STONE SOUR『Hydrograd』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: STONE SOUR ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
SLIPKNOTのCorey Taylorが素顔でやるもう一つのバンド、STONE SOURが6thアルバム『Hydrograd』をリリース!
本作は非常に盛んにプロモーションが行われ、日本でも徹底的に宣伝。発売する月の6月にプロモーション来日。スッキリ!!にも出演してアコースティックで1曲披露。そしてSTONE SOURは9月に来日公演を行うことも明らかとなっている。
又、この発売時期にCorey Taylorが先日レビューを書いたNICKELBACK、そのフロントマンのChad Kroegerと煽り合いになっており、STONE SOUR vs NICKELBACKみたいな感じになってることも話題に。(ただしCoreyはChad以外のNICKELBACKのメンバーとは友好的だという。)
そんな話題作で注目度の高いSTONE SOURの今作をレビュー。

Hydrograd ハイドログラッド 
STONE SOUR ストーン・サワー 
2017年6月30日発売

- TRACK LIST -
1. YSIF / YSIF
2. Taipei Person/Allah Tea / タイペイ・パーソン/アラー・ティー
3. Knievel Has Landed / ナイベル・ハズ・ランデッド
4. Hydrograd / ハイドログラッド
5. Song #3 / ソング #3
6. Fabuless / ファビュレス
7. The Witness Trees / ザ・ウィットネス・ツリーズ
8. Rose Red Violent Blue(This Song Is Dumb & So Am I) / ローズ・レッド・ヴァイオレント・ブルー(ディス・ソング・イズ・ダム・アンド・ソー・アム・アイ)
9. Thanks God It's Over / サンクス・ゴッド・イッツ・オーヴァー
10. St. Marie / セントマリー
11. Mercy / マーシー
12. Whiplash Pants / ウィップラッシュ・パンツ
13. Friday Knights / フライデー・ナイツ
14. Somebody Stole My Eyes / サムバディ・ストール・マイ・アイズ
15. When The Fever Broke / ホエン・ザ・フィーヴァー・ブローク
16. Burn One Turn One / バーン・ワン・ターン・ワン*日本盤ボーナストラック
17. Unchained / アンチェインド*日本盤ボーナストラック

~PERSONNEL~
Corey Taylor – lead vocals, rhythm guitar, keyboard
Josh Rand – rhythm guitar
Roy Mayorga – drums, percussion
Christian Martucci – lead guitar, backing vocals
Johny Chow – bass guitar, backing vocals

*Additional musicians
Pearl Aday – backing vocals on "St. Marie"
Joel Martin – pedal steel on "St. Marie"
Sergei Ponzirelli – special voice-over on "Taipei"
Dan Kaneyuki, Brian Mantz – orchestral musicians
Megan Milius, George Adrian, Alejandro Baima, Francesco Cameli, Johny Chow, Rem Massingill, Jason Christopher, Corey Taylor, Christian Martucci, Roy Mayorga, John Rand, Matthew "Stubs" Phillips – gang vocals on "The Hydro-Graduates"

~CHARTS~
Australian Albums (ARIA) - 2
Austrian Albums (Ö3 Austria) - 5
Belgian Albums (Ultratop Flanders) - 22
Belgian Albums (Ultratop Wallonia) - 27
Canadian Albums (Billboard) - 7
Czech Albums (ČNS IFPI) - 16
Dutch Albums (MegaCharts) - 40
Finnish Albums (Suomen virallinen lista) - 14
French Albums (SNEP) - 97
German Albums (Offizielle Top 100) - 4
Hungarian Albums (MAHASZ) - 17
Irish Albums (IRMA) - 42
Italian Albums (FIMI) - 87
New Zealand Albums (RMNZ) - 6
Scottish Albums (OCC) - 3
Spanish Albums (PROMUSICAE) - 69
Swedish Albums (Sverigetopplistan) - 34
Swiss Albums (Schweizer Hitparade) - 4
UK Albums (OCC) - 5
US Billboard 200 - 8
US Top Hard Rock Albums (Billboard) - 1
US Top Rock Albums (Billboard) - 1


~REVIEW~
Coreyと共にSLIPKNOTでも活動するSTONE SOURのもう一つの顔であったJim Root脱退後初のアルバムなわけだが、彼が抜けたことによる欠落感というものは特にない。大々的にPRするにふさわしい良作に仕上げてきてくれた。方向性も通常。ヘヴィでキャッチ―でアメリカンなアリーナ・ロック、すぐにSTONE SOURだとわかるものだ。心なしかより王道のロックになったも気もする。いつものことながらCoreyの渋さも甘さも重さも兼ね備えた歌唱力にまた感心。作曲能力に枯れも感じさせず。「Song #3」あたりがキラーチューンか。過去の代表曲に引けを取らぬ出来だ。これほどの作品を作れるのならSLIPKNOTの活動をしばらく停止されても不満はない。勿論しばらくしたら復活してほしいとは思うが、まずはこのアルバムを引っ提げてSTONE SOURが大暴れしてほしい。


~VIDEOS~




STONE SOUR Japan Tour 2017
VERY SPECIAL GUEST: MAN WITH A MISSION
9月4日(月)東京 Zepp DiverCity
9月5日(火)東京 Zepp DiverCity
9月7日(木)愛知 Zepp Nagoya
9月8日(金)大阪 Zepp Osaka Bayside


ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play