VANS WARPED TOUR JAPAN Report Day-1

[Category:Live/Event Report・Artist: KORN / LIMP BIZKIT / OF MICE & MEN / Crossfaith ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]










Artist Archive

Feature / PickUp
2018年上半期 話題になったHR/HMライブ10選
つい最近の曲に思えて実はもうだいぶ前のハードロック/ヘヴィメタル曲集
メタルコアの名曲20選
遅いヘヴィメタルの名曲20選
BABYMETALと一緒に記念撮影した人たちって誰?PART4
似てるとよく言われるハードロック/ヘヴィメタル曲PART1
スポーツジムで使用されるHR/HM楽曲集
2017年3月のHR/HMニュースまとめ
17/03/17 KXM『Scatterbrain』Release!
2016年12月HR/HMニュースまとめ

Artist/DIsc Review
KORN『The Serenity of Suffering』Review
OF MICE & MEN『RESTORING FORCE』Review
KORN『KORN(Self Title)』Review

Live/Event Report
VANS WARPED TOUR JAPAN Report Day-1
KNOTFEST JAPAN 2016 Report (Day-2後編)
Ozzfest Japan 2015 Day-1 Live Report後編
Ozzfest Japan 2015 Day-1 Live Report前編
KNOTFEST JAPAN 2014 Day-2 Report
KNOTFEST JAPAN 2014 Day-1 Report

Live/Event Information
X JAPAN LIVE 2018 〜YOSHIKI 復活の夜〜
LIMP BIZKIT Japan Tour 2018
VANS WARPED TOUR JAPAN 2018
KORN Japan Tour 2018
KNOTFEST JAPAN 2016(11/5・6)
Ozzfest Japan 2015 Day-1(11/21sat)

Staff Blog
Happy Birthday Head(KORN)
Happy Birthday Ray Luzier(KORN)
Happy Birthday Munky(KORN)
Happy Birthday John Otto(LIMP BIZKIT)
Happy Birthday Wes Borland(LIMP BIZKIT)
Happy Birthday Jonathan Davis(KORN)
Ozzfest Japan 2015 OF MICE & MENキャンセル NOISEMAKER出演
Happy Birthday Fieldy(KORN)
Happy Birthday Austin Carlile(OF MICE & MEN)
Ozzfest Japan 2015第7弾アーティスト発表 Crossfaith



iTunes Music Store
アメリカの伝統あるロックフェス、VANS WARPED TOURが2018年に幕を閉じる。そして同年、まさかの日本で開催!!
千葉・幕張メッセ9-11ホールにて行われたWARPED TOUR JAPANの模様をお届け。
まずはDay-1、3月31日(土)のレポート。

このWARPED TOUR、チケット代は1日券で11,000円、2日通し券で19,000円とLOUD PARKの約3分の2の価格。というわけでラインナップは外タレ少なめ。
他にも経費を削減してる感があちこち見受けられる。休憩ゾーンの座る席がベンチじゃなく運送用のパレットだったり。
でもって何よりトイレに困るフェスだった。幕張メッセのフェスは毎回トイレの数を補うために仮設トイレがあるが今回仮設トイレ一切なし。トイレの数が足りな過ぎて初日のトイレは大混雑だった。

他にも「飯はちゃんとここで食べて」と言わんばかりに再入場禁止。運営の必死さがよく伝わってくる。
その一方でMONSTER ENERGY DRINKが無料で飲み放題だったりと妙なところがサービス良かったり。

ステージはメイン2つ(EAST STAGE、WEST STAGE)、サブステージが1つ(NORTH PARK STAGE)、そのサブステージの隣にスケート台が設けられ、NORTH PARKのライブの合間にスケートボードのパフォーマンスやTシャツ投げ入れ配布などが行われた。

さて、ライブの方だが出演アーティスト数が多いので筆者が個人的に凄いと思ったのを上位5組だけ書き綴る。WARPED JPのDay-1、個人的に良かったのTOP5

5位 BiSH

bish

時間帯が被ってる裏のOF MICE & MENと行ったり来たりして観ていて実質20分程度しか観れていないが結構印象に残った方。アイドルということで出演が発表されたときはお約束の如く叩かれていたが集客は抜群でパレット座席のエリアまで客が溢れている。
ライブ前は担当者がステージに出てきてダイブ禁止と説明。それからBiSHが出てくる。バックバンドは無し。こういう場でバックバンドがないのは物足りなくは思うが一応バックのサウンドは他の出演者同様にラウドだ。この手のスタイルは他に無いし、個性に乏しい普通のロックバンドが出るぐらいならこういう枠が1組か2組ぐらいあった方が良いかと思えた。
尚、途中でリンリンがステージから転落するハプニングがあったが無事に続行された。
-Setlist-
1. GiANT KiLLERS
2. SHARR
3. MONSTERS
4. My landscape
5. SMACK baby SMACK
6. OTNK
7. プロミスザスター
8. BiSH -星が瞬く夜に-


4位 OF MICE & MEN

om&m

WARPEDはやはりパンク、そしてメタルコアバンドが輝く。2015年はOZZFEST JAPANにこの場に立つはずだったが叶わず、ようやくここに来ることができた。ただし残念ながらオースティン・カーライルがいなくなってしまったが。
USメタルコアの人気バンドの彼ら、こういう場で最高に映える。やはりWARPEDはこうでなくてはと感じされられるクールなライブだった。裏がBiSHと強力だったがこちらも集客は良好でどちらかに客をゴッソリ持って行かれるなんてことは起こらなかった。
-Setlist-
1. Defy
2. Warzone
3. Unbreakable
4. Would You Still Be There
5. Money(Pink Floyd cover)
6. Bones Exposed
7. Instincts
8. The Depths


3位 Crossfaith

crossfaith

世界中のライブ百戦錬磨の彼ら、coldrain同様に本場WARPED TOURも経験済み。慣れた感じのライブ運び。キッズたちの盛り上がりも凄まじい。
WARPED TOUR創始者に乾杯したり、この日トップバッターで登場したThe BONEZのJESSEが飛び入りしたりと見どころ豊富。邦楽出演バンドの中では一番の盛り上がりを見せていたように思う。
-Setlist-
1. System X
2. Xeno
3. Monolith
4. Freedom
5. Rockstar Steady
6. Jägerbomb
7. Countdown To Hell
8. Leviathan


2位 LIMP BIZKIT

limpbizkit

第1弾ラインナップで発表された3組のバンドは最早別次元のモンスターだった。90年代ラウドロックのレジェンド達のライブはそれまでのバンドとはオーラも盛り上がりも桁違い。
LIMP BIZKITの出番になると大量の人が押し寄せてくる。筆者の近くにいた客は「数年前のLOUD PARKは一体何だったんだ」と言葉を漏らす。LOUD PARK 11での彼らのライブを知る人はみんなそう思うであろう、あのスッカスカな集客だったライブを帳消しにする大人気ぶり(まあKNOTFEST JAPAN 2014で既に帳消しにしていたが)。
ラップメタルの大ヒット曲を連発してアリーナは終始大歓声の嵐。勢い余ってフレッド・ダーストの歌が演奏とズレたりもしていたがそんな粗も帳消しにする熱狂ぶりだ。METALLICAのMaster Of PuppetsとSLAYERのSouth Of Heavenのリフを演奏するところも大ウケ。
この日のメインアリーナは中央スクリーンが中盤から調子がおかしくなりだし、LIMP BIZKITのライブではスクリーンはもうメチャクチャでまともに映らないというアクシデントも。
サポートベースに日本人女性、ここに来て遂に復帰DJリーサル、背景と同化しているウェス・ボーランド、何から何まで印象深い内容だった。あとウェス・ボーランドはこのライブから程なくしてX JAPANのライブにゲスト出演するのでこちらもどうなるか楽しみ。
-Setlist-
1. Hot Dog
2. Rollin' (Air Raid Vehicle)
3. Faith(George Michael cover)
4. Bring It Back
5. My Generation
6. Livin' It Up
7. Boiler
8. My Way
9. Break Stuff
10. Take a Look Around


1位 KORN

korn

LIMP BIZKITがヘッドライナーでも全然いけるWARPED JAPAN Day-1だがKORNもまたレジェンドとしての貫禄を見せつけ、更に大きな感動を与えてくれた。
2016年に発売した通算12作目のアルバム「The Serenity of Suffering」を引っ提げての来日。KORNはまだまだ現在も新曲でも勝負してくる。
ここでのKORNのライブはトリらしくスクリーン演出付き。お洒落だ。しかし中央のスクリーンは完全にノックアウト。KORNはヘッドライナーなのに最初から最後まで中央スクリーンの中継なしという悲しいことになってしまった。
彼らもオーラがまた凄いが音がこれまた凄い。どの出演アーティストもラウドでヘヴィなサウンドだがKORNはそれよりも更にヘヴィでドスの効いた破壊力抜群のサウンドを奏でる。本当に何から何まで他とは一線を画す彼ら。強烈な個性にひたすら感心させられた。
coldrainのMasatoはこの日自身のライブで「自分がバンドを始めるきっかけとなったバンドが今日2組出る」と言っていたがそれは言うまでもなくリンプとコーンのことであろう。気がつけば彼らのような唯一無二で憧れを抱くぐらいカッコイイ人材がすっかり現れなくなってしまった。ここらで再度コーン級のロックの革命児の登場してくれないだろうかなんて思った。
-Setlist-
1. Rotting in Vain
2. Falling Away From Me
3. Here to Stay
4. Y'All Want a Single
5. Black Is the Soul
6. Did My Time
7. Shoots and Ladders
8. Twist
9. Got the Life
10. Coming Undone
11. Insane
12. Make Me Bad
13. Somebody Someone
Encore:
14. 4 U
15. Blind
16. Freak on a Leash


ライブが終わったらステージにアナウンスの人が告知、明日もWARPED TOURあります、ヘッドライナーは先日大阪で素晴らしい公演を行ってくれたPROPHETS OF RAGEですと告げ、この日は幕を閉じた。

Day-2のレポートに続く


ヘヴィメタルマンガ『メタル生徒会長』

メタル生徒会長










M.J. ROCK JAM 出演者募集中!

M.J. ROCK JAM Vol.8 in TOKYO ☆ Clear Blue Sky ☆

M.J. ROCK JAM Vol.7 in OSAKA ☆ Otsukimi Recital ☆
Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play