ジャパメタファッション温故知新 (第3回)

[Category:Special Column・Artist: 他Webマガジン ・Writer:METAL JAPAN]
このコンテンツは他Webマガジンからのコピーです。他Webマガジンが閉鎖されたため当サイトにてコピーしております。ご了承ください。なおこのコンテンツについてのお問い合わせはご遠慮ください。また削除ご希望の方はお申し出くださいませ。



iTunes Music Store
[連載] ジャパメタファッション温故知新 (第3回)


どーもー、まさっきーでーす!(楠田枝里子風にw)
もはや3回目でネタが尽きかけていますが、気にせず進めたいと思っています(笑)
前回は70年代に少し遡ってお話ししてみましたか、今回はしっかり80〜90年代に戻そうとガンバってみます!


column_17_106.jpg
80年代のメジャーなジャパメタバンドは以前紹介した方たちが中心なんですが、今回は少しインディーズ界に注目してみたいと思います。
あの頃はメジャーレーベルも新人発掘のためにインディーズ界を注目していました。インディーズレーベルも少なく自主制作も相場が高く、メジャーなレーベルからリリースするのは高嶺の花な感じが漂ってましたね。
まずインディーズ界で人気を上げてメジャーにステップアップするってのがセオリーで、少ないギャラでツアーに回ったりバイトして貯めたお金はバンド活動に全て消えていきました…何とかメジャーなレーベルに注目されようと必死だった気がします。
寸前まで人気が上がっても音楽性の相違や経済的に疲れ果てて解散や分裂・脱退で消えていったバンドも多かったですよね。安定して続けるのが難しいのは今も昔も変わらないんですね。昔の方がプレイヤー人口が少なかったので厳しかったとは思いますね。
そんな中で人気を博したインディーズバンドはメジャーを超える勢いだったのも事実です。その頃のメジャーレーベルは殿様気質が強く、バンド側はレーベルの言いなりでやりたい音楽も出来なくて自由にさせてもらえなかったのが多く、メジャーより自由なインディーズに留まるバンドも多かったですね。その頃からインディーズレーベルが増えて今に至ると感じますね。
今は自主制作も安くなり販路も多彩になったのでレーベルに依存しないマーケットが確立されてきているので良いですよね!だから良いバンドが世に出やすくHR/HM業界が盛り上がればと願っております。


column_17_107.jpg
80年代前半、関西ではEARTHSHAKER・44MAGNUM・MARINO・X-RAY・MAKE-UP、関東からもBLIZARD・AROUGEなどのバンドが次々とデビューを果たしましたね。
その頃、女性メタルシンガーが次々と出て来ましたね!樋口宗孝のプロデュースで浜田麻里(Hamada Mari)が、高崎晃のプロデュースで本城未沙子(Honjo Misako)がデビュー。(写真は今の本城さんw)続いて早川めぐみ(Hayakawa Megumi)・橋本みゆき(Hashimoto Miyuki)などで、実はイニシャルが「H.M.」(Heavy Metal)なのが面白かったですね♪
中期にはRAJAS・ACTION・FLATBACKER(E・Z・O)・ANTHEM・SABBLABELLSなどなどがデビューでしたね。


column_17_108.jpg
個人的に大好きな「SHOW-YA」も中期ですね。女性だけのバンドはめずらしく、ちょっと歌謡チックな感じでしたが一般的にHR/HMを浸透させた立役者だと思いますね。一時は秋元康が楽曲を手掛けていたらしいです(笑)恵子姐さんは今でも美しいです(笑)
同じく中期に鮮烈デビューを果たしたのは「聖飢魔II」ですね。今では閣下が音楽以外のメディアに出る機会が多くイロモノ扱いされ気味ですがw、バンドとしてはレベルも高く人気を博していましたね。いやぁホント、閣下の「舟唄」は圧巻でしたね♪(最新ネタww)


column_17_110.jpg
この頃からだと思うのですが、オムニバスアルバムが出てくるようになったと思います。インディーズを含めいろんなバンドの音を聴けるので重宝していました。今でもオムニバスは盛況で良く見かけます。新しく面白そうなバンドを探すのにも役立ちますよね!
イベントもオムニバス形式でいくつかのバンドを集めてのフェス的な催しも増えて来ました。その影響からかライブハウスもイベント形式になることも多く、少し割高でしたがいろんなバンドが見れるので楽しかったですね。
それ以前はライブハウスと言えばブッキングがほとんどでした。2〜3組のブッキングバンドだけで集客が見込めハコも儲かったんですが、バンドブームもありプレイヤー人口が増えバンド数が増え全体的にレベルが下がって来たのでハコ側も出演者を数多くまとめて集客を見込んだんだと思いますね。のちにハコ側は場所だけ提供しリスクを減らしイベント主催者に丸投げするところも増えてきました。昔のライブハウスとちょっと違う気がしますね。


column_17_111.jpg
80年代のインディーズ界を牽引していたバンドは、REACTION・MEPHISTOPHELES・DEAD END・D'ERLANGER・X・CASBAH・HELLEN・DEMENTIA・JURASSIC JADE・JEWEL・MURBAS・AMBITIOUS・UNITED・URGH POLICE・TILT・SNIPER・OUTRAGE・PRESENCE・MEIN KAMPF・SAVER TIGER(横須賀)・STARVATIONなどなど。懐かしい面々が勢揃いですねw
のちにREACTION・DEAD END・X(X-JAPAN)・OUTRAGE・AMBITIOUS・UNITED・TILT・PRESENCEなどはメジャーデビューしましたね。
今でも続けられているバンドもあり、メンバーを替え名前を変え頑張ってられるバンド、消えてしまったバンドもありで複雑な気分ですね。


こんな感じで今回はここまでなんですが、またもやファッションの話しではなく「懐かしのジャパメタ列伝」になりましたね(笑)
今後も昇進いたしますw

では、また次回に♪



ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!









Crazy☆Fest Extra - Fuki Commune x Mary’s Blood x 榊原ゆい - クレイジー☆フェストExtraは魅惑の3マンで開催!
Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play