ジャパメタファッション温故知新 (第4回)

[Category:Special Column・Artist: 他Webマガジン ・Writer:METAL JAPAN]
このコンテンツは他Webマガジンからのコピーです。他Webマガジンが閉鎖されたため当サイトにてコピーしております。ご了承ください。なおこのコンテンツについてのお問い合わせはご遠慮ください。また削除ご希望の方はお申し出くださいませ。



iTunes Music Store
[連載] ジャパメタファッション温故知新 (第4回)

明けましておめでとうございます!
本年も「ジャパメタファッション温故知新」を温かくお見守り下さいませw


どうも、正月は毎年の如く「寝正月」を過ごし、かつてのスリムな体型が微塵も感じられなくなったMasacky♪#ですが、何か?
2014年の抱負は「ファッションコラムに近付ける」ですww
てなわけで、今月も懐かしのジャパメタ列伝をお送りしたいと思います。


column_25_139.jpg
前回は80年代のインディーズバンドを少し取り上げましたので、今回はその中からピックアップして掘り下げてみようと思っています。
やはりイチオシは「SHOW-YA」ですね♪恵子姐さんと結婚したい気持ちは今でも変わりません(笑)
82年にYAMAHA主催のコンテストのレディース部門で最優秀グランプリを受賞し、85年にメジャーデビュー。当初はアイドル路線で売り出されたが路線変更、「限界LOVERS」や「私は嵐」で一気にメジャーシーンに登り詰めましたよね。


その後、91年に恵子姐さんはSHOW-YAを脱退、ステファニー・ボージャスやYoshinoをボーカルとして迎えるが、1998年にSHOW-YAは解散してしまう。
だが、2005年、デビュー20周年の節目としてオリジナルメンバーで再結成。その時恵子姐さんはメンバー全員に頭を下げ再結成を呼びかけたとか。
脱退の理由はいろいろ囁かれているが、公式には「方向性の相違」とされている(笑)


ソロで活動していた頃より、やはり「SHOW-YAの寺田恵子」がしっくり来ますよね。なんというかパワフルでセクシーでw
さらに87年から始めた女性アーティストのみを集めた野外イベント「NAONのYAON」は、ガールズバンドの認知度を上げることに貢献しましたよね。そこから爆発的にギャルバンが増えたように思います。
THUNDER!さんもギャルバンをプロデュースするようでSHOW-YAのようなカッコいいバンドを期待したいところですね♪

2012年には再結成後初のアルバム「GENUINE DIAMOND」もリリースし、昨年にはシングル「V.S. MYSELF」もリリースしましたよね。
SHOW-YAとしての活動は今は静かですが、恵子姐さんはいろいろライブを行われてます。
「Acoustic Rock」と銘打ち寺田恵子のROCK魂を培ってきたルーツを洋楽中心にたどる一夜限りのライブ。
SHOW-YAとは違う彼女の魅力を存分に味わえる初の舞台ブルーノート東京公演ぜひご来場ください。

[公演名] JCB PRESENTS「Acoustic Rock ~K’s HISTORY in 洋楽~」
[出演者]寺田恵子(SHOW-YA)、ichiro、力石理江、中島オバヲ
[公演日] 2014年1月13日(月・祝)開場 14:45 / 開演 16:00
[チケット] 全席自由席 ¥9,000(税込)
[会場] BLUE NOTE TOKYO 〒107-0062東京都港区南青山6-3-16ライカビル
気になりますよね♪

「V.S. MYSELF」のMVはエンディングが違う3バージョンあるとかw



https://www.youtube.com/user/showyaofficial/

という感じで、Youtube動画をいっぱい貼付けてごまかしてみました(笑)
年末年始は少しバタバタしてしまうので、あまり深く掘り下げられませんでしたが、これからもいろんな懐かしのバンドも紹介してみようと思います。

では、また次回に♪



ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play