SCREAM OUT FEST 2017 LIVE REPORT in JUNE 4th

[Category:Live/Event Report・Artist: HER NAME IN BLOOD / NOCTURNAL BLOODLUST / BORN OF OSIRIS ・Writer:もりき(ライター)]



iTunes Music Store
今回のライブレポートはゲストライター、TOMOさんに提供頂きました!狂喜乱舞のSCREAM OUT FEST 2017、その熱気を熱く書いてもらいます!


はじめまして。今回、初めてMETAL JAPANにてライブのレポートを書かせて頂きます、TOMOと申します。簡単に自己紹介させていただきます。

メタルと映画が好きな野郎です。好きなバンドはMETALLICA、SLIPKNOT、PANTERA、SLAYER、ARCH ENEMY、IN FLAMES、HATEBREEDなどです。どうかよろしくお願いします。

日本の音楽レーベルであるTRIPLE VISION主催のフェス、SCREAM OUT FESTが今年も開催された。今まではスクリーモ系のバンドをメインに行われていたそうだが、今回のラインナップはメタルコア、デスコア祭りとなる凶悪なラインナップが揃えられ、モッシャーの血が騒ぐようなイベントになるだろうと思い、初参戦して参りました。

川崎駅に到着後、お洒落な街のせいかリア充とかファミリーとかが沢山いる中、黒かったり、黒ではないが髑髏とか血の気の多そうなデザインのTシャツを着た危険な連中がいて当然浮くwwww

それだけではなく、川崎駅は実に選別の地となっており、改札を出て左側にリア充やファミリーたちの聖地、ラゾーナがあったり、右側にもチッタ街という感じでパリのおしゃれな光景を思わせる商業施設がある。
そこにもリア充とファミリーといった人種がおり、チッタ街に会場となるCLUB CITTA'がある。

メタラーやキッズ、バンギャといったこの世でクズとしてしか扱われないような奴らがCLUB CITTA'という名の「収容所」に送られるwwwww

ここはもう人種の選別の街としか思えないのである。また、この日は関東圏内で様々なライブが行われており、代々木ではアメリカの人気歌手のBritney Spearsが、新木場では日本の人気ロックバンド、MAN WITH A MISSIONのライブが行われており、関東圏内での大選別が行われていた。

各地でリア充やカップル、ロキノン勢といった人種が選別されている中、メタラー、キッズ、バンギャといったカス人種は川崎のCLUB CITTA'に選別を喰らう事になったw


この日、会場の前ではこんなイベントが開かれていましたwwww

タイトル

これいかんだろwwwwwww


多くのファミリーの賑わう日曜日の昼間っからお隣のCLUB CITTA'でメタルのイベントとか絶対ファミリーはドン引きだろうなwwww

子供は来ちゃダメwwwwwwww

前置き凄く長かったがライブ本編の話に移らせて頂きます。

・PALEDUSK(Opening Act)
 福岡出身のバンドらしいです。今年2月に行われたPERIPHERYの来日公演の前座を務めたそう。いいバンドだと聞いていたので見てみたかったのですが、物販並んでいたので見れませんでした。見た知り合いいわく結構よかったとのこと。

・VICTIM OF DECEPTION
 メインアクト1発目は日本のデスコアバンド、VICTIM OF DECEPTION。前から格好いいとか色々噂は聞いていましたが、マジでこのバンド格好いいです。4月のWHITECHAPELの来日の大阪公演にてオープニングアクトを務めたりしたバンドでもある。メインアクト1発目として見事にブチかましていました。ピットも結構いい感じにできていてフロアを温めていたと思います。

・FOAD
 横浜出身のメタルコアバンド。去年のSCREAM OUT FESTにてオープニングアクト枠で出演したバンドだそうだが、今年はメインアクトとしての出演に昇格したそう。VOD以上にピットが盛り上がっていました。スクリーモ的な要素もあったりしたね。このイベントにメインアクトとして出られたことをすごく嬉しそうに語るボーカルの姿が印象的だった。

・HER NAME IN BLOOD
 日本の超人気メタルコアバンドであるHER NAME IN BLOOD。このイベントの常連バンドと言ってもいいくらい毎年のように出演している。去年ドラマーが薬物がらみの不祥事を起こし逮捕され、バンド全体が活動自粛を発表し今年は出られるのかな?なんて思われてもいたが4月頃より新しいドラマーを迎え復活し、復帰後早々WHITECHAPELの前座を務めたり先月行われたMEGADETHとANTHRAXの来日公演の前座を東京と大阪で務めたりと色々ぶちかましている中、SOFのステージにも無事出演!!!!!活動自粛前にも日本のOZZFEST、KNOTFESTに出演、さらにはアメリカ本国のKNOTFESTに出演、ドラマーの逮捕直前まで他のバンドに同行する形ではあるが、1ヶ月近いヨーロッパツアーを敢行するなど沢山の実績を作り上げてきた日本のメタルの未来ともいうべき奴らだ!!!!!!
ここ最近のHNIBはメロディ性も強くなってきており、どこかKILLSWITCH ENGAGEを彷彿とさせる部分があったりして何度見ても楽しませてくれるバンドである。モッシュピットもHNIBあたりからだんだん凶悪化しておりましたwwwwww復帰おめでとう!!!!これからの活躍にマジで期待!!!!!!!

・SYLAR
 アメリカ、ニューヨーク出身のメタルコアバンド。シラーと読むのかと思いきやサイラーと読むみたいです。このイベントで初来日。メタルコアなんだけどヒップホップやDJの要素を取り入れるなど、ストリート感が強いバンドで血の気の多いバンドが多い中、どこかお洒落な雰囲気すらだしていたようにも感じる。バンドのロゴもメタルコアにあるような字体ではなく、やっぱりストリート感があったりどこかお洒落な雰囲気出していたりするちょっと変わった感じのバンドだなと思ったけどライブが本当に巧い。ノーマークだったけどこれはこれで面白かった。途中CRYSTAL LAKEのボーカルがゲスト参加して歌い、その部分はこのバンドのライブで1番盛り上がったのではないだろうか。でも1つだけこのバンドに関してスゲー気になることがある。。。バンド名がどうもSLAYERと被って見えてしまうのは俺だけだろうかwwwwww

・NOCTURNAL BLOODLUST
 去年もSOFに出演し、フロアを狂気に叩き込み、その日のベストアクトとの呼び声も多かったビジュアル系のメタルコアバンド、NOCTURNAL BLOODLUST。去年LOUD PARKにオープニングアクト枠で出演、メタル界の強豪ぞろいのEXSTREME STAGEをオープニングアクトとは思えないくらいの狂気に陥れるモッシュピットを作り出した奴ら。ジャンル的にはビジュアル系なんだけど、音楽性は腕をぶん回したり蹴りを入れたくなるようなゴリゴリの暴力性の強いメタルコアサウンドは実にヤバい!実際SOFに出演した日本人バンドの中で1番凶悪なピットを作り上げたのではないだろうか。音楽性的にどこかこの日トリを務めたBORN OF OSIRISっぽさも感じられた。
それにしてもボーカルの尋さんの筋肉マジ凄すぎwwwwwww北斗の拳のケンシロウみたいな筋肉でしたwwww

・CELSEA GRIN
 NOCTURNAL BLOODLUST終了後、フロアには女の子が減りガチムチなタフガイどもが沢山出現。そう、CHELSEA GRINというアメリカのデスコアバンドがこのイベントにて初来日、暴れたい奴らがフロアに押し掛けたわけです。このバンド、本当にライブが巧い!!!!俺は今までデスコアはJOB FOR A COWBOYしかライブを見た事が無かったのだが、このバンドもなかなかの猛者である。今SUICIDE SILENCEやWHITECHAPELといったUSデスコア勢がだんだん日本でも人気出てきていることもあり、奴らのSOF出演は本当にありがたい物であった。盛り上がりが本当にすごかったからLOUD PARKにも是非出てさいたまスーパーアリーナを狂気に染め上げてくれたら嬉しい。

・BORN OF OSIRIS
 この日の大トリ。ぶっちゃけいうと、俺はこのバンドがスゲー見たくてこのイベントに参加しました。いやー、このバンドマジ凄いっすよ!!!!音楽性的にはメタルコアでシンフォニックな要素を取り入れていたりどこかプログレッシブな面を持っていたりするんだけど、プログレ嫌いな俺でもスゲー楽しめたし、モッシュピットの盛り上がりもさすがトリ!って感じで奴らがこの日の分全部持っていきやがりましたw楽曲のクオリティ高いなと思ってはいましたが、ライブは更にその上をいってる感じで素晴らしく、本当に凄くまた観たいなと思っています。

Setlist
1.Rosecrance
2.Empires Erased
3.Open Arms to Damnation
4.Abstract Art
5.The New Reign
6.Brace Legs
7.Bow Down
8.The Takeover
9.Glorious Day
10.Follow the Signs
11.Machine
12.The Sleeping and the Dead
13.Throw Me in the Jungle
14.Goddess of the Dawn

 
本イベントを振り返り、感じたことはメタルには未来があるという事を強く感じた。このイベントに出るバンドは若いバンドだが、若いバンドがこうして盛り上がり、若い奴らが暴れにきていたり、スクリーモやV系のファンにもこうしてメタルに触れるチャンスを与えたりしている!

そういったファンの方々もメタルをしっかり楽しんでいる所を見ると、まだまだメタルは努力次第でもっと盛り上がるなと感じ、メタル全体の将来が楽しみになった!

 なんかあまりうまく文章書けてないですが、長いレポを読んでいただきありがとうございました!



素晴らしいレポートでしたね!次回は私、もりきがANAAL NATHRAKH東京公演に参戦!

「良かったのかい?ホイホイANAAL NATHRAKHのライブに来ちまって。」「いいんです。僕、ANAAL NATHRAKHみたいなバンド、大好きですから・・・。」アッーと熱いレポート、お楽しみに!w









Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play