福山芳樹 + F-BAND @ 新宿 ReNY - 福山芳樹 MAGIC TOUR

[Category:Live/Event Report・Artist: JAM Project ・Writer:KD]






iTunes Music Store
9/9@新宿迷子にならずw

いや〜!いいライブだった!福山芳樹+F-BAND
よっちゃん(福山芳樹)、森田くん(森田哲朗)、麻生くん(麻生祥一郎)、Keyの方お名前失念しました失礼。
もうね、ライブの余韻が残っちゃって残っちゃって逆に忘れたらヤバいと思い書きたいことは書いておこうと決めました。

当日はいい天気で娘と娘の彼氏と三人で行きました。
会場は満杯、二階の椅子席で観させてもらえたので下が丸見えだからステージと客席の様子がよくわかってもの凄く楽しかったです。

二部構成になっていて第一部は新譜から全10曲、第二部はマクロス7、そしてアンコール、決定事項としてMCされてるのがうまい!

一部はお客さんも初めて聴く人が多いのか普通のライブでした。いや、じつは演奏が始まっておれは演奏に吸い込まれるように聴いている自分に驚いた。メンバーの内3人が昔から知ってるミュージシャンで尚かつ麻生くんとは同じ釜の飯を食った仲で前日からちょっと怖い気持ちもありました。もしかしたら聴いてるのが辛くなって会場の外に出てしまうかもしれない「おれはいったい何をしてるんだろう、なぜステージに立っていないんだろう…」もしかしたらそう思う。そんなことが脳裏をかすめていた。

でも違った。福山芳樹のバンドは本当のバンドだった。もしかしたらよっちゃんのバックバンドかも、な〜んていうのは大外れ。すっげーいいバンドだった。だから曲が進むにつれてどんどんその世界に入り込むことが出来た。

ライブにはハプニングがつきものです。小さなハプニングがいくつかありました。でもそのハプニングを逆手に取ってお客さんを引き寄せるのもプロのテクニック。冴え渡ってました。うまいなぁって思った。

一部と二部の間に突然始まった余興。うまいなぁ、本当にうまい。

そして二部、正直びっくりした。マクロス7からの(きっと)人気曲をやったんだろうけどこんなにステージと客席が真面目(!)に一体感をかもし出すライブを観たのは初めてだった。お客さんが大真面目に大盛り上がりする、異常に大盛り上がりするのは年に一回程度知ってるんだけども(笑)
よっちゃんが煽る、客が答える。すっばらしいコール&レスポンス、おれは楽しくて楽しくてニヤニヤしっぱなしでした。

よっちゃんと言えば今ではJAM Projectで大活躍、でも昔麻生くんとハミング・バードというバンドを組んでいてそのときにマクロス7をやってた。ステージが終ってよっちゃんと話してたら「お互いにちゃんと聴いたことがない」みたいなことから「そういえばあの頃一緒に対バンしてたから」と言われ、そうだそうだBay Hallで対バンしてたんだ、おれがベース初めたばっかりの頃だ、と思い出した。何はともあれよっちゃんがおれのことを覚えてくれてたことが嬉しかった。

森田くんとは不思議な縁がある。出会う機会が全部点という、その度に「久しぶり〜」っていう挨拶から。
もう時効だから告白するけどね、おれ、森田くんと初対面のときにすっげー失礼なこと言ったんだよね。内容はさすがに言えないけど普通嫌われるよなってことを偉そうに今風な言葉で言うなら上から目線で、おれって酷いヤツだったんです。なのにその後も居住地が近かったからなのか度々会ったり噂を聞いたりして会えば普通に接してくれてもらえたから今回も声をかけることができたんです。そしてベースラインは変わらずボーカルに寄り添うようにしっかりとボトムを押さえていました。同じベーシストとしてとても勉強になるプレイヤーです。

キーボードの方とちゃんと挨拶出来なかったのが悔やまれる。会釈だけはしたんだけどめっちゃいい笑顔でした。

さて、麻生くんは麻生くんでした。
ドラムが進化してました。たぶんもうおれの手の届くところには居ないなって感じた(ちょっと寂しいw)。ドラムソロを冷静にでもわくわくしながら観れたのが最高だった。
終演後ちょっと意見を言ったんだけど(ダメだしじゃないですw)帰宅して娘から「麻生さんにあんなこと言って「何言ってんの(ビシッ!!!)」ってやろうと思ったけど我慢した」と言われました(笑)

娘と彼氏も大盛り上がりでした。

メンバー全員がいろんなことしてるのにしっかりとバンドであったことがとてもよかったです。
おれが外に出ず約3時間のライブを(それも知り合いの)楽しめたのはお客さんの盛り上がりはもちろんのことやっぱり演者の力量だと痛感したしだいです。

本当に、本当にいいライブでした。ありがとう!←この言葉が自然に出てしまう…(今になってちょっと悔しくなってきた、笑)

2017.09.11
ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play