SUMMER SONIC 2017 REPORT Ⅰ(STRUTS,INABA/SALAS,GRANRODEO)

[Category:Live/Event Report・Artist: SUMMER SONIC / B'z / THE STRUTS / GRANRODEO ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]






iTunes Music Store
2000年より毎年恒例となっている日本最大級の夏フェス、SUMMER SONIC サマーソニック。2017年8月、通算18回目のサマソニが大阪と東京(千葉)で二日間に渡って行われた。
こちらMETAL JAPANサイトでは2017年8月19日(土) 大阪・舞洲会場でのサマソニの様子をお届け。全9組のロック系出演アーティストのライブレポートを3組ずつ3つの記事に分けて執筆。まずはTHE STRUTSINABA/SALASGRANRODEOから。

SUMMER SONIC 2017 Official Photo Link


THE STRUTS
サマソニ2017大阪Day-1、メインステージであるOCEAN STAGEのトップバッターは昨年のMOUNTAIN STAGEのトップバッターだったTHE STRUTS。今年2月には単独来日公演も実施。わずか半年で日本に再来するあたりがもう日本での人気を着実に上げてきているわけでこれが実に微笑ましい。2年連続でサマソニに出演して日本での人気を確立した洋楽バンドといえばARCTIC MONKEYSやAVENGED SEVENFOLDといった前例があるが次は彼らというわけだ。
そんなTHE STRUTSはQUEENを彷彿させるロックンロールで魅了。特にヴォーカルはFreddy Mercuryの生まれ変わりかと思うぐらい。マキシマム ザ ホルモンのTシャツを着ている人々も楽しそうだ。今年出した新曲「One Night Only」も好反応。メインステージのトップバッターとしての役割をしっかり果たしてくれた。このライブでファン層も広がったっぽいし、この調子でグングン出世してほしい。
-Setlist-
1. Put Your Hands Up
2. Could Have Been Me
3. Kiss This
4. One Night Only
5. Put Your Money On Me
6. Where Did She Go


INABA/SALAS
稲葉浩志(B’z)とStevie Salasのバンド。稲葉浩志がアメリカの人気ギタリストと組むのはこれで何度目だろうか。Stevie Salasも数多くの人気アーティストと携わっている。そんな日米屈指の実力者によるバンドがサマソニに降臨。音楽性はB’zと大差のないロックだがキーボードの主張が強く、それがまた印象的だった。
それにしても稲葉浩志の歌は完璧すぎる。口パクではないかと少し疑ってしまうぐらい。スタイルも凄く良いし、動きもアクティブ。これで50代とは。浜田麻里、Steven Tyler(AEROSMITH)、Bruce Dickinson(IRON MAIDEN)で老い知らずヴォーカリスト四天王と称したくなった。
-Setlist-
1. SAYONARA RIVER
2. 苦悩の果てのそれも答えのひとつ
3. 正面衝突
4. WABI SABI
5. OVERDRIVE
6. MARIE
7. AISHI AISARE


GRANRODEO
屋内のSONIC STAGE、サマソニ大阪のみ出演アーティスト。アニメ「進撃の巨人」や「うたの☆プリンスさまっ」などに出演している人気声優の谷山紀章とギタリストの飯塚昌明によるロックユニット。ここでの活動名はKISHOW、e-ZUKAと英語表記。
筆者、あまり予備知識がないまま彼らのライブを始めて観たがこれが衝撃だった。まさかこんなにもメタルだったとは。初心者としての印象はB’zを物凄くメタルにした感じ。サウンドが爆音。スマートではあるが物凄い破壊力。前の方で熱い声援を送っている女性ファン達はこんな物凄くラウドなライブでついていけるのだろうかと思ったりした。
MCは微笑ましいものネタ満載。自身が雨男と評判であることをネタにしていたり。青空の下でライブができると思いきや屋内ステージ出演かよ、と。この辺は国産のアイドル的人気を誇るアーティストらしい。しかし披露する音楽は・・・一応国産ロックらしくはあるが想像以上にメタル色が濃い。それどころか並みのメタルバンドよりもクオリティーの高いメタルをしている。意外なところにメタルの才能がある人物がいるもんだ。新しい発見ができて良かった。思いもよらぬ音楽との出会いがある。これがフェスティバルの醍醐味。今年もサマソニに来て良かった。
GRANRODEO、あと同じ声優メタルアーティストの喜多村英梨なんかは是非LOUD PARKに出るべきである。もし本当に出るとして、もしも「なんで声優なんかがラウパ出るの?場違いだろ」といった批判する者が現れたとしたら私は全力で擁護する。
-Setlist-
1. Pierrot Dancin
2. ナミダバナ
3. move on!イバラミチ
4. Can Do
5. No Place Like a stage
6. Rose hip Bullet
7. The Other self


REPORT PARTⅡ (BAND-MAID,ROYAL BLOOD,MAXIMUM THE HORMONE)


METAL JAPAN WEB COMIC「メタル生徒会長」

メタル生徒会長


M.J. ROCK JAM Official HP M.J. ROCK JAM Twitter

MJROCKJAM2018リフ香








Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play