BABYMETALと一緒に記念撮影した人たちって誰?PART4

[Category:Feature / PickUp・Artist: BABYMETAL / KISS / LIMP BIZKIT / PANTERA / OPETH / HELLYEAH / Begginer ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
これまでに世界中の大物アーティストと絡んできたBABYMETAL。そのBABYMETALと一緒に記念撮影したアーティストが何者なのか知らない人のための記事。BABYMETALきっかけから入るハードロック/ヘヴィメタル初心者講座、そのPART4

PART1から読む
PART3 (DRAGONFORCE / MEGADETH / SUICIDAL TENENCIES / QUEEN / JUDAS PRIEST)


UNLOCKING THE TRUTH アンロッキング・ザ・トゥルース

unlocking

■アメリカ ニューヨーク出身。2007年結成。
■ニュー・メタル、オルタナティブ・メタルに属される音楽性。

■若くして世界最大規模の野外フェス"Coachella festival"に出演したり、GUNS N' ROSESやMARILYN MANSONのオープニング・アクトを務める(マリリン・マンソンとはステージ上で共演もしている)。2014年、当時バンドメンバー全員が中学生の年齢にして最高報酬180万ドル(約1億8000万円)という内容でSony Musicと契約したことで大きな話題となった。

■BABYMETALとは2014年にカナダのフェス「HEAVY MONTREAL」で一緒になり記念撮影を実施。

~UNLOCKING THE TRUTH Album List~
Chaos (2016)


◎アンロッキング・ザ・トゥルースが気に入ったら次はこれらのアーティストを聴くことを推奨
ブッチャー・ベイビーズ、キング810、オブ・マイス・アンド・メン、アッティラ など


LIMP BIZKIT リンプ・ビズキット

limpbizkitbabymetal

■アメリカ フロリダ州ジャクソンビル出身。1994年結成。
■ヒップホップとヘヴィロックを融合した音楽性。1990年代に流行したスタイルの音楽であり、ラップロック、ラップメタル、ニューメタル、ミクスチャーと呼ばれている。1990年代後半から2000年代初頭にかけて爆発的にヒットを飛ばした。世代の近いバンドであるリンキン・パークと並んでラップロックの代名詞的存在。

■ギタリストのウェス・ボーランドは奇抜な格好でステージに上がることで知られる。
■ウェス・ボーランドは2008年のX JAPANの再結成東京ドーム公演にゲストギタリストとして出演した。
■BABYMETALの楽曲「おねだり大作戦」はリンプ・ビズキットの代表曲である「マイ・ジェネレーション」のオマージュとなっている。

■BABYMETALとリンプ・ビズキットは2015年のRock im Revierで一緒になった。ヴォーカルのフレッド・ダーストと記念撮影を実施。フレッド・ダーストはBABYMETALのライブを観賞し、インタビューでも触れたりしている。

~LIMP BIZKIT Album List~
Three Dollar Bill, Y'all$ (1997)
Significant Other (1999)
Chocolate Starfish and the Hot Dog Flavored Water (2000)
Results May Vary (2003)
Gold Cobra (2011)


◎リンプ・ビズキットが気に入ったら次はこれらのアーティストを聴くことを推奨
コーン、リンキン・パーク、スリップノット、パパ・ローチ など


PANTERA パンテラ
HELLYEAH ヘルイェー

hellyeahbabymetal

■アメリカ テキサス州ダラス出身。
■パンテラは1981年結成し、2003年に解散。ROCK IN VIENNA 2015でBABYMETALと写真を撮ったドラマーのヴィニー・ポールは2006年にヘルイェーを結成。


■パンテラは1980年代から活動しており、メタリカなどスラッシュメタル四天王と同世代だが、パンテラがブレイクしたのはメタリカらより一世代遅れた1990年代のこと。1990年代のヘヴィメタルシーンを代表するバンド。
■パンテラのギタリストのダイムバッグ・ダレルはメガデスに加入するよう招かれていたが弟のヴィニー・ポールも一緒に加入することが条件であったためメガデス加入には至らなかったという逸話がある。これによりメガデスにはマーティ・フリードマンが加入する。
■パンテラ解散後、ダイムバッグとヴィニーはダメージ・プランを結成。しかし2004年にダメージ・プランのコロンバスでの公演中にダイムバッグが観客の一人に射殺されるというとんでもない悲劇に見舞われた。尚、その犯人も駆け付けた警察によって射殺された。
■パンテラのヴォーカルであったフィル・アンセルモはDOWN(ダウン)というバンドでも活動。パンテラのベーシストであったレックス・ブラウンも途中から加入したが2011年に脱退。ダウンは2016年にフィル・アンセルモがステージ上で不適切発言(人種差別の意味合いを持つジョークを発した)をして問題となって以降、活動が止まってしまっている。

■2017年、BABYMETALのロサンゼルスでのヘッドライン公演にヘルイェーがゲストアクトで出演し、話題となった。

~PANTERA Album List~
Metal Magic (1983)
Projects in the Jungle (1984)
I Am the Night (1985)
Power Metal (1988)
Cowboys from Hell (1990)
Vulgar Display of Power (1992)
Far Beyond Driven (1994)
The Great Southern Trendkill (1996)
Reinventing the Steel (2000)


~HELLYEAH Album List~
Hellyeah (2007)
Stampede (2010)
Band of Brothers (2012)
Blood for Blood (2014)
Unden!able (2016)


◎パンテラが気に入ったら次はこれらのアーティストを聴くことを推奨
スレイヤー、アンスラックス、ラム・オブ・ゴッド など


OPETH オーペス

opeth

■スウェーデン ストックホルム出身。ミカエル・オーカーフェルト(Vocal,Guitar)を中心とし、1990年結成。
■テクニカルでプログレッシブなデスメタルの音楽性でプログレッシブ・デスメタルの代表格とされていた。しかし2010年代からデスメタル色が無くなり、より古典的なプログレッシブ・ロックに変化している。


■2007年代より加入したギタリストのフレドリック・オーケソンは2000年代半ばに短期間ながらARCH ENEMY(アーチ・エネミー)に加入していた。
■初来日公演は2006年、初開催のLOUD PARK出演。バンド結成から16年目にして初めての日本公演が叶った。それ以降はほぼ2年置きに来日公演を行うようになった。
■OPETHとBABYMETALは2015年のROCK IN VIENNAで一緒になり、記念撮影を撮った他、ミカエル・オーカーフェルトはインタビューでもBABYMETALについて語っている。コチラ参照

~OPETH Album List~
Orchid (1995)
Morningrise (1996)
My Arms, Your Hearse (1998)
Still Life (1999)
Blackwater Park (2001)
Deliverance (2002)
Damnation (2003)
Ghost Reveries (2005)
Watershed (2008)
Heritage (2011)
Pale Communion (2014)
Sorceress (2016)


◎オーペスが気に入ったら次はこれらのアーティストを聴くことを推奨
アット・ザ・ゲイツ、キング・クリムゾン、メシュガー、ゴジラ など


KISS キッス

kissbabymetal

■アメリカ ニューヨーク出身。1973年結成。
■ストレートで親しみやすいロックンロール。また曲によってリードボーカルが変わる。同時期に現れたQUEENとAEROSMITHと共にハードロック御三家と称される。シングル、アルバム総売り上げは1億1000万枚以上。ロック界の頂点の階級に君臨するバンドの一つ。
■白塗りのメイクと派手な衣装を身にまとったキャラクター性の強さがまた大きな特徴(ただしメイクしないで活動していた時期もある)。メイクは歌舞伎からの影響だと言う。またKISSの音楽性や派手な格好はX JAPANなどにも大きな影響を与えた。
■ライブ演出も極めて派手。パイロテクニクスを多用する他、ポール・スタンレーはお立ち台ステージに移動したり、ジーン・シモンズは吐血パフォーマンスを行ったりなど様々な演出を行う。

■グッズ売り上げも凄まじい。ジーン・シモンズ曰くライブを行えば物販の売り上げだけでトラック一台買えるだけの収益が発生するという。
■上げだしたらキリがないほど話題性が極めて多い。来日するとライブ以外にも様々なことを行う(大量の取材を受けたり、ファッションショーなど異質なイベントに出演したりする)。展覧会も行われたりした。
■日本語も結構喋ったりする。ポール・スタンレーがよく使う日本語は「あなたは最高です!」、ジーン・シモンズがよく使う日本語は「皆さん拍手!拍手!」
■2015年にはももいろクローバーZとコラボレーションし、シングル「夢の浮世に咲いてみな」発売とカップリング東京ドーム公演を行った。

■日本のアーティストもよく聴いており、坂本九、X JAPAN、THE YELLOW MONKEY、サザンオールスターズをフェイヴァリットに挙げている。坂本九の代表曲「上を向いて歩こう」はライブでも演奏される。又、X JAPANのYOSHIKIとは親交も深く、X JAPANの映画「WE ARE X」にジーン・シモンズが出演している。
■動員数が極めて少なかったことで知られる2006年開催のロックフェス「UDO MUSIC FESTIVAL」のヘッドライナーであったこともマニアの間でよく語られる。
■タイアップが多いためファンでなくとも聞き覚えのあるメロディがよくある。特に有名なのは2000年代に放送された「I Was Made For Lovin You」を歌うCanonのCM。

■結構間違われることがあるがピーター・クリスとエース・フレーリーはKISSの元メンバーである。2000年代半ばより再脱退している。後任(エリック・カーとトミー・セイヤー)も全く同じメイク、格好でパッと見同一人物に見えてしまうため誤解されやすい。
■BABYMETALとKISSはROCK IN VIENNA 2015で記念撮影を実施。

~KISS Album List~
Kiss (1974)
Hotter Than Hell (1974)
Dressed to Kill (1975)
Destroyer (1976)
Rock and Roll Over (1976)
Love Gun (1977)
Dynasty (1979)
Unmasked (1980)
Music from "The Elder" (1981)
Creatures of the Night (1982)
Lick It Up (1983)
Animalize (1984)
Asylum (1985)
Crazy Nights (1987)
Hot in the Shade (1989)
Revenge (1992)
Carnival of Souls: The Final Sessions (1997)
Psycho Circus (1998)
Sonic Boom (2009)
Monster (2012)


◎キッスが気に入ったら次はこれらのアーティストを聴くことを推奨
エアロスミス、クイーン、モトリー・クルー など


PART5(BRING ME THE HORIZON/BULLET FOR MY VALENTINE/CROWN THE EMPIRE/FIVE FINGER DEATH PUNCH/SLIPKNOT/STONE SOUR)

METAL JAPAN WEB COMIC

METALJAPANWEBCOMIC


M.J. ROCK JAM Official HP M.J. ROCK JAM Twitter

MJROCKJAM2018リフ香








Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play