STONE SOUR『Hydrograd』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: STONE SOUR ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]
SLIPKNOTのCorey Taylorが素顔でやるもう一つのバンド、STONE SOURが6thアルバム『Hydrograd』をリリース!
本作は非常に盛んにプロモーションが行われ、日本でも徹底的に宣伝。発売する月の6月にプロモーション来日。スッキリ!!にも出演してアコースティックで1曲披露。そしてSTONE SOURは9月に来日公演を行うことも明らかとなっている。
又、この発売時期にCorey Taylorが先日レビューを書いたNICKELBACK、そのフロントマンのChad Kroegerと煽り合いになっており、STONE SOUR vs NICKELBACKみたいな感じになってることも話題に。(ただしCoreyはChad以外のNICKELBACKのメンバーとは友好的だという。)
そんな話題作で注目度の高いSTONE SOURの今作をレビュー。

Hydrograd ハイドログラッド 
STONE SOUR ストーン・サワー 
2017年6月30日発売

- TRACK LIST -
1. YSIF / YSIF
2. Taipei Person/Allah Tea / タイペイ・パーソン/アラー・ティー
3. Knievel Has Landed / ナイベル・ハズ・ランデッド
4. Hydrograd / ハイドログラッド
5. Song #3 / ソング #3
6. Fabuless / ファビュレス
7. The Witness Trees / ザ・ウィットネス・ツリーズ
8. Rose Red Violent Blue(This Song Is Dumb & So Am I) / ローズ・レッド・ヴァイオレント・ブルー(ディス・ソング・イズ・ダム・アンド・ソー・アム・アイ)
9. Thanks God It's Over / サンクス・ゴッド・イッツ・オーヴァー
10. St. Marie / セントマリー
11. Mercy / マーシー
12. Whiplash Pants / ウィップラッシュ・パンツ
13. Friday Knights / フライデー・ナイツ
14. Somebody Stole My Eyes / サムバディ・ストール・マイ・アイズ
15. When The Fever Broke / ホエン・ザ・フィーヴァー・ブローク
16. Burn One Turn One / バーン・ワン・ターン・ワン*日本盤ボーナストラック
17. Unchained / アンチェインド*日本盤ボーナストラック

~PERSONNEL~
Corey Taylor – lead vocals, rhythm guitar, keyboard
Josh Rand – rhythm guitar
Roy Mayorga – drums, percussion
Christian Martucci – lead guitar, backing vocals
Johny Chow – bass guitar, backing vocals

*Additional musicians
Pearl Aday – backing vocals on "St. Marie"
Joel Martin – pedal steel on "St. Marie"
Sergei Ponzirelli – special voice-over on "Taipei"
Dan Kaneyuki, Brian Mantz – orchestral musicians
Megan Milius, George Adrian, Alejandro Baima, Francesco Cameli, Johny Chow, Rem Massingill, Jason Christopher, Corey Taylor, Christian Martucci, Roy Mayorga, John Rand, Matthew "Stubs" Phillips – gang vocals on "The Hydro-Graduates"

~CHARTS~
Australian Albums (ARIA) - 2
Austrian Albums (Ö3 Austria) - 5
Belgian Albums (Ultratop Flanders) - 22
Belgian Albums (Ultratop Wallonia) - 27
Canadian Albums (Billboard) - 7
Czech Albums (ČNS IFPI) - 16
Dutch Albums (MegaCharts) - 40
Finnish Albums (Suomen virallinen lista) - 14
French Albums (SNEP) - 97
German Albums (Offizielle Top 100) - 4
Hungarian Albums (MAHASZ) - 17
Irish Albums (IRMA) - 42
Italian Albums (FIMI) - 87
New Zealand Albums (RMNZ) - 6
Scottish Albums (OCC) - 3
Spanish Albums (PROMUSICAE) - 69
Swedish Albums (Sverigetopplistan) - 34
Swiss Albums (Schweizer Hitparade) - 4
UK Albums (OCC) - 5
US Billboard 200 - 8
US Top Hard Rock Albums (Billboard) - 1
US Top Rock Albums (Billboard) - 1


~REVIEW~
Coreyと共にSLIPKNOTでも活動するSTONE SOURのもう一つの顔であったJim Root脱退後初のアルバムなわけだが、彼が抜けたことによる欠落感というものは特にない。大々的にPRするにふさわしい良作に仕上げてきてくれた。方向性も通常。ヘヴィでキャッチ―でアメリカンなアリーナ・ロック、すぐにSTONE SOURだとわかるものだ。心なしかより王道のロックになったも気もする。いつものことながらCoreyの渋さも甘さも重さも兼ね備えた歌唱力にまた感心。作曲能力に枯れも感じさせず。「Song #3」あたりがキラーチューンか。過去の代表曲に引けを取らぬ出来だ。これほどの作品を作れるのならSLIPKNOTの活動をしばらく停止されても不満はない。勿論しばらくしたら復活してほしいとは思うが、まずはこのアルバムを引っ提げてSTONE SOURが大暴れしてほしい。


~VIDEOS~




STONE SOUR Japan Tour 2017
VERY SPECIAL GUEST: MAN WITH A MISSION
9月4日(月)東京 Zepp DiverCity
9月5日(火)東京 Zepp DiverCity
9月7日(木)愛知 Zepp Nagoya
9月8日(金)大阪 Zepp Osaka Bayside










M.J. ROCK JAM 出演者募集中!

「メタル生徒会長」単行本 第1巻 好評発売中!

DENMETA
Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play