、ロック界は終焉の危機に陥っている。恐らく大概のロックファンが気づいているであろう。
ロックミュージシャンのセールスはこの10年ぐらいで低迷。かつては1組で万単位の観客を集客できるロックのアーティストがガンガン出てきたが今は中々出てこない。

そしてロックのフェスティバルが経営のピンチに立たされている。
ネットで世界中のフェスティバルを検索してみてほしい。DOWNLOAD FESTIVAL、HELLFEST、GRASPOP METAL MEETING、ROCK ON THE RANGE、WELLCOME TO ROCKVILLE、ROCK FEST、CAROLINA REBELLION、NOVA ROCKなどなど。
それで2018年、2017年、2016年、2015年と歴代ラインナップを見てみてほしい。するとこう思うはずだ。
出演アーティストが使い回しであると。
特にヘッドライナーがお決まりのアーティストをひたすらローテーションしている状態だ。

どこの国のロックフェスでもヘッドライナーを務められるロック/メタルのアーティストはAVENGED SEVENFOLDを最後に現れていない。
そして長年親しまれているヘッドライナー級のバンド、BLACK SABBATHやMOTLEY CRUEといったスターたちは次々と活動を終了。SLAYERもキャリア最後とされるツアーをやり始めた。それに加えSOUNDGARDENとLINKIN PARKがフロントマン突然の自殺で活動ができなくなり、ただでさえ深刻なヘッドライナー不足に拍車がかかってしまった。

今、必要とされているのはフェスティバルのヘッドライナーができる、集客力の高い若いロックのアーティストである。
このヘッドライナー級のアーティストが出てこない状態が続くと将来ロックのライブ、フェスティバルはどうなるか。

◆同じメンツばかりで出るといずれは飽きられ観客減少
◆ヘッドライナー級のアーティストが年老いてみんな引退
◆ヘッドライナー級の集客力が高いアーティストがいなくなれば更に観客が減る
◆観客が十分な数集まらなければライブの規模を縮小
◆観客離れと規模の縮小を繰り返して最後はライブ自体中止
◆ライブを行うこと自体が一切無くなる


フェスティバルは新人アーティストを育てるのに特に重要な機会である。フェスは大きな宣伝の場であり、フェス出演がきっかけで人気に火が点いたアーティストは数多い。それがなくなればますます新人は育たなくなり、やがてシーンそのものが滅んでしまう。

この悪循環に歯止めをかけなければロックシーンはあと10年も持たないかもしれない。
しかし、まだこれを書いてる時点ではロックは死んではいない。まだ将来フェスのヘッドライナー級にまで昇進しそうなアーティストはいくらかいる。ヘッドライナーにまで出世してこの窮地を救ってくれそうなアーティストを思い当たるだけ挙げてみる。


PARKWAY DRIVE

オーストラリアの人気メタルコアバンド。DOWNLOAD FESTIVAL 2018では2ndステージのトリ。ベルギーのGRASPOP METAL MEETING 2018では持ち時間90分とヘッドライナー並みの扱いでJUDAS PRIESTやMARILYN MANSONよりも出番が長かったりする。


HALESTORM

アメリカのフェスティバルだと既に準ヘッドライナーのポジションに付いたりしている。KORN、MARILYN MANSON、ROB ZOMBIE、SHINEDOWN、FIVE FINGER DEATH PUNCHといったバンドに次ぐクラスである。


BRING ME THE HORIZON

2010年代半ば、大胆な路線変更でファン層拡大に成功。5枚目のアルバム「That's The Spirit」をリリースした時点でロックフェスの準ヘッドライナー級にまで出世した。


ROYAL BLOOD

英国のギターを使わないロックデュオ。2014年発売のデビューアルバムは本国でプラチナムに。同じく英国が生んだモンスターバンドのIRON MAIDENやBLACK SABBATHの同時期に出たアルバムを凌駕するセールスを誇る。


BABYMETAL

アルバム2枚と3枚目のアルバム収録(?)の新曲を持った2018年半ば、DOWNLOAD UKで2ndステージのトリ前、ROCK ON THE RANGEで2ndステージのトリを務められるぐらいにまでなった。


THE STRUTS

1stアルバムはアメリカで99位、カナダで68位、英国で52位を記録。アルバムが1枚のみの時点でもDOWNLOADやSUMMER SONICのメインステージに立っている。


GRETA VAN FLEET

SUMMER SONIC 2018で初来日公演を控えている彼ら。まだデビューアルバムが出る前から世界中で注目を集めている。


GYZE

海外でのライブの経験値も着実に積んでいってる彼らは2020年までに海外のメタルフェスのヘッドライナーを務める目標を掲げている。同じ日本人として応援しなくてはと思う。


BAD WOLVES

元DEVILDRIVER、元IN THIS MOMENTのメンバーらが集まったバンドで2018年、THE CRANBERRIESの「Zombie」のカバーが大ヒットして話題を集めている。YouTubeでのMV再生数は公開から2ヶ月余りで6,000万回を突破。名曲のカバーとはいえこのヒットぶりは凄い。


まずはこのあたりのアーティストをヘッドライナーになれるよう特にプッシュしていきたい。そしてここからまだ更に出世していくアーティストが増えることを望んでいる。


METAL JAPAN WEB COMIC

ヘヴィメタル漫画 メタル生徒会長










M.J. ROCK JAM 出演者募集中!

Crazy☆Fest Vol.25-27 Summer Tour 2018

Crazy☆Fest Vol.26 - Summer Tour 2018 in OSAKA
Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play