AVENGED SEVENFOLD『Avenged Sevenfold(Self Titled)』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: AVENGED SEVENFOLD ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
Avenged Sevenfold(Self Titled Album) 10th Anniversary!!
21世紀最強のヘヴィメタルバンドと言っても過言ではないAVENGED SEVENFOLD。その彼らの4thアルバム「Avenged Sevenfold(セルフタイトル)」発売10周年を迎えた。ここで今一度この2000年代屈指のメタルの名盤にスポットライトを当ててみる。


Avenged Sevenfold アヴェンジド・セヴンフォールド 
AVENGED SEVENFOLD アヴェンジド・セヴンフォールド 
2007年10月30日発売

- TRACK LIST -
1. Critical Acclaim
2. Almost Easy
3. Scream
4. Afterlife
5. Gunslinger
6. Unbound (The Wild Ride)
7. Brompton Cocktail
8. Lost
9. A Little Piece of Heaven
10. Dear God

~PERSONNEL~
M. Shadows – lead vocals
Zacky Vengeance – rhythm guitar, backing vocals
The Rev - drums, percussion, backing/co-lead vocals, piano
Synyster Gates – lead guitar, backing vocals
Johnny Christ – bass guitar, backing vocals

~CHARTS~
US - 4
UK - 24
Australia - 37
Canada - 21
Irish - 41
Japan - 12


~REVIEW~
簡潔に言ってしまうと「音楽性が幅広い」「わかりやすい」メタルのアルバム。METALLICAやIRON MAIDENを引き継ぐ王道なメタルをベースにしているのは前作同様だが、シンフォニックだったりモダンだったり色んな音楽を取り入れたりしている、極めて意欲的な作品だ。特に終盤、ミュージカル的なA Little Piece of Heaven、喉かなカントリーナンバーDear Godは実にぶっ飛んでる。とても良い意味で。このアルバム発売から2年後に亡くなるThe Revの作曲センスとバックヴォーカルにも感心させられる。
A7Xはキャッチ―なメロディー作りに余念がないがこのアルバムはキャリアの中でもメロディーが最高品質と言っても良いぐらい、素晴らしいクオリティーだ。間違いなく21世紀最強のメタルアルバムの一つに数えられる。それは前作もそうだと思うがこちらは曲構成がだいぶシンプルになって尺数も短くまとまったので(それでもそこそこ長い方だが)更にとっつきやすくなっている。洋楽ロックやメタル入門にもうってつけの一枚。


~VIDEOS~





『Avenged Sevenfold』LIVEで演奏された回数が多い曲ランキング(2017年10月時点)
1. Afterlife
2. Critical Acclaim
3. Almost Easy
4. A Little Piece of Heaven
5. Scream
6. Gunslinger
7. Dear God
8. Brompton Cocktail

ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play