にゃんごすたーが叩いたハードロック/ヘヴィメタル曲解説

[Category:Feature / PickUp・Artist: METALLICA / BON JOVI / BABYMETAL / LINKIN PARK / SLIPKNOT / X JAPAN / BULLET FOR MY VALENTINE / hide / Begginer / にゃんごすたー ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
青森県黒石市出身のゆるキャラにゃんごすたー NYANGOSTAR。驚異的なドラムテクニックを誇り、今や一躍有名キャラに。
にゃんごすたーは様々な楽曲をプレイしている。しかし、にゃんごすたーは好きだがにゃんごすたーがプレイしたのはなんという曲なのか、どういうアーティストなのか知らないという人もいることであろう。そんな人のためににゃんごすたーがドラムでプレイしたハードロック/ヘヴィメタル系の楽曲をこちらで初心者向けに解説する。


紅 / X
くれない / エックス

にゃんごすたーが叩いた曲で真っ先に上げられるのがコレ。日本を代表するロックバンド、“ヴィジュアル系”の生みの親であるX JAPANの代表曲。X名義時代のナンバー。1989年発売の2ndアルバム「BLUE BLOOD」収録。
高校野球のブラスバンドの演奏定番曲の一つでもお馴染み。日本人なら誰もが聴き覚えのあるメロディであろう、日本のロックの歴史的名曲。

Silent Jealousy / X
サイレント・ジェラシー / エックス

同じくX JAPANのX名義時代を代表する壮大なハイスピードナンバー。1991年の発表曲。アルバム3rd『Jealousy』に収録。
X JAPANのベストアルバム『FAN'S SELECTION』のリクエスト投票で1位に輝いたバンド屈指の人気曲。

DAHLIA / X JAPAN
ダリア / エックス・ジャパン

1996年発表曲。4thアルバム『DAHLIA』のタイトルトラック。
XからX JAPANにバンド名を変更して以降X JAPANは上述の「Silent Jealousy」のようなハイスピードな曲はほぼ作らなくなる。そんな中、この「DAHLIA」は数少ないX JAPAN名義でのハイスピードナンバー。

ROCKET DIVE / hide with Spread Beaver
ロケット・ダイブ / ヒデ・ウィズ・スプレッド・ビーバー


X JAPANのギタリストであるhideがX JAPANが1997年に解散して(2007年に再結成)間髪を入れずに始めたバンド。この「ROCKET DIVE」は1998年1月、X JAPAN解散ライブから一ヶ月と経たないうちにシングル発売。「ロケットに乗って飛び出して行こう」といった前向きなメッセージが込められたノリの良いナンバー。又、KISSの曲「ROCKET RIDE」のオマージュの意味合いも込められている。

ピンク スパイダー / hide with Spread Beaver
ピンク スパイダー / ヒデ・ウィズ・スプレッド・ビーバー


1998年5月発売シングル。上述の「ROCKET DIVE」とはうってかわって失敗と挫折を歌ったネガティブな歌詞が特徴。hide最大のヒットナンバー。しかし、この曲のシングル発売日直前にしてhideは突然この世を去り、日本中が大騒動となった。

紅月 / BABYMETAL
アカツキ / ベビーメタル

アイドルとヘヴィメタルを融合した音楽性で世界中を熱狂させている日本が誇るグループBABYMETALのドラマチックなナンバー。2013年発売のシングル「メギツネ」のカップリング曲。2014年発売の1stアルバム『BABYMETAL』収録。BABYMETALのコアなファンからの人気が非常に高い。上述のXの「紅」のリスペクト感があり、SU-METALが一人で歌っているのが特徴。

Before I Forget / SLIPKNOT
ビフォア・アイ・フォーゲット / スリップノット


アメリカ・アイオワ出身のマスクを被った9人編成のバンド。キャラクターも音楽も極めてヘヴィでダークで厳か。ヘヴィミュージック界最強のバンドの一つ。
この「Before I Forget」はSLIPKNOTの中でも特にキャッチ―なナンバー。2004年発売の彼らの3rdアルバム『Vol. 3: The Subliminal Verses(ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)』に収録。

Duality / SLIPKNOT
デュアリティー / スリップノット


「Before I Forget」と並んでSLIPKNOTの中でも指折りのキャッチ―なナンバー。収録されてあるアルバムも同じく2004年発売の『Vol. 3: The Subliminal Verses』。

Faint / LINKIN PARK
フェイント / リンキン・パーク


アメリカ・ロサンゼルス出身、2000年代に驚異的なセールスを記録したモンスター級のロックバンド。ラウドなロックにラップを乗せたスタイルを基本としているがそれだけに留まらない幅広い音楽性を誇る。
この「Faint」はLINKIN PARKの中でも特にノリの良い、アップテンポなナンバー。2003年発売の彼らの2ndアルバム「Meteora(メテオラ)」に収録。
尚、この記事掲載年の2017年にはヴォーカルのチェスター・ベニントンが突然自殺し、全世界に大きな衝撃を与えた。

Master Of Puppets / METALLICA
マスター・オブ・パペッツ / メタリカ


アメリカ・ロサンゼルス出身。ヘヴィメタルの代名詞的存在とも呼べる世界の頂点に君臨するヘヴィメタルバンド。「Master Of Puppets」は1986年に発表された彼らの代表曲でヘヴィメタル史に残る名曲。邦題は「メタル・マスター」。曲もさることながら同タイトルのアルバムも歴史的名盤として頻繁に語られる。

Scream Aim Fire / BULLET FOR MY VALENTINE
スクリーム・エイム・ファイア / ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン


英国・ウェールズ出身のヘヴィメタルバンド。上述のMETALLICAを受け継ぐかのような音楽性で2000年代のヘヴィメタルを代表する存在。略称はBFMV。
「Scream Aim Fire」は2008年発売のBFMVの2ndアルバムのタイトルトラック。バンドの代表曲であり、2000年代のメタルの名曲の一つ。

Hearts Burst Into Fire / BULLET FOR MY VALENTINE
ハーツ・バースト・イントゥ・ファイア / ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン


同じくBFMVの2ndアルバム『Scream Aim Fire』収録曲。BFMVの中では少し異質なメロウなナンバー。

みかんのうた / SEX MACHINEGUNS
みかんのうた / セックス・マシンガンズ


日本のスリーピースのヘヴィメタルバンド。バンド名の由来は英ロックバンド、セックス・ピストルズから。
「みかんのうた」は1999年にシングルとしてリリース。カラオケ人気も高いバンドの代表曲。

American Z / SEX MACHINEGUNS
アメリカン・ゼット / セックス・マシンガンズ

1999年発売の2ndアルバム『MADE IN JAPAN』収録。

It's My Life / BON JOVI
イッツ・マイ・ライフ / ボン・ジョヴィ


アメリカのニュージャージー州出身のハードロックバンド。世界でも指折りのセールスを誇り、1980年代のロックシーンを代表するアーティスト。21世紀になってもその人気は衰えず、コンサート興行収入では常に世界ランクの上位にいる。
「It's My Life」は2000年発表曲。7thアルバム「Crush(クラッシュ)」に収録。1986年発表のBON JOVIの代表曲「Livin On A Prayer(リヴィン・オン・ア・プレイヤー)」の続編的ナンバー(お互い歌詞にトミーとジーナという人物が出てくる)。どちらも高い人気を誇る。

Have a Nice Day / BON JOVI
ハヴ・ア・ナイス・デイ / ボン・ジョヴィ


2005年発売のBON JOVI 9thアルバム「Have a Nice Day」のタイトルトラック。アルバムはオリコンチャートで1位を獲得。上述の「It's My Life」と同じく2000年代のBON JOVIを象徴する人気曲。誰にでも簡単に真似して描けるアルバムのジャケットがまた印象的。


METAL JAPAN WEB COMIC

METALJAPANWEBCOMIC


M.J. ROCK JAM Official HP M.J. ROCK JAM Twitter

MJROCKJAM2018リフ香








Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play