ARCH ENEMY 「Will To Power」 Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: ARCH ENEMY ・Writer:もりき(ライター)]



iTunes Music Store
大いなる力をその手に! Feel the strength!


2017/9/8 Release
Track list
1.THE RACE
2.BLOOD IN THE WATER
3.THE WORLD IS YOURS
4.THE EAGLE FLIES ALON
5.REASON TO BELIEVE
6.MURDER SCENE
7.FIRST DAY IN HELL
8.SATURNINE
9.DREAM OF RETRIBUTION
10.MY SHADOW AND I
11.A FIGHT I MUST WIN
12.SET FLAME TO THE NIGHT
13.BACK TO BACK (日本盤ボーナス・トラック)
14.CITY BABY ATTACKED BY RATS (日本盤ボーナス・トラック)



ARCH ENEMY通算10作目となった今作においては、やはり衝撃を与えたのはAlissa White-Gluz(Vo)のクリーンヴォーカルの解禁だ。5曲目の「Reason To Live」ではTHE AGONIST以来のクリーンヴォーカルを披露!また元NEVERMOREのJeff Loomis(Gt)も作品に貢献!テクニカルなギターをMichael Amott(Gt)と共に聴かせてくれる。

作風は私的には「Burning Bridge」+「Doomsday Machine」÷2といった所にTHE AGONISTやNEVERMOREの音楽性がスパイスの様になっていると思う。

LOUD PARK17のBLACK EARTHにて再確認できた初期ARCH ENEMYの攻撃的なスタイルを継承している「The Race」と「Murder Scene」がカッコいいのは勿論、過去アルバムの「Doomsday Machine」や「Rise Of The Tyrant」の様に激しさの中のメロディアスさを強調した「The World Is Yours」、「First Day In Hell」、「Dream Of Retribution」も印象的だ。

速い曲だけではなく、前述した「Reason To Live」、「The Eagle Flies Alone」、「A Fight I Must Win」といったミドルテンボのナンバーもじっくりと聴かせてくれる。来年2018年2月に早速ARCH ENEMYはJAPAN TOURで来日をしてくれる。最新作の楽曲がどのような形で再現されるのか今から期待しよう。





ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play