NICKELBACK『Feed the Machine』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: NICKELBACK ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
アルバム・セールスが全世界5000万枚以上を記録、音楽史上11番目の最多セールスを誇る21世紀最強モンスター・ロック・バンドと称されしNICKELBACKが2017年6月、9thアルバム『Feed the Machine』をリリース!大物バンドの新作発売に世界中が大いに賑わった。そんな本作をレビュー。


 フィード・ザ・マシーン 
NICKELBACK ニッケルバック 
2017年6月16日発売

- TRACK LIST -
1. Feed the Machine / フィード・ザ・マシーン
2. Coin for the Ferryman / コイン・フォー・ザ・フェリーマン
3. Song on Fire / ソング・オン・ファイアー
4. Must Be Nice / マスト・ビー・ナイス
5. After the Rain / アフター・ザ・レイン
6. For the River / フォー・ザ・リヴァー
7. Home / ホーム
8. The Betrayal(Act III) / ザ・ビトレイヤル(アクト III)
9. Silent Majority / サイレント・マジョリティー
10. Every Time We're Together / エヴリ・タイム・ウィア・トゥゲザー
11. The Betrayal(Act I) / ザ・ビトレイヤル(アクト I)

3. Song on Fireはtvk『ビルボードTOP40』7月度エンディングテーマ曲に使用された。

~PERSONNEL~
Chad Kroeger – lead vocals, guitar
Ryan Peake – guitar, keyboards, backing vocals
Mike Kroeger – bass guitar
Daniel Adair – drums, backing vocals

Other musicians
Nuno Bettencourt – guitar solo on 'For the River'

~CHARTS~
Australian Albums (ARIA) - 3
Austrian Albums (Ö3 Austria) - 4
Belgian Albums (Ultratop Flanders) - 16
Belgian Albums (Ultratop Wallonia) - 43
Canadian Albums (Billboard) - 2
Czech Albums (ČNS IFPI) - 7
Danish Albums (Hitlisten) - 21
Dutch Albums (MegaCharts) - 16
Finnish Albums (Suomen virallinen lista) - 18
French Albums (SNEP) - 85
German Albums (Offizielle Top 100) - 6
Hungarian Albums (MAHASZ) - 25
Irish Albums (IRMA) - 57
Italian Albums (FIMI) - 12
New Zealand Albums (RMNZ) - 4
Norwegian Albums (VG-lista) - 10
Polish Albums (ZPAV) - 18
Scottish Albums (OCC) - 3
Spanish Albums (PROMUSICAE) - 32
Swedish Albums (Sverigetopplistan) - 6
Swiss Albums (Schweizer Hitparade) - 2
UK Albums (OCC) - 3
UK Rock & Metal Albums (OCC) - 2
US Billboard 200 - 5
US Independent Albums (Billboard) - 2
US Top Alternative Albums (Billboard) - 2
US Top Hard Rock Albums (Billboard) - 1
US Top Rock Albums (Billboard) - 2



~REVIEW~
かれこれもう9作目だが、やはりブレることもなく普通にアルバムを作ってきた。ヘヴィでラウドで破壊力あるサウンドでありながらあらゆるタイプの人を引き込めるとっつきやすい21世紀型ヘヴィ・アリーナ・ロック。相変わらず美しさもしっかり兼ね備えている。音楽性が変わらないのだから気にすべきはクオリティーのみ。そのクオリティーもまた相変わらず。流石にメガヒットを記録していた2000年代の頃のような革命的なメロディーはないが充実感はバッチリ。これで一昔前まであった洋楽ロック人気がまた再燃するきっかけの一つとなってほしい。同時期に新譜リリースでにぎわせたSTONE SOURなどと共に力を合わせればきっとできるはず(両バンドの関係はアレですが)。


~VIDEOS~









Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play