I PREVAIL『Lifelines』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: I PREVAIL ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
2010年代後半は全くもってロック氷河期とも呼べる時代でパンクもメタルも中々ヒット作が生まれない。シーンを活性化させるほどの力のある新人バンドが中々現れず、ビルボードのロック系のチャートは昔のアルバムばかりが上位に並んでばかりという悲惨なことになっている。
そんな中、健闘してる数少ない新人がこのI PREVAILだ。2016年後半にデビューアルバム「Lifelines」をリリース。ビルボードの2017年上半期ハードロック・チャートでヴェテラン達に混じって20位をマーク。今の時代、ここまでの成果を出せる新人バンドは中々いない。貴重な存在だ。そんなI PREVAILの「Lifelines」のレビュー記事を執筆。

Lifelines  
I PREVAIL  
2016年10月21日発売

- TRACK LIST -
1. Scars
2. Stuck in Your Head
3. Lifelines
4. Come and Get It
5. Chaos
6. Alone
7. Outcast
8. RISE
9. Already Dead
10. Pull the Plug
11. One More Time
12. My Heart I Surrender
13. Worst Part of Me

~PERSONNEL~
Brian Burkheiser – clean vocals
Eric Vanlerberghe – unclean vocals
Steve Menoian – lead guitar
Dylan Bowman – rhythm guitar, backing vocals
Tony Camposeo – bass
Lee Runestad – drums

~CHARTS~
Australian Albums (ARIA)- 8
Canadian Albums (Billboard) - 17
New Zealand Heatseekers Albums (RMNZ) - 10
Scottish Albums (OCC) - 60
UK Albums (OCC) - 72
US Billboard 200 - 15
US Top Rock Albums (Billboard) - 5


~REVIEW~
ここしばらくアメリカはこういう系統のメタルコアがある程度の勢いを持っている。このI PREVAILもまたスクリームとドラマティックなクリーンのボーカルを使い分け、キレのいいヘヴィなサウンドを奏でるメタルコア、ポストハードコアに属するバンドだ。ここのところそういったバンドたちで誰が一番クオリティーの高いメロディーを奏でてるか、などといった合戦をやってる様な感じになっている。実際I PREVAILの今作のメロディーの質は高く、クオリティーの面は申し分ない。次回は他のメタルコアバンドにはない差別化を図ってみてほしく思う。少しばかりで良い。あんまり大胆にやるとファンに反感を買うだろうから。勿論それで凄いものが出来るのなら大歓迎だが。結果を出せる若者に大暴れしてほしい。


~VIDEOS~









Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play